2019年 FIA Formula 1 第9戦 オーストリアGP

#16 シャルル ルクレール
#33 マックス フェルスタッペン

出典:youtube.com

レーシングアクシデント

マックスフェルスタッペン選手とレッドブル・ホンダの勝利を決めたオーバーテイクでしたが、シャルルルクレール選手と並走したとき、わずかな接触がありました。また、マックスフェルスタッペン選手がシャルルルクレール選手のスペースをじゅうぶんに空けていなかったことにより、押し出したようにも見えます。レース後、スチュワード(審査委員会)はドライバーに対してヒアリングを行い、協議の結果、両ドライバーに非が認められなかったとして、レーシングアクシデントと判定しました。

 

2019年 FIA Formula 1 第8戦 フランスGP

#11 セルジオ ペレス

出典:youtube.com

#11 セルジオ ペレス
タイムペナルティ 5秒

走路外を走行したことにより、順位を上げたり、タイムを短縮した場合、アドバンテージを得たと判断され、ペナルティの対象となります。そのため、セルジオペレス選手に5秒のタイムペナルティが科されたと考えられます。

 

#3 ダニエル リカルド
#4 ランド ノリス

出典:youtube.com

#3 ダニエル リカルド
タイムペナルティ 5秒

コースをわずかに外れたダニエルリカルド選手がコースに復帰した際に、並走するランドノリス選手に対して幅寄せするような形となりました。ランドノリス選手は接触を避けるため、コースを外れました。ランドノリス選手をコース外に押し出したと判断され、ダニエルリカルド選手に5秒ペナルティが科されました。

 

#3 ダニエル リカルド
#7 キミ ライコネン

出典:youtube.com

#3 ダニエル リカルド
タイムペナルティ 5秒

後方から迫るダニエルリカルド選手に対して、キミライコネン選手が正当にブロックしますが、ダニエルリカルド選手は走路外を走行しながらキミライコネン選手をオーバーテイクしました。走路外を走行したとして、ダニエルリカルド選手に5秒ペナルティが科されました。

 

2019年 FIA Formula 1 第7戦 カナダGP

#11 セルジオ ペレス
#23 アレクサンダー アルボン
#99 アントニオ ジョビナッツィ

出典:youtube.com

レーシングアクシデント

 

#8 ロマン グロージャン
#11 セルジオ ペレス

出典:youtube.com

レーシングアクシデント

 

#5 セバスチャン ベッテル
#44 ルイス ハミルトン

出典:youtube.com

 #5 セバスチャン ベッテル
タイムペナルティ 5秒

オーバーランしてしまったセバスチャンベッテル選手がコースに復帰する際に、後方のルイスハミルトン選手の進路を塞ぐ形となりました。安全ではないコースへの復帰とルイスハミルトン選手をコース外に追い出したとして、セバスチャンベッテル選手に対して5秒ペナルティが科されました。

 

2019年 FIA Formula 1 第6戦 モナコGP

#16 シャルル ルクレール
#27 ニコ ヒュルケンベルグ




出典:youtube.com

レーシングアクシデント
 

 

#33 マックス フェルスタッペン
#77 バルテリ ボッタス

出典:youtube.com

マックス フェルスタッペン
タイムペナルティ 5秒

ピット作業を終えたマックスフェルスタッペン選手がピットロードのファストレーンを走行するバルテリボッタス選手の前に割り込み、両者は軽く接触しました。アンセーフリリースと判断され5秒ペナルティとなりました。

 

#88 ロバート クビサ
#99 アントニオ ジョビナッツィ



出典:youtube.com

#99 アントニオ ジョビナッツィ
タイムペナルティ 10秒

ラスカスコーナーでアントニオジョビナッツィ選手がロバートクビサ選手をオーバーテイクしようとインに飛び込みましたが、接触し、ロバートクビサ選手はスピンしてしまいました。この接触に対してアントニオジョビナッツィ選手に10秒のタイムペナルティが科されました。

 

#11セルジオ ペレス
#20 ケビン マグヌッセン

出典:youtube.com

レーシングアクシデント

 

#33 マックス フェルスタッペン
#44 ルイス ハミルトン

出典:youtube.com

レーシングアクシデント