【12/1新着】F1 第15戦 バーレーンGP クビアト選手とストロール選手の接触

 

『フルコースイエロー』とは?

 

フルコースイエロー (FCY)

WEC(世界耐久選手権)ではセーフティカーを導入するまでもないけれども、安全上の理由で必要であると判断した場合にフルコースイエロー(FCY)が導入されます。

 

出典:supergt.net

 

フルコースイエローが導入されると、タイミングモニター上でメッセージが表示されると共に、全てのポストで黄旗の振動表示とFCYボードが提示されます。競技車両の車速は80km/hに制限され、1列の隊列を形成し、追い越しをすることなく走行する必要があります。

フルコースイエロー中のピットインは制限されませんが、ドライブスルーペナルティやペナルティストップを消化することはできません。

フルコースイエローの解除は、タイミングモニター上に解除のメッセージが表示されると共に、ポストで提示されていた黄旗とFCYボードが撤去され緑旗が提示されることによりドライバーやチームに知らせます。

 

 

各シリーズにおけるFCY運用ルール

SUPER GTのフルコースイエロー(FCY)運用ルール

スーパーフォーミュラのフルコースイエロー(FCY)運用ルール

スーパー耐久のフルコースイエロー(FCY)運用ルール

 

 

2019-2020 FIA WEC SPORTING REGULATIONS

14.5 レースの非競技化 : フルコースイエロー (FCY)

14.5.1 レースをFCYとする

  • レースディレクターは安全上の理由で必要であると判断した場合は、フルコースイエロー期間を宣言することができる。
  • 一旦FCYの状態になると、車両は80kmhに減速し、1列縦隊に整列し、前後の車両間隔を維持する。
  • FCY中、追い越しは厳禁とされる。
  • すべてのマーシャルポストでは、黄旗の振動表示がなされ、FCYと記載されたボードも提示される。
  • FCYが実行されている間に、不要に遅く、一定しない動きで、あるいはその他のドライバーに危険を及ぼす恐れがあるような方法で運転されている一切の車両は競技審査委員会に報告される。これは、そのような車両が走路にある時、ピット入口にある時あるいはピットレーン出口ロードにある場合にも適用される。

 

14.5.2 FCY中のピットレーンへのアクセス

  • ピットレーンの出入口は開放されたままとし、車両はピットへ自由に進入できる。
  • ピットレーンに進入しようとする車両は、一旦第1セーフティカーラインを通過したならば、走路上の車両を追い越すことができる。
  • ピットレーンを出ようとする車両は、第2セーフティカーラインに到達するまでは、その他の車両を追い越すことができる。
  • ピットレーンの出入口でも、速度は最大80kmhに制限される。

 

14.5.3 FCYの終了

  • 一旦問題が解決したならば、レースディレクターは、モニター上のメッセージ提示により、走路を緑信号に戻す。
  • この時点で、すべてのマーシャルポストは、黄旗とFCYボードを緑旗の振動表示に変える。レースおよび追い越しは、制約を受けることなく、車両同士の位置関係やラインに対する車両の位置に関わりなく、通常に再開される。

 

14.5.4 FCYおよびセーフティカー

FCY期間終了後も、問題が解決しておらず、安全面が危険にさらされている場合には、セーフティカーの介入がなされる。

14.5.4 FCY実行中のピットレーンでのストップ・アンド・ゴー、ペナルティ

FCY手順が実行されている時、ドライバーがドライブスルーおよび/あるいはストップ・アンド・ゴーのペナルティを消化する目的で、すでにピット入口にいない限り、レースが再開されるまでペナルティに服することはできない。

14.5.6 FCY実行中の周回数計算

FCY手順中、ドライバーがラインを通過した回数は、走路上でラインを通過できる最大回数に追加される。

 

 

   \ シェアする /