2024年 SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキット 開催概要

 

2024年 ポールポジションを決定するF1の『公式予選』

2024年

 

F1の公式予選はQ1、Q2、Q3の3つのセッションから構成されています。出走台数が20台の場合、Q1で16〜20位、Q2で11〜15位、Q3で1〜10位が決定します。

現在のF1で採用されている公式予選の方式は2006年にスタートし、『ノックアウト方式』と呼ばれています。国内で開催されているSUPER GTやスーパーフォーミュラでも採用されています。

モータースポーツではレーシングカーが走行を重ねるたびに路面に『ラバー』と呼ばれる溶けたタイヤのゴムが付着することで路面のグリップ力が増加します。

F1でも同様で、路面にラバーが最も付着した状態の方が良いタイムを記録することができるため、各走行セッションの終盤でタイムアタック合戦が行われます。

 

スプリントの開催がない場合

公式予選は土曜日の午後に開催

スプリントの開催がない場合、F1の公式予選は土曜日の午後に開催されます。

午前中に行われるフリー走行3回目の終了時刻から公式予選が開始されるまで2時間から3時間のインターバルを空けなければならなことになっています。

公式予選の結果に応じて、決勝のスターティンググリッドを決定します。

 

スプリントの開催がある場合

公式予選は土曜日の午後に開催

2023年シーズンにおいては、スプリントの開催がある場合は公式予選は金曜日の午後に行われましたが、2024年シーズンではスプリントの開催がある場合でも公式予選は土曜日の午後に行われることに変更となりました。

スプリントは公式予選の前に行われ、スプリントの終了から公式予選が開始されるまで、3時間から4時間のインターバルを空けなければならないことになっています。

 

スプリント予選は金曜日の午後に開催

2023年シーズンでは、スプリントのグリッドを決めるセッションは『スプリント・シュートアウト』と呼ばれていましたが、2024年シーズンでは『スプリント予選』に改められます。

スプリント予選は金曜日のフリー走行(P1)の後に行われ、フリー走行の終了時刻からスプリント予選が開始されるまで、2時間30分から3時間30分のインターバルを空けなければならないことになっています。

 

 

ワンデー開催

悪天候のため、土曜日の午後に公式予選を開催できないことが稀にあります。

そのような場合は、スケジュールの変更が協議され決定しますが、公式予選が日曜日の午前中に開催され、1日で公式予選と決勝が行われる『ワンデー開催』となる場合があります。

 

2019年 F1 第17戦 日本グランプリ

2019年に鈴鹿サーキットで開催された日本グランプリでは台風の接近のため、土曜日の開催がすべてキャンセルとなりました。そのため、公式予選は日曜日の午前中に開催されました。

F1日本グランプリでは2004年にも台風接近のため、土曜日の開催がキャンセルとなり、日曜日の1日で公式予選と決勝を行うワンデー開催となりました。

 

 

公式予選の実施フロー

 

 

公式予選 Q1 (18分間)

Q1の走行時間は18分間で行われます。Q1ではすべてのドライバーが各自のタイミングでコースインし、タイム計測を行います。

Q1では下位5位のドライバーの順位(16位~20位)が決定します。上位15位のドライバーはQ2へ進出し、Q1で記録したタイムは消去されます。

Q1では最大で20台の車両が同時に走行を行います。そのため、タイムアタックをしていない車両にはブルーフラッグが振られ、後続の車両に進路を譲らなければならないことになっています。しかし、タイムアタック中の車両を妨害する『トラフィック』と呼ばれる走行妨害が問題になることがあります。

 

 

インターバル (7分間)

Q1の走行終了時間から7分間のインターバルが設定されています。その後、Q2が行われます。

 

 

公式予選 Q2 (15分間)

Q2の走行時間は15分間で行われます。Q1の上位15位のドライバーがタイム計測を行います。

Q2では下位5位のドライバーの順位(11位~15位)が決定します。上位10位のドライバーはQ3へ進出し、Q2で記録したタイムは消去されます。

 

 

インターバル (8分間)

Q2の走行終了時間から8分間のインターバルが設定されています。その後、Q3が行われます。

 

 

公式予選 Q3 (12分間)

Q3の走行時間は12分間で行われます。Q2の上位10位のドライバーがタイム計測を行い、1〜10位が決定します。

Q3でトップのドライバーは『ポールポジション』として讃えられ、レースは先頭からスタートすることができます。

Q3ではQ3専用に供給されるソフトタイヤ1セットを使用しなければなりません。

 

 

Q2、Q3でタイムが記録できなかった場合

Q2、Q3でタイムを記録できなかったドライバーが複数名いた場合、以下のように順位が決定されます。

 

  1. フライングラップを開始して、予選タイムを記録しようとしたドライバー
  2. フライングラップを開始できなかったドライバー
  3. 当該セッション中にピットを離れることができなかったドライバー

 

ちなみに、フライングラップとは予選を争うタイムを記録するためのタイムアタックを行う周回のことです。

 

 

コース上でストップしてしまった場合

F1では公式予選中にコース上でストップしてしまった車両は以降のセッションへの出走が認められないことがレギュレーションで定められています。

たとえば、Q1でスピンしてしまいグラベルにはまって動けなくなった場合、それまでに記録したタイムによってQ2への進出が決定したとしても、以降のセッションへの出走は認められません。そのため、Q2でタイムを記録することができないため、順位はQ2の最後尾となります。

 

 

予選順位が記録されない場合

以下のような場合、公式予選における順位が認定されません。

 

  • Q1で敗退したドライバーが記録したベストタイムが、そのセッション内で記録された最速タイムの107%以上であった場合。ただし、レースディレクターがウェット宣言をした場合を除きます。
  • すべてのラップタイムが削除されタイムを記録することができなかった場合
  • スチュワードに失格が言い渡され、予選から除外された場合

 

順位が認定されなかったドライバーは予選落ちとなりますが、フリー走行で適切なラップタイムを記録できていた場合、スチュワードに残りのセッションへの出走が認められる場合があります。

失格となったドライバーについては、犯した違反の重大性によって残りのセッションへの出走が認められるかどうかが審議されます。

 

 

出走台数が20台を超える場合

2024年のF1は全20台のエントリーですが、出走台数が20台を超える場合はQ1、Q2で順位が決定する台数が変わります。

 

出走台数が全22台の場合

Q1では17位から22位が決定し、Q2には上位16台が出走します。

Q2では11位から16位が決定します。Q3に進出できる10台に変更はありません。

 

出走台数が全24台の場合

Q1では18位から24位が決定し、Q2には上位17台が出走します。

Q2では11位から17位が決定します。Q3に進出できる10台に変更はありません。

 

 

レギュレーション

2024 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

2024/2/28発行版

39) QUALIFYING AND SPRINT QUALIFYING SESSIONS

39.1 The starting grid of the race and the sprint session (if scheduled) will be respectively determined by the results of the following practice sessions:

a) The “qualifying session”. This session will take place at the following times:

i) For Competitions where a sprint session is scheduled: on the second first day of track running, starting no less than three (3) hours, and no more than four (4) hours after the end of the Sprint.

ii) For Competitions where a sprint session is not scheduled: on the second day of on track running, starting no less than two (2) hours, and no more than three (3) hours after the end of P3.

b) The “sprint qualifying session”. For Competitions where a sprint session is scheduled, this session will take place on the first day of track running and start no less than two and a half (2.5) hours, and no more than three and a half (3.5) hours after the end of P1.

39.2 The qualifying session will be run as follows:

a) For the first eighteen (18) minutes of the session (Q1) all cars will be permitted on the track and at the end of this period the slowest five (5) cars will be prohibited from taking any further part in the session.

Lap times achieved by the fifteen (15) remaining cars will then be deleted.

b) After a seven (7) minute break the session will resume for fifteen (15) minutes (Q2) and the fifteen (15) remaining cars will be permitted on the track. At the end of this period the slowest five (5) cars will be prohibited from taking any further part in the session.
Lap times achieved by the ten (10) remaining cars will then be deleted.

c) After an eight (8) minute break the session will resume for twelve (12) minutes (Q3) and the ten (10) remaining cars will be permitted on the track.

39.3 The sprint qualifying session will be run as follows:

a) For the first twelve (12) minutes of the session (SQ1) all cars will be permitted on the track and at the end of this period the slowest five (5) cars will be prohibited from taking any further part in the session.
Lap times achieved by the fifteen (15) remaining cars will then be deleted.

b) After a seven (7) minute break the session will resume for ten 10 minutes (SQ2) and the fifteen (15) remaining cars will be permitted on the track. At the end of this period the slowest five (5) cars will be prohibited from taking any further part in the session.
Lap times achieved by the ten (10) remaining cars will then be deleted.

c) After a seven (7) minute break the session will resume for eight 8 minutes (SQ3) and the ten (10) remaining cars will be permitted on the track.

39.4 The qualifying session or sprint qualifying session Classification under Articles 39.2 and 39.3 will be determined in the following way:

a) Classified drivers will be ordered according to the sequence below:

i) The top ten positions will be allocated to the drivers who took part in Q3 or SQ3, in accordance with the best time set by each driver in Q3 or SQ3, the fastest in the first position.

ii) The next five positions will be allocated to the drivers who got eliminated in Q2 or SQ2, in accordance with the best time set by each driver in Q2 or SQ2, the fastest in the 11th position.

iii) The next five positions will be allocated to the drivers who got eliminated in Q1 or SQ1, in accordance with the best time set by each driver, the fastest in the 16th position.

iv) If two (2) or more drivers set identical times during Q1, Q2 or Q3 or SQ1, SQ2 or SQ3 priority will be given to the one who set it first.

v) If more than one driver fails to set a time during Q2 or Q3 or SQ2 or SQ3 they will be arranged in the following order:

– Any driver who attempted to set a qualifying time by starting a flying lap.
– Any driver who failed to start a flying lap.
– Any driver who failed to leave the pits during the period.

b) Drivers will be considered to be “unclassified” in the following circumstances:

i) If they got eliminated in Q1 or SQ1 and their best session lap exceeded 107% of the fastest time set during that session, unless the track was declared wet by the Race Director.

ii) If they failed to set a time in Q1 or SQ1, or if all their laps were deleted

iii) If they got disqualified by the Stewards from the Qualifying session or sprint qualifying session

The relative classification of such drivers will be determined as follows:

– Drivers who are unclassified because of conditions (i) or (ii) will be allocated the top positions in accordance with the order they were classified in P3 (or, in the case a Sprint Session is scheduled, P1)
– Drivers who are unclassified because of condition (iii) will be allocated the lower positions in accordance with the order they were classified in P3 (or, in the case a Sprint Session is scheduled, P1)

The participation of unclassified drivers in the remainder of the Competition will be determined in each case by the Stewards, who may exceptionally consider parameters such as:

– A suitable lap time being set in another practice session
– The general performance of the driver in previous Competitions of the Championship
– The gravity of the offence which caused the driver’s disqualification

39.5 The procedure detailed in Article 39.2 and 39.3 is based upon twenty (20) cars being officially eligible to take part in the Competition. If twenty-two (22) cars are eligible six (6) will be eliminated after Q1, Q2, SQ1 and SQ2, if twenty-four (24) cars are eligible seven (7) cars will be eliminated after Q1, Q2, SQ1 and SQ2, and so on if more cars are eligible.

39.6 Any driver whose car stops on the track during the qualifying session or the sprint qualifying session will not be permitted to take any further part in that session.

39.7 At the end of the qualifying session or sprint qualifying session the times achieved by each driver will be officially published.

39.8 An AOT, as defined in Technical Regulations, must be empty during the complete qualifying session or sprint qualifying session.

 

 

アーカイブ