【3/30】2020年 F1レギュレーション改訂概要

フォーミュラ リージョナル




2020年シーズン対応

フォーミュラ リージョナルとは

四輪モータースポーツの最高峰としてFIA Formula 1(F1)が存在し、その下位カテゴリーとして以前はGP2とGP3が存在していました。FIAはF1を頂点とするピラミッドの再編を行い、GP2はFIA Formula 2(F2)に、GP3はFIA Formula 3(F3)へと変更されました。 そして、これまでF3として行われてきたカテゴリーは2019年シーズンをもって廃止になりました。

 

 

これまで行われてきたF3の技術を活用しつつ、FIA Formula 3とその下位のFIA Formula 4(F4)の間に位置付けられるカテゴリーとして”フォーミュラ リージョナル(FORMULA REGIONAL)”シリーズが発足しました。そして、日本でも2020年からフォーミュラリージョナルシリーズが開催されることが決定しました。

日本におけるシリーズの正式名称は『FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP (全日本フォーミュラリージョナル選手権)』です。

以下は全日本フォーミュラリージョナル選手権に関する内容です。

 


©K2 Planet

 

 

フォーミュラ リージョナル 競技車両

フォーミュラリージョナルシリーズの競技車両はワンメイクと定められています。全日本フォーミュラリージョナル選手権においては、日本のコンストラクターである童夢がフォーミュラリージョナルシリーズのために開発した『DOME F111/3』が採用されます。

エンジンは全車共通のアルファロメオ製の1750cc直列4気筒ターボエンジンをフォーミュラリージョナルのために改良したものが採用されます。

タイヤはダンロップタイヤのワンメイクです。

 

童夢 DOME F111/3 仕様

車両名称 DOME F111/3
全長/全幅 4,900mm/1,850mm
ホイールベース 2,950mm
トレッド 1,540mm / 1,414mm
重量 670kg (ドライバー及びバラスト含む最低重量)
エンジン In-line 4-cylinder 1750cc intercooler turbo MAX 270hp
排気系 JAF公認触媒付き
ギアボックス 6速パドルシフト+機械式LSD装備
シャシー Halo付カーボンモノコック + フロント及びサイドアンチイントリュージョンパネル
サスペンション 四輪ダブルウィッシュボーンインボードタイプ + 前後スタビライザー
ダンパー 2WAYテレスコピック方式
燃料タンク FIA APPROVED FT5-1999 容量60ℓ
ステアリング R&P
消火器 FIA APPROVED 自動消火器
ホイール Front 13x10J Rear 13x12J
タイヤ ダンロップ Front 250/575R13  Rear 300/590R13

 

出典:dome.co.jp

 

キャッププライス制度

フォーミュラリージョナルの車両価格はキャッププライス制度により、FIAが定めた価格に統一化されています。

2020年シーズンではシャシー(78,463ユーロ)とエンジン(25,500ユーロ)の1台あたりの合計価格が103,963ユーロと定められています。

 

 

2020年 フォーミュラ リージョナル スケジュール

2020年、富士スピードウェイで開催されるピレリ スーパー耐久シリーズの24時間耐久レースのサポートレースとしてフォーミュラリージョナルが日本で初めて開催されます。

2020年シリーズは国内のサーキットで全6大会が開催され、各大会で2レースもしくは3レースが行われます。

 

ラウンド 日程 開催地 レース数
第1大会 6/5~6/7 富士スピードウェイ 2レース
第2大会 6/26~6/28 岡山国際サーキット 3レース
第3大会 7/31~8/2 オートポリス 2レース
第4大会 8/21~8/23 スポーツランドSUGO 3レース
第5大会 9/4~9/6 ツインリンクもてぎ 2レース
第6大会 10/30~11/1 富士スピードウェイ 2レース

 

 

ライセンス

フォーミュラリージョナルに参戦できるドライバーの資格は『18歳以上国内A級ライセンス、もしくは国際C級、B級ライセンス保持者であること』と定められています。

 

スーパーライセンスポイント

フォーミュラリージョナルのシリーズ上位9位までのドライバーには、F1ドライバーになるために必要なスーパーライセンスポイントが与えられます。

過去3年においてスーパーライセンスポイントを40ポイント以上を獲得することでスーパーライセンスを取得できる資格が与えられます。

 

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
18 14 12 10 6 4 3 2 1 0

 

F1ドライバーになるために必要なスーパーライセンス

 

 

公式予選

公式予選は15分間の走行が2回行われます。
グリッドの決定方法は以下のとおりです。

  • 第1レースは公式予選1回目のベストラップ順
  • 第2レースは公式予選2回目のベストラップ順
  • 第3レースのグリッド順は特別規則書で規定する。

 

 

レースフォーマット

25分~最大35分のレースが1大会あたり2回もしくは3回開催されます。レース距離は周回数ではなく時間で決まります。

 

 

タイヤ

フォーミュラリージョナルで使用するタイヤはダンロップのワンメイクです。

大会期間中に使用できるタイヤのセット数などはレギュレーションが明らかにされ次第、掲載します。

 

 

 

ポイント

決勝の順位に応じて、以下のポイントが与えられます。シーズンを通して最も多いポイントを獲得したドライバーがチャンピオンとなります。

 

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
25 18 15 12 10 8 6 4 2 1

 

 

 

 

 

関連サイト