【1/16新着】2021年 スーパーフォーミュラ・ライツ

 

2021年 F1におけるレース中の『車両同士の接触』に対する判定

2021年

 

F1だけでなく、モータースポーツではレース中に車両同士の接触が発生した場合は様々な角度から記録された映像によってレースコントロールで検証が行われます。

車両同士の接触が発生した場合、F1ではレースコントロールから『UNDER INVESTIGATION (審議中)』のメッセージが伝えられます。

車両同士の接触に対して、レースコントロールで審議される案件のことを『インシデント』と呼びます。

 

 

レーシングアクシデント

車両同士の接触の結果、接触の原因がどちらか一方のドライバーの過失によるものではないと判断された場合は、問題無しと判断され、ペナルティなどが科せられることはありません。

モータースポーツでは、このような違反性の無い車両同士の接触を『レーシングアクシデント』と呼びます。

F1ではレーシングアクシデントと判定された接触については、レースコントロールから『NO FURTHER ACTION』と言うメッセージで伝えられます。『これ以上の審議は行わない』という意味です。

サイド・バイ・サイドでの軽い接触で、順位が入れ替わったりすることなく、そのまま走行を続けているような場合は、レーシングアクシデントと判定されることが多いです。

接触の結果、相手をスピンをさせてしまったような場合でも、相手に過失があると判断された場合はレーシングアクシデントと判定されることもあります。

レーシングアクシデントについての詳しい解説はこちらの記事を参照ください。

お咎めなし『レーシングアクシデント』とは?

 

 

危険なドライブ行為

車両同士の接触の結果、接触の原因がどちらか一方のドライバーの過失によるものと判断された場合は、『危険なドライブ行為』として過失のあったドライバーにペナルティが科せられます。

危険なドライブ行為と判断されるようなケースとしては、前方を走行する車両に対して、ブレーキングで止まりきれずに後ろから追突するなどしてスピンさせてしまったような場合です。

並走する相手をコース端に押し出すように幅寄せをして、相手をスピンさせたり、コースの外へ弾き出したりした場合も危険なドライブ行為と判定される場合があります。

危険なドライブ行為についての詳しい解説はこちらの記事を参照ください。

ペナルティの対象『危険なドライブ行為』とは?

 

 

レース後の審議

車両同士の接触が発生した場合、F1ではレースコントロールでサーキットに設置されている監視カメラが記録した映像やTV中継映像(国際映像)、オンボードカメラが記録した映像などを使用して、接触に対する検証が行われます。

どちらか一方のドライバーに明らかな過失があると判断された場合はレース中にペナルティが科せられますが、判断が困難な場合はレース後に時間をかけて審議されます。

接触に関係するドライバーからヒアリングを行ったり、必要に応じて各車両のテレメトリーデータの解析などが行われます。

 

 

ペナルティ

レース中の車両同士の接触に対して、どちらか一方のドライバーに過失があると判定された場合は、ペナルティが科せられます。

車両同士の接触に関しては、違反の度合いに応じて科せられるペナルティが変化します。

 

レース中に科せられるペナルティ

レース中にペナルティが科せられる場合は、レースコントロールからのメッセージで伝えられ、科せられたドライバーはレース中にペナルティを消化する必要があります。

F1ではレース中に科せられるペナルティは以下の通りです。違反の度合いに応じて科せられるペナルティが変化します。

 

  • 5秒間のタイムペナルティ
  • 10秒間のタイムペナルティ
  • ドライブスルー・ペナルティ
  • 10秒間のストップ・アンド・ゴー・タイムペナルティ

 

レース後に科せられるペナルティ

レース終盤に発生した接触に対するペナルティがレース中に科せられなかった場合、レース結果に対してペナルティ相当のタイムが加算されます。

ドライブスルー・ペナルティは20秒が加算されます、また、10秒間のストップ・アンド・ゴー・タイムペナルティは30秒が加算されます。

レース中のインシデントに対してレース後に審議される場合、関係するドライバーはレース終了から60分が経過するまでの間は、サーキットを離れることができないことがレギュレーションで定められています。

 

悪質な接触行為に対するペナルティ

スポーツマンシップに反するような、より悪質な接触行為に対しては、以下のような更なるペナルティが科せられる場合があります。

  • 次戦でのグリッド降格ペナルティ
  • レース結果から除外 (失格)
  • 次戦の出場停止

 

 

接触に対する判定基準にばらつきがある

F1では2017年シーズンから車両同士の接触に対する判定基準が緩和され、ペナルティと判断されるケースが少なくなりました。

どちらか一方のドライバーに明らかな過失があると考えられる場合を除き、少しくらいの接触については大目に見てもらえるようになりました。

これはペナルティを恐れてオーバーテイクをためらってしまうことにより、F1の魅力が下がってしまうことを避けるための判断と考えられます。

ところが、2020年のF1シーズンでは接触に対して科せられたペナルティの数は決して少なくはありませんでした。中には不可解な判定もあり、公平性に欠けるケースもありました。

このように、F1では車両同士の接触に対する判定基準が明確にされておらず、判定結果にばらつきがあると考えられます。

 

 

過去の事例

レーシングアクシデント

F1 第15戦 バーレーンGP ロマン・グロージャン選手の大クラッシュ

F1 第12戦 ポルトガルGP FP2 フェルスタッペンとストロールの接触

 

危険なドライブ行為

F1 第15戦 バーレーンGP クビアト選手とストロール選手の接触

F1 第11戦 アイフェルGP アルボン選手とクビアト選手の接触

F1 第11戦 アイフェルGP ターン1での接触

 

 

2021 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

38) INCIDENTS DURING THE RACE

38.1 The Race Director may report any on-track incident or suspected breach of these Sporting Regulations or the Code (an “Incident”) to the stewards. After review it shall be at the discretion of the stewards to decide whether or not to proceed with an investigation.
The stewards may also investigate an Incident noted by themselves.

38.2 a) It shall be at the discretion of the stewards to decide if any driver involved in an Incident should be penalised.
Unless it is clear to the stewards that a driver was wholly or predominantly to blame for an Incident no penalty will be imposed.

b) If an Incident is under investigation by the stewards a message informing all Competitors which driver or drivers are involved will be sent via the official messaging system.
Provided that such a message is displayed no later than 60 minutes after the race has finished the driver or drivers concerned may not leave the circuit without the consent of the stewards.

38.3 The stewards may impose any one of the penalties below on any driver involved in an Incident:
a) A five second time penalty. The driver must enter the pit lane, stop in his pit stop position for at least five seconds and then re-join the race. The relevant driver may however elect not to stop, provided he carries out no further pit stop before the end of the race. In such cases five seconds will be added to the elapsed race time of the driver concerned.

b) A ten second time penalty. The driver must enter the pit lane, stop in his pit stop position for at least ten seconds and then re-join the race. The relevant driver may however elect not to stop, provided he carries out no further pit stop before the end of the race. In such cases ten seconds will be added to the elapsed race time of the driver concerned.

In both of the above cases the driver concerned must carry out the penalty the next time he enters the pit lane and, for the avoidance of doubt, this includes any stop the driver makes whilst a VSC or safety car procedure is in use.

c) A drive-through penalty. The driver must enter the pit lane and re-join the race without stopping.
d) A ten second stop-and-go time penalty. The driver must enter the pit lane, stop in his pit stop position for at least ten seconds and then re-join the race.

If any of the four penalties above are imposed upon a driver, and that driver is unable to serve the penalty due to retirement from the race, the stewards may impose a grid place penalty on the driver at his next Event.
If any of the four penalties above are imposed during the last three laps, or after the end of a race, Article 38.4(b) below will not apply and five seconds will be added to the elapsed race time of the driver concerned in the case of (a) above, 10 seconds in the case of (b), 20 seconds in the case of (c) and 30 seconds in the case of (d).

e) A time penalty.
f) A reprimand.
g) A drop of any number of grid positions at the driver’s next Event.
If any of the seven penalties above are imposed they shall not be subject to appeal.
h) Disqualification from the results.
i) Suspension from the driver’s next Event.

38.4 Should the stewards decide to impose either of the penalties under Article 38.3(a), (b), (c) or (d), the following procedure will be followed:
a) The stewards will give written notification of the penalty which has been imposed to the Competitor concerned and will inform all Competitors via the official messaging system.

b) With the exception of Articles 38.3(a) and (b) above, from the time the Competitor concerned is notified of the stewards’ decision via the official messaging system the relevant driver may cross the Line on the track no more than twice before entering the pit lane and, in the case of a penalty under Article 38.3(d), proceeding to his pit stop position where he shall remain for the period of the time penalty.
However, unless the driver was already in the pit entry for the purpose of serving his penalty, he may not carry out the penalty if the VSC procedure is in use or after the safety car has been deployed. The number of times the driver crosses the Line behind the safety car or during the VSC procedure will be added to the maximum number of times he may cross the Line on the track.

c) Whilst a car is stationary in the pit lane as a result of incurring a penalty under Articles 38.3(a) or (b) above it may not be worked on until the car has been stationary for the duration of the penalty.

d) Whilst a car is stationary in the pit lane as a result of incurring a time penalty under Article 38.3(d) above it may not be worked on. However, if the engine stops any work necessary to re-start it may be carried out after the time penalty period has elapsed. If the Competitor is unable to start the engine the car may then only be worked on in the driver’s garage.

e) Any breach or failure to comply with Articles 38.4 (b), (c) or (d) may result in the car being disqualified.

 

アーカイブ

2020年 F1のレース中の車両同士の接触に対する判定

 

 

 

SNSでシェアする