スーパー耐久とは

スーパー耐久シリーズは1990年に発足した『N1耐久シリーズ』が前身にあたり、JAFの定めるN1規定に準拠した車両によって争われるツーリングカーシリーズです。SUPER GTと異なり、車両の改造範囲が狭く、エアロパーツも市販品である必要があり、限りなく市販車に近い車両で争われるため、もっとも身近なレースシリーズと言えます。

出典:supertaikyu.com

車両のエンジン形式などによって、ST-1〜ST-5、ST-X、ST-Z、ST-TCRの8種類にクラス分けされており、レースは複数のクラスの車両が混走し争われます。近年ではFIA GT3公認車両を対象にしたST-Xクラスが最高峰クラスとして台数を増やしつつあり、2017年シーズンより、FIA GT4公認車両を対象としたST-Zクラス、TCR規格車両を対象としたST-TCRクラスが新設され、世界の様々な規格車両での参戦を認めるようになっています。

スーパー耐久シリーズはその名の通り、耐久レースで争われます。2018年シーズンから富士スピードウェイでのレースは24時間耐久レースで行われるようになりました。2019年シーズンにおいては8月に鈴鹿サーキットで開催される『SUZUKA 10 HOURS』へ参戦するST-Xクラス車両に対して特別戦として扱われるようになりました。

 

スーパー耐久 ロゴマーク

©STO

 

2019年 スーパー耐久 スケジュール

ラウンド 日程 開催地
第1戦 3/23~3/24 鈴鹿サーキット
第2戦 4/27~4/28 スポーツランドSUGO
第3戦 5/31~6/2 富士スピードウェイ
第4戦 7/20~7/21 オートポリス
第5戦 9/14~9/15 ツインリンクもてぎ
第6戦 11/9~11/10 岡山国際サーキット
特別戦 8/22~8/25 鈴鹿サーキット

 

公式合同テスト

開催日 開催地
3/2 富士スピードウェイ
5/8 富士スピードウェイ

 

レース距離

ラウンド 開催地 レース時間 レース方式
第1戦 鈴鹿サーキット 5時間 1レース制
第2戦 スポーツランドSUGO 3時間 クラス別2レース制
第3戦 富士スピードウェイ 24時間 1レース制
第4戦 オートポリス 5時間 1レース制
第5戦 ツインリンクもてぎ 5時間 1レース制
第6戦 岡山国際サーキット 3時間 クラス別2レース制
特別戦 鈴鹿サーキット 10時間 ST-Xクラスのみ

 

2019 スーパー耐久 シリーズエントリー

ST-Xクラス

No. エントラント マシン
1 GTNET MOTOR SPORTS GTNET GT3 GT-R
9 MP Racing MP Racing GT-R
83 X Works X WORKS R8
112 SATO-SS SPORTS SATO-SS SPORTS AMG GT3
244 MAX Racing LEXUS RC-F GT3
300 TAIROKU RACING TAIROKU RACING Ferrari 488 GT3
777 D’station Racing D’station Vantage GT3

 

ST-Zクラス

No. エントラント マシン
2 KTMカーズジャパン ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
3 ENDLESS SPORTS ENDLESS AMG GT4
35 TECHNO FIRST モノコレ SUN’S TECHNO GINETTA
51 BEND Diamango Cayman
190 バースレーシングプロジェクト【BRP】 BRP Mersedes AMG GT4

 

ST-TCRクラス

No. エントラント マシン
10 Adenau IDI GOLF GTI TCR
19 バースレーシングプロジェクト【BRP】 BRP Audi Mie RS3 LMS
22 ハーネス TBN
45 Team DreamDrive BRIN・NAUB RS3 LMS
65 Audi Team Mars Phenomen Mars Audi RS3 LMS
75 Team Noah AZIMUTH CIVIC TCR
97 Modulo Racing with DOME Modulo CIVIC 
108 RFCレーシング 冴えカノfineレーシングwithRFC
501 KCMG KCMG Annika CIVIC TCR

 

ST-1クラス

No. エントラント マシン
47 D’station Racing D’station Porsche
998 TRACY SPORTS Z-REX ADVICS R8 TRACY

 

ST-2クラス

No. エントラント マシン
6 シンリョウレーシングチーム 新菱オート☆DIXCELエボⅩ
7 シンリョウレーシングチーム 新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボⅩ
17 TEAM NOPRO DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
59 TOWAINTEC Racing DAMD MOTUL ED WRX STI
743 Honda R&D Challenge Honda R&D Challenge FK8

 

ST-3クラス

No. エントラント マシン
14 OKABEJIDOSHA motorsport 岡部⾃動⾞YAIMA34Z
15 OKABEJIDOSHA motorsport 岡部⾃動⾞Z34
34 TECHNO FIRST TECHNO FIRST RC350
38 TRACY SPORTS ADVICS muta racing RC 350TWS
39 TRACY SPORTS 5ZIGEN ADVICS RC350 TWS TRACY
62 Le Beausset Motorsports DENSO Le Beausset RC350
68 埼⽟トヨペット Green Brave 埼⽟トヨペット Green Brave GR SPORT マークX

 

ST-4クラス

No. エントラント マシン
5 TRACY SPORTS SPV Racing 5ZIGEN ADVICS SPV 86
8 アプロスレーシング WAKO’S TRUST 渡邊建設 field WM HPI Vitz
13 ENDLESS SPORTS ENDLESS・86
18 浅野レーシングサービス Weds Sport 86
28 T’s CONCEPT T’s CONCEPT 86
54 TC CORSE TC CORSE iRacing ROADSTER
86 TOM’S SPIRIT TOM’S SPIRIT 86
104 ROOKIE RACING ROOKIE RACING 86
116 キャプテンハーロック・レーシングチーム アルカディア号☆WSエンジニアリング☆PRINCE
310 C.S.I Racing GR Garage ⽔⼾インター GR86
884 林テレンプ SHADE RACING 林テレンプ SHADE RACING 86

 

ST-5クラス

No. エントラント マシン
4 チーム BRIDE THE BRIDE FIT
37 TEAM NOPRO DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
50 LOVE DRIVE RACING LOVE DRIVE RACING ロードスター
66 OVER DRIVE odula Idia ROADSTER
69 J’S RACING J’S RACING☆FIT
70 J’S RACING J’S RACING☆FIT
78 LOVE DRIVE RACING LOVE DRIVE RACING ロードスター
88 村上モータース 村上モータースMAZDAロードスター
101 HM Racers ヒロマツ デミオ
168 RFCレーシング 冴えカノレーシングwith RFC
888 セレクトホテルズグループヴァーサスレーシングチーム セレクトホテルヴァーサスレーシングチーム

 

クラス

クラスは8種類

スーパー耐久に参戦する車両は8種類のクラスに分けられ、クラス毎でタイトルを争います。クラス分けの条件は公認車両やエンジン排気量等によって以下のように定められています。

クラス毎にゼッケンベースの色が異なり、区別できるようになっています。

クラス 車両規定 ゼッケンベース
ST-Xクラス FIA GT3 公認車両 黄色
ST-Zクラス FIA GT4 規格車両 空色
ST-TCRクラス TCR 規格車両 桃色
ST-1クラス ST-2〜ST-5 以外の車両 オレンジ色
ST-2クラス 2001cc〜3500ccまでの4輪駆動車両、及び前輪駆動車両 紫色
ST-3クラス 2001cc〜3500ccまでの後輪駆動車両 青色
ST-4クラス 1501cc〜2000ccまでの車両 赤色
ST-5クラス 1500cc以下の車両 緑色

 

ピレリスーパー耐久シリーズ2019 スポーツ規則 - 第2条 参加車両

 

ゼッケン

スーパー耐久に参戦する車両に付けられるゼッケン番号は2~999と規定されています。ゼッケン0番は欠番とされ、ゼッケン1番はST-Xクラスの前年度のチャンピオンに使用優先権が与えられます。

 

ピレリスーパー耐久シリーズ2019 スポーツ規則 - 第2条 参加車両