2022年 F1 第22戦 アブダビグランプリ レース結果

 

FIM 世界ロードレース選手権『Moto2クラス』

2022年

 

『FIM 世界ロードレース世界選手権』とは?

二輪(バイク)のレースカテゴリーとしては、1949年にスタートした国際モーターサイクリズム連盟『FIM』が公認している『FIMロードレース世界選手権 (FIM WORLD CHAMPIONSHIP)』が最も有名です。特に最高峰クラスの『MotoGP』クラスは世界一のライダーを決定する選手権として、世界中で広く人気があります。

 

出典:motogp.com

MotoGPクラスのマシンはレギュレーションの範囲内であれば、自由に開発することができるため、激しい開発競争が繰り広げられています。日本を代表する『ホンダ』、『ヤマハ』、『スズキ』がメーカーが直接レース活動を行うワークスチームとしてMotoGPクラスへ参戦しています。

四輪(クルマ)のモータースポーツではF1が最高峰クラスに該当しますが、二輪(バイク)のモータースポーツではMotoGPが最高峰クラスに該当します。

FIMロードレース世界選手権では最高峰クラスのMotoGPクラスだけでなく、ステップアップカテゴリーの『Moto2クラス』と『Moto3クラス』も併催されています。

FIMロードレース世界選手権は日本ではツインリンクもてぎで日本グランプリとして開催されています。残念ながら、新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大による影響のため、2020年と2021年の開催は中止となりました。また、以前は鈴鹿サーキットで開催されたこともありました。

スペインの『Dorna Sports (ドルナ・スポーツ)』がFIMロードレース世界選手権を統括し、商用権やTVの放映権などを管理しています。

 

 

 

MotoGP ロゴマーク

 

 

 

『Moto2クラス』とは?

FIMロードレース世界選手権は、車両の違いによって、上位クラスから『MotoGP』、『Moto2』、『Moto3』の3クラスで選手権が開催されています。

Moto2クラスの車両はトライアンフ製の公式エンジンを搭載しなければなりません。2022年シーズンの公式エンジンは排気量765ccの4ストローク3気筒エンジンとなっています。

Moto2クラスは2010年にスタートしました。2010年から2018年までホンダが市販車のCBR600RRの改良したエンジンを公式エンジンとして供給していましたが、2019年からトライアンフがMoto2クラスへエンジンを供給しています。

Moto2クラスのマシンはワンメイクの公式エンジンと、シャシービルダーが製作するMoto2用のオリジナルシャシーで構成されています。2022年シーズンでは『カレックス』、『ボスコスクロ』、『GASGAS』、『MVアグスタ』がシャシーを製作しています。

Moto2クラスのタイヤは『ダンロップ』のワンメイクです。

Moto2クラスに参戦するライダーは16歳以上である必要があります。また、参戦できるのは50歳に達したシーズン終了時までと定められています。ただし、2023年から最低年齢が18歳以上へ改められます。

 

出典:honda.racing

 

FIM ロードレース世界選手権
『Moto2クラス』
2022年 エントリーリスト

No. ライダー チーム コンストラクター
4 シーン ディラン ケリー アメリカン レーシング カレックス
6 キャメロン ボービエ
14 トニー アルボリーノ エルフ マルク VDS レーシング チーム カレックス
22 サム ロウズ
9 ホルヘ ナバーロ フレックスボックス HP40 カレックス
40 アロン カネト
12 フィリップ サラチュ グレッシーニ レーシング Moto2 カレックス
61 アレッサンドロ ザッコーネ
35 ソムキアット チャントラ イデミツ ホンダ チーム アジア カレックス
79 小椋 藍
16 ジョー ロバーツ イタルトランス レーシング チーム カレックス
19 ロレンツォ ダッラ ポルタ
23 マルセル シュロッター リキモリ インタクト GP カレックス
52 ジェレミー アルコバ
13 チェレスティーノ ヴィエッティ ムーニー VR46 レーシング チーム カレックス
28 ニッコロ アントネッリ
2 ガブリエル ロドリゴ ペルタミーナ マンダリカ SAG チーム カレックス
64 ボー ベンドスナイデル
37 アウグスト フェルナンデス レッドブル KTM アジョ カレックス
51 ペドロ アコスタ
7 バリー バルテュス RW レーシング GP カレックス
84 ゾンタ ファン デン グールベルク
18 マヌエル ゴンザレス ヤマハ VR46 マスターキャンプ チーム カレックス
81 クボ ケミン
20 シモーネ コルシ MVアグスタ フォワード レーシング MVアグスタ
42 マルコス ラミレス
5 ロマーノ フェナティ スピードアップ レーシング ボスコスクロ
54 フェルミン アルデガー
75 アルベルト アレナス ガスガス アスパー チーム ガスガス
96 ジェイク ディクソン

 

 

FIM ロードレース世界選手権
2022年 開催スケジュール

ラウンド 日程 グランプリ サーキット
第1戦 3/4~3/6 カタール ロサイル インターナショナル サーキット
第2戦 3/18~3/20 インドネシア マンダリカ インターナショナル ストリート サーキット
第3戦 4/1~4/3 アルゼンチン テルマス デ リオ オンド
第4戦 4/8~4/10 アメリカズ サーキット オブ ジ アメリカズ
第5戦 4/22~4/24 ポルトガル アルガルヴェ インターナショナル サーキット
第6戦 4/29~5/1 スペイン ヘレス サーキット
第7戦 5/13~5/15 フランス ブガッティ サーキット
第8戦 5/27~5/29 イタリア アウトドローモ インテルナツィオナーレ デル ムジェロ
第9戦 6/3~6/5 カタルーニャ カタロニア サーキット
第10戦 6/17~6/19 ドイツ ザクセンリンク
第11戦 6/24~6/26 オランダ TT サーキット アッセン
第12戦 7/8~7/10 フィンランド キュミリング
第13戦 8/5~8/7 イギリス シルバーストーン サーキット
第14戦 8/19~8/21 オーストリア レッドブルリンク
第15戦 9/2~9/4 サンマリノ ミサノ ワールド サーキット マルコ シモンチェリ
第16戦 9/16~9/18 アラゴン モーターランド アラゴン
第17戦 9/23~9/25 日本 モビリティリゾートもてぎ
第18戦 9/30~10/2 タイ チャーン インターナショナル サーキット
第19戦 10/14~10/16 オーストラリア フィリップアイランド グランプリ サーキット
第20戦 10/21~10/23 マレーシア セパン インターナショナル サーキット
第21戦 11/4~11/6 バレンシア バレンシア サーキット

 

 

Moto2クラスのフラッグルール

MotoGPに代表される二輪(バイク)レースのフラッグルールは四輪(クルマ)レースのフラッグルールと共通点が多いですが、いくつかのフラッグにおいては意味や提示の方法が異なります。レッドクロス旗など二輪にしか無いフラッグもあるため注意が必要です。

 

 

 

FIM ロードレース世界選手権
タイムスケジュール

FIM ロードレース世界選手権では、各大会ごとのMotoGPクラス、Moto2クラス、Moto3クラスそれぞれの走行セッションのタイムスケジュールが決められています。

基本的に各大会は以下のようなタイムスケジュールで走行セッションが開催されます。木曜日は車検が行われます。

 

金曜日

時間 クラス セッション
9:00~9:40 Moto3 Free Practice 1
9:55~10:40 MotoGP Free Practice 1
10:55~11:35 Moto2 Free Practice 1
13:15~13:55 Moto3 Free Practice 2
14:10~14:55 MotoGP Free Practice 2
15:10~15:50 Moto2 Free Practice 2

 

土曜日

時間 クラス セッション
9:00~9:40 Moto3 Free Practice 3
9:55~10:40 MotoGP Free Practice 3
10:55~11:35 Moto2 Free Practice 3
12:35~12:50 Moto3 Qualifying 1
13:00~13:15 Moto3 Qualifying 2
13:30~14:00 MotoGP Free Practice 4
14:10~14:25 MotoGP Qualifying 1
14:35~14:50 MotoGP Qualifying 2
15:05~15:20 Moto2 Qualifying 1
15:30~15:45 Moto2 Qualifying 2

 

日曜日

時間 クラス セッション
9:00~9:10 Moto3 Warm Up
9:20~9:30 Moto2 Warm Up
9:40~10:00 MotoGP Warm Up
11:00~ Moto3 Race
12:20~ Moto2 Race
14:00~ MotoGP Race

 

 

Moto2クラスの公式予選

Moto2クラスの公式予選は15分間のQP1 (Qualifying Practice 1)と15分間のQP2 (Qualifying Practice 2)の2回のセッションで構成されます。

 

公式予選に出場するための資格

QP1およびQP2へ出場するためには、公式予選の前に行われる3回のフリー走行(FP1、FP2、FP3)のいずれかで、そのときのセッションで記録された最速タイムの105%以内のタイムを記録する必要があります。

QP1およびQP2へ出場する資格が与えられたライダーは自動的に決勝へ出場することが認められます。

急遽、3回目のフリー走行(FP3)から参加することになったライダーに関しては、FP3で最速タイムの105%以内のタイムを記録することができなかったとしても、QP1へ出場することが認められます。ただし、決勝に出場するためには、QP1で最速タイムの105%以内のタイムを記録する必要があります。

 

公式予選『QP1』、『QP2』

公式予選の前に行われるFP1、FP2、FP3の3回のフリー走行でそれぞれ記録されたベストタイムを合計し、上位14名のライダーに対してQP2への出場資格が与えられます。

QP2への出場資格が与えられなかったライダーはQP1へ出場します。QP1で上位4名のライダーに対してQP2への出場資格が与えられます。

QP1で上位4位以内に入れなかったライダーの公式予選の順位は上位から順に19位、20位、21位・・・となります。

QP2は18名のライダーで争われ、記録したラップタイムの速い順に1位から18位の順位が決定します。

 

 

決勝のスタート手順

サイティングラップ

決勝のスタート時刻の15分前になると、ピットレーン出口のシグナルがグリーンとなり、ピットレーンはオープンの状態となります。各ライダーはピットからコースインをして、公式予選結果で決められた自身のグリッドに着きます。

F1では、この周回を『レコノサンスラップ』と呼びますが、二輪レースでは『サイティングラップ (Sighting Lap)』と呼びます。

ピットレーンは5分間オープンの状態となり、各ライダーはこの間にコースインする必要があります。もし、コースインすることができない場合は、ウォームアップラップから合流することができます。ただし、決勝のスタートは最後尾からのスタートとなります。

サイティングラップ中はピットレーンを通過することで複数の周回を走行することができます。マシンセッティングの調整や給油が認められます。

決勝のスタート時刻の10分前になると、ピットレーン出口のシグナルがレッドとなり、ピットレーンはクローズの状態となります。

 

スタート進行

グリッド上では決勝に向けて、マシンセットアップの調整やタイヤ交換を行うことができます。タイヤウォーマーの使用も認められています。

ただし、グリッド上での作業は決勝のスタート時刻の3分前までに完了しなければなりません。

各ライダーはスタート時刻の30秒前までにエンジンを始動しておく必要があります。

 

ウォームアップラップ
開始
内容
3分前 全ての車両はタイヤの装着を完了
2名のメカニック以外を除き、グリッドから退去
1分前 タイヤウォーマーを外さなければならない
メカニックはグリッドから退去
30秒前 エンジン始動完了
この後グリーンフラッグが振られ、ウォームアップラップ開始

 

ウォームアップラップ

四輪レースのフォーメーションラップのように二輪のレースにおいても、決勝のスタートに先立ち『ウォームアップラップ』が行われます。

フォーメーションラップと異なり、ウォームアップラップでは他の車両を追い越すことが認められています。

ウォームアップラップが開始となり、グリッド上の車両がすべてピットロード出口付近を通過したらピットロード出口のシグナルが30秒間グリーンとなり、ピットスタートの車両はコースインをして、最後尾からレースをスタートすることができます。

 

レーススタート

ウォームアップラップが完了し、各ライダーは自身のグリッドに着きます。グリッド前方にはレッドフラッグが提示されます。すべての車両がグリッドに着くと、グリッド後方でグリーンフラッグが振られます。

そのあと、グリッド前方で提示されていたレッドフラッグが撤去され、スターターはレッドシグナルを点灯させます。

スターターによって、レッドシグナル点灯から2~5秒後にレッドシグナルが消灯され、消灯のタイミングでレーススタートとなります。

 

『ドライレース』『ウェットレース』

二輪レースの場合、ドライ用のスリックタイヤでは濡れた路面を安定して走行することができません。また、車両の構造上、四輪レースのようにレース中にピットインしてウェット用のタイヤへ交換することも困難であったりします。

そこで、決勝前にレースが『ドライレース』で行われるのか『ウェットレース』で行われるのかレースディレクションからアナウンスがあります。

 

ドライレース

路面がドライの状態の場合、『ドライレース』となります。ドライレースもしくはウェットレースのアナウンスが無かった場合、自動的にそのレースはドライレースとなります。

ドライレースでレースがスタートした場合、レース中に雨が降ってくるなどしてタイヤを交換する必要が発生したときには、レッドフラッグが振られ、レースは中断されます。ウェットコンディション用にタイヤ交換やセッティングを調整した後、再度レースが再開されます。

 

ウェットレース

ウェットレースでレースがスタートした場合、路面コンディションが変わるなどして、タイヤを交換する必要が発生した場合でもレースは中断されません。タイヤ交換をする場合はピットインをしなければなりません。

 

 

Moto2クラスのタイヤルール

Moto2クラスのタイヤは『ダンロップ』のワンメイクです。

 

ドライタイヤ

Moto2クラスでは各大会で使用できるドライタイヤの本数はフロントタイヤが8本、リアタイヤが9本の合計17本と定められています。コンパウンドはハードとソフトの2種類から選択することができます。

 

フロント:最大8本

リア:最大9本

 

公式予選でQP1とQP2の両方のセッションに参加する4名のライダーについては、任意のコンパウンドのフロントタイヤ1本とソフトコンパウンドのリアタイヤ1本が追加で供給されます。QP1、QP2がウェットコンディションで行われた場合は、ドライタイヤの追加供給は行われません。

 

レインタイヤ

Moto2クラスでは各大会で使用できるレインタイヤの本数に制限はありません。

 

本数制限なし

 

 

ポイント

FIM ロードレース世界選手権では、決勝で15位以内でフィニッシュしたライダーとチーム(コンストラクター)に対してポイントが与えられます。

複数台のエントリーがあるチームに対しては、最上位の順位に応じたポイントが与えられます。

MotoGP、Moto2、Moto3それぞれのクラスのライダーとチームにタイトルがあり、シーズンを通して最も多くのポイントを獲得したライダーとチームがチャンピオンとなります。

同ポイントの場合は、ベストリザルトの回数が多い方が上位となります。もし、ベストリザルトの回数が同じになった場合は、ベストリザルトを記録した日付が新しい方が上位となります。

ワイルドカードで出場したライダーにはポイントが与えられません。

 

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
25 20 16 13 11 10 9 8

 

9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
7 6 5 4 3 2 1

 

 

関連サイト

 

 

アーカイブ