2021 SUPER GT 第6戦 オートポリス 開催概要

 

『セーフティカー』、『フルコースイエロー』の運用ルール

 

モータースポーツでは、アクシデントやマシントラブルなどで、コース上に車両がストップしてしまったり、大雨などの天候の急変などによって、安全にレースを継続することが困難ではあるものの、中断するほどではないとレースコントロールが判断したとき、『セーフティカー(SC)』や『フルコースイエロー(FCY)』が導入されます。

セーフティカーやフルコースイエローが導入されると、コース全域で追い越しが禁止され非競技化の状態となります。コース上の危険な状況が解消されるまで、非競技化の状態が続きます。

レース中にセーフティカーが導入されると、順位は変わらないものの、それまでに築いた後方の車両とのタイム差が無くなってしまうことから、セーフティカーの導入がレース展開を左右する場面が度々発生します。

そのため、近年では各車両のタイム差をキープしたままレースを非競技化するフルコースイエローの導入が進められています。

 

 

セーフティカー運用ルール

レース中、アクシデントの発生などによってコース上に危険な状態が存在するものの、レースを中断するまでもないときに『セーフティカー (SC)』が導入される場合があります。

セーフティカーの導入から解除の手順、導入中の禁止事項といった基本的なルールからF1のバーチャル・セーフティカー(VSC)まで、わかりやすく解説します。

flag_2r_yellow flag_2r_scboard

 

 

 

 

フルコースイエロー運用ルール

セーフティカーを導入するまでもないけれども、イエローフラッグではコース上の安全が確保できないと判断された場合には『フルコースイエロー (FCY)』が導入される場合があります。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

SNSでシェアする