Formula 1 とは

Formula 1(フォーミュラ・ワン)は四輪レースの世界最高峰に位置するカテゴリーで一般的にF1と呼ばれます。F1は1950年にイギリスのシルバーストーンサーキットで初めて開催された歴史の長い四輪レースです。F1マシンはレース専用のタイヤが剥き出し(オープンホイール)のフォーミュラカーで、レースは世界各国で開催され、2018年シーズンは全21戦で行われます。

 

F1マシン

F1マシンは参戦するチーム(コンストラクター)がテクニカルレギュレーションに則って独自に制作されたマシンによって争われます。一見同じに見えるF1マシンですがチーム毎に全く異なるマシンとなっています。

F1マシンが速く走行できる理由は非常に高い空力性能によって、ダウンフォースと呼ばれるマシンを下方向に押し付ける力を発生させ高いスピードのままコーナリングすることができるためです。ストレートエンドでのトップスピードは他カテゴリーに比べて大差はありませんが、F1マシンの強いダウンフォースによってコーナリングスピードは他カテゴリーよりも突出しています。

シャーシは軽量で強固なカーボンファイバー(CFRP)製のモノコックが採用され、安全性を確保するためにFIAのクラッシュテストに合格する必要があります。

トランスミッションは8速+リバース1速とレギュレーションで規定されており、オートマチックトランスミッションやCVTは禁止されています。ステアリングにあるパドルシフトでシフトアップ、シフトダウンを行うため、クラッチ操作は不要となっています。

ブレーキはカーボンファイバー製のディスクブレーキが採用されています。非常に高いブレーキ性能を発揮するために高い技術力が要求されるため、ブレーキパッドやブレーキディスクはブレンボ社、ヒトコ社、カーボンインダストリー社といった限られたメーカーのみが提供を行っています。

 

パワーユニット

2014年から使用されている現在のF1のパワーユニットは1.6リッターV6ターボエンジンにERS(Energy Recovery System)と呼ばれるハイブリッドシステムが組み合わされたもので、メルセデスベンツ、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社から供給されています。


ERSはMGU-KとMGU-Hから構成されており、MGU-Kはブレーキング時の減速エネルギーを電気エネルギーに変換し、MGU-Hはエンジンの排気熱を電気エネルギーに変換します。MGUはMotor Generator Unitの略でKはKinetic(動的)、HはHeat(熱)を意味します。

MGU-Kの回生量は1周あたり2MJに制限されていますが、MGU-Hの回生量に制限はありません。

変換された電気エネルギーはバッテリーなどのES(Energy Store)に蓄えられ、加速時にMGU-Kのモーターによって発生する駆動力がエンジンの出力をアシストします。MGU-Kの最大出力は120kW(約161馬力)でESからMGU-Kへの放出量は1周あたり4MJに制限されています。

またMGU-Hによるアシスト量に制限はありません。ただし、MGU-Hはコンプレッサーとタービンに直結しなければならず、直接駆動力を発生させることができないため、MGU-Hによってコンプレッサーを強制的に回しターボラグの改善に役立てます。

エンジン(ICE)とMGU-Kの合計によるパワーユニットの最大出力は900馬力以上と言われています。2014年から1レースで使用できる燃料の量が100kgに制限され、また、瞬間的な燃料流量も100kg/hに制限されているため、レースをコンスタントに速く走行するためには、低燃費で高出力なパワーユニットである必要があります。

パワーユニットは以下の6ユニットから構成されており、2018年シーズンでは1年間でそれぞれ3基ずつ使用することができます。4基目を使用すると10グリッド降格のペナルティとなるため、レースで勝つことを考えるとパワーユニットの信頼性が非常に重要となります。

  • ICE (エンジン)
  • MGU-K (運動エネルギー回収システム)
  • MGU-H (熱エネルギー回収システム)
  • ES (エナジーストア)
  • TC (ターボチャージャー)
  • CE (コントロールユニット)

 

DRS (Drag Reduction System)

現在のF1ではコース上でのオーバーテイク(追い越し)を増加させるためにDRSと呼ばれる独自のシステムが導入されています。DRSはサーキット毎に決められているDRS Detectionポイントで前方を走行するマシンとの差が1秒以内となったとき、ストレートなどに設定されているDRSゾーンでDRSを発動させることができます。DRSが発動するとリアウイングのエレメントが動き、空気抵抗が減少することで最高速度を10〜20km/h程度増加させることができオーバーテイクを容易にします。F1以外のカテゴリーではFIA F2やDTMでもDRSの導入が行われています。


出典:www.formula1.com

 

2018年F1開催スケジュール

ラウンド 日程 グランプリ レース結果
第1戦 3月25日 オーストラリアGP リザルト
第2戦 4月8日 バーレーンGP リザルト
第3戦 4月15日 中国GP  リザルト
第4戦 4月29日 アゼルバイジャンGP  
第5戦 5月13日 スペインGP  
第6戦 5月27日 モナコGP  
第7戦 6月10日 カナダGP  
第8戦 6月24日 フランスGP  
第9戦 7月1日 オーストリアGP  
第10戦 7月8日 イギリスGP  
第11戦 7月22日 ドイツGP  
第12戦 7月29日 ハンガリーGP  
第13戦 8月26日 ベルギーGP  
第14戦 9月2日 イタリアGP  
第15戦 9月16日 シンガポールGP  
第16戦 9月30日 ロシアGP  
第17戦 10月7日 日本GP  
第18戦 10月28日 アメリカGP  
第19戦 10月28日 メキシコGP  
第20戦 11月11日 ブラジルGP  
第21戦 11月25日 アブダビGP  

 

F1と日本との関係

日本人F1ドライバー

1987年に中嶋悟が日本人初のF1フル参戦ドライバーとなってから、鈴木亜久里、片山右京、井上隆智穂、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨、山本左近、中嶋一貴、小林可夢偉といったフル参戦ドライバーをはじめ、スポット参戦も含めると数多くのF1ドライバーを排出しました。

日本企業

F1と日本との関係は深く、1964年にホンダが国内の自動車メーカーとして初めてF1に参戦しました。1965年にはF1初勝利を挙げ、第2期となる活動ではホンダエンジンの圧倒的なパワーとアイルトン・セナやアラン・プロストといったドライバーらの活躍によって、日本ではF1ブームが起きました。

1997年にはタイヤメーカーのブリヂストンがF1へタイヤ供給を行ったり、2002年にはトヨタもF1へ参戦し、2015年からはホンダが第4期の活動を開始するなど、常に日本の企業はF1と深い関係を築いてきました。

日本でのF1開催

日本では1976年に富士スピードウェイにて『F1世界選手権イン・ジャパン』が初めて開催され、翌年も富士スピードウェイにて開催されましたが1978年から1986年の間は空白の期間となります。しかしながら、1987年に鈴鹿サーキットで初めてF1が開催されてから現在まで日本でのF1開催は絶えることなく毎年開催され、F1日本グランプリはF1開催地の中でも歴史あるグランプリとなっています。

 

2018年 F1規則変更内容

頭部保護システムハロー(HALO)を導入

2018年シーズンより、頭部保護システムとしてハロー(HALO)が正式に導入されます。フォーミュラカーはドライバーの頭部が剥き出しになっていることから、安全面で課題となってきました。

2009年のF1ハンガリーGPの公式予選では前走車よって巻き上げられたパーツがフェリペマッサ選手の頭部に直撃し走行中に意識を失いタイヤバリアにクラッシュするという事故が発生しました。インディカーシリーズでは2015年ポコノでの決勝レース中にクラッシュしたマシンの飛散したパーツが頭部に直撃したジャスティンウィルソン選手が死亡するという痛ましい事故も発生しています。

F1ではこのような事故の発生を防ぐために合同テストや金曜日のフリー走行を活用して、ハロー(HALO)の他、シールド(ポリカーボネート製のキャノピー)がテストされてきましたが、最終的にハロー(HALO)の導入が決定しました。


出典:www.formula1.com

 

パワーユニットの年間使用基数が3基に

2017年はパワーユニットの使用基数は年間4基に制限されていましたが、2018年シーズンでは年間3基に変更されます。具体的にはICE(エンジン)、MGU-K(運動エネルギー回収システム)、MGU-H (熱エネルギー回収システム)、ES(エナジーストア)、TC(ターボチャージャー)、CE(コントロールユニット)の6つのエレメントのうち、ICE、MGU-H、TCは年間3基、MGU-K、ES、CEは年間2基に制限されます。

パワーユニットのいずれかの構成要素を規定数を超えて使用するとき、10グリッド降格のペナルティとなり、同時に残りの構成要素を規定数を超えて使用するとき、構成要素1基毎に5グリッド降格のペナルティとなります。

2018年から15グリッドを超えるグリッド降格のペナルティを受ける場合は最後尾スタートとなります。複数のドライバーが最後尾スタートとなる場合は、ペナルティが発生した順から最後尾に着くことになります。

 

セーフティカースタート後の再スタートはスタンディングスタートに

レースがセーフティカースタートで開始された時、セーフティカー解除時は、隊列を先導していたセーフティカーがピットインし、ローリングスタートのように走行したままレース再スタートとなっていましたが、セーフティカー解除時の再スタートは基本的にスタンディングスタートとなります。

セーフティカー解除時の再スタート方法がスタディングスタートと決定されると、コース各所に設置されているFIA灯火パネル(デジタルフラッグ)が『SS』と表示されます。同時にチームにはタイミングモニター等を通してスタンディングスタートで再開される旨が通知されます。SSはStanding Start (スタンディングスタート)の意味です。

ドライバーはそのままの順位でグリッドに静止し、通常のレーススタートのようにスタンディングスタートが行われ、レースが再開されます。

レースコントロールがスタンディングスタートでのレーススタートが危険と判断した場合は、FIA灯火パネルには『RS』(Rolling Start)と表示され、これまで同様にローリングスタートで再開されます。

 

2017年 F1規則変更内容

セーフティカースタート後の再スタートはスタンディングスタートに

レースが悪天候などを理由にセーフティカースタートとなった場合、2016年のF1規則ではセーフティカーが解除され、セーフティカーがピットインし全てのオブザベーションポストで緑旗が振られレースが再開されていましたが、2017年からはセーフティカーがピットインした後、全車グリッドに停止し、シグナルの合図によってスタンディングスタートを行いレースが再開されるようになります。

観客にとってはレーススタートを見る機会が増え、スタート直後の接戦が再度行われることからエンターテイメント性の向上が期待されています。

 

ヘルメットデザイン変更を1回だけ許可

2016年の規則ではシーズン中のドライバーのヘルメットデザインを変更することが認められていませんでしたが、2017年は1回だけヘルメットデザインの変更が認められます。

ホームレースなどの特別なレースのためにヘルメットデザインを変更できることになり、またシーズン中にチームを移籍した場合においてもデザイン変更が認められます。

 

パワーユニットの使用数は年間4基まで

2016年はシーズン中のパワーユニット使用数はドライバー1人につき5基に制限されていましたが、2017年は4基に制限されます。代わりにトークン制によるパワーユニットの開発制限については撤廃され、開発は自由に行えるようになります。

 

パワーユニットのエレメント大量交換によるペナルティ回避の禁止

パワーユニットを構成する6つのエレメントの内、規定数(年間4基分)を超えて使用する場合、グリッド降格のペナルティが科されます。2016年シーズンまでは1レースイベント内でパワーユニットの複数基交換を行い、1レースで大量ペナルティを受けることで次のレース以降でのペナルティを回避することができましたが、2017年からはペナルティが科されるのは最後に交換したエレメント分のみとなります。

2016年ベルギーGPではフェルナンドアロンソが複数基分のエレメントを同時に交換し、60グリッド降格のペナルティが科されましたが、2017年からは次のレースでペナルティを受けずに済むのは1基分となります。ペナルティを受けることなくパワーユニットのエレメントのスペアを確保するのを防ぐのが目的でこの規則が導入されました。

 

※2017年のF1はマシンについての規則を規定したテクニカルレギュレーションに大きな変更がありますが、本サイトはスポーティングレギュレーションの変更点についてのみ説明します。

F1のスポーティングレギュレーション、テクニカルレギュレーションの原文(仏語/英語)はFIA公式ウェブサイトに掲載されています。

 

F1エントリーリスト

F1レギュレーションでは1チームにつき2台の車両を出場させる必要があり、最大26台までのエントリーが認められています。

2018年シーズンは10チーム、20台の車両が参戦しています。

 

2018年 F1エントリーリスト

チーム パワーユニット ドライバー
メルセデスAMG ペトロナス モータースポーツ メルセデス ルイス ハミルトン
バルテリ ボッタス
フェラーリ  フェラーリ セバスチャン ベッテル
キミ ライコネン
アストンマーチン レッドブル レーシング タグ・ホイヤー ダニエル リカルド
マックス フェルスタッペン
サハラ フォース インディア F1チーム  メルセデス セルジオ ペレス
エステバン オコン
ウイリアムズ マルティニ レーシング  メルセデス ランス ストロール
セルゲイ シロトキン
レッドブル トロ ロッソ ホンダ ホンダ ピエール ガスリー
ブレンドン ハートレー
ハース F1チーム フェラーリ ロマン グロージャン
ケビン マグヌッセン
ルノー スポール フォーミュラ ワン チーム   ルノー  ニコ ヒュルケンベルグ
カルロス サインツ
マクラーレン F1 チーム  ルノー   フェルナンド アロンソ 
ストフェル バンドーン 
アルファロメオ ザウバー F1チーム フェラーリ マーカス エリクソン
シャルル ルクレール

 

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 8) 競技参加申請

 

レース距離

F1のレース距離は305kmを超える最小周回数と規定されています。例外としてモナコに関しては平均速度が低いことから260kmを超える最小周回数となっています。

レース距離は周回数で規定されていますが、F1においては規定周回数を完了していなくても、スタートから2時間経過した時点の周回がファイナルラップ(最終周)となります。

赤旗でレースが中断となった場合、中断時間は上記の2時間に含まれませんが、スタートから4時間が経過した時点でレースは終了となります。

セーフティカー先導でのレーススタートとなった場合、レース周回数からセーフティカー先導で周回したラップ数が減算されます。

レースを完走できなかったり、周回遅れになったとしても優勝車両の周回数の90%(端数切捨)以上を完了していれば完走扱いとなります。

 

2018年 F1 レース距離

グランプリ レース距離
第1戦 オーストラリアGP 5.303km × 58周 = 307.574km
第2戦 バーレーンGP 5.412km × 57周 = 308.238km 
第3戦 中国GP 5.451km × 56周 = 305.066km
第4戦 アゼルバイジャンGP  6.003km × 51周 = 306.049km
第5戦 スペインGP 4.655km × 66周 = 307.104km
第6戦 モナコGP 3.337km × 78周 = 260.286km 
第7戦 カナダGP 4.361km × 70周 = 305.270km 
第8戦 フランスGP 5.861km × ?周 =?km
第9戦 オーストリアGP 4.318km × 71周 = 306.452km
第10戦 イギリスGP 5.891km × 52周 = 306.198km 
第11戦 ドイツGP 4.574km × 67周 = 306.458km
第12戦 ハンガリーGP 4.381km × 70周 = 306.630km
第13戦 ベルギーGP  7.004km × 44周 = 308.052km
第14戦 イタリアGP  5.793km × 53周 = 306.720km
第15戦 シンガポールGP 5.065km × 61周 = 308.828km
第16戦 ロシアGP 5.848km ×53周 = 309.745km
第17戦 日本GP 5.807km × 53周 = 307.471km
第18戦 アメリカGP 5.513km × 56周 = 308.405km
第19戦 メキシコGP 4.304km × 71周 = 305.354km
第20戦 ブラジルGP 4.309km × 71周 = 305.909km
第21戦 アブダビGP 5.554km × 55周 = 305.355km

 

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 5) 選手権競技会

 

1 / 41234