2021年 F1 第11戦 ハンガリーGP 開催概要

 

2021年 F1の『パルクフェルメ』ルール

2021年

 

モータースポーツにおける『パルクフェルメ』とは、通常は決勝後の車両保管のことを意味します。決勝で順位認定を受けたすべての車両がパルクフェルメに保管され、正式なレース結果が発行されるまで、競技役員を除いて車両に触れることができないことになっています。

 

F1でも決勝後のパルクフェルメのルールは当然ありますが、F1では決勝前においても、パルクフェルメのルールがあり、限られた作業を除いて、車両のセッティング変更やパーツの交換といったメンテナンス作業に制限があります。決勝前のパルクフェルメのルールのことを『プレレース・パルクフェルメ』と呼んでいます。

 

 

プレレース・パルクフェルメ

公式予選で最初にピットアウトした時から決勝がスタートするまでパルクフェルメの状態にいるものとみなされています。公式予選に出走できなかった車両は公式予選Q1終了時点でパルクフェルメの状態にいるものとみなされます。

また、公式予選で最初にピットアウトする前に、サスペンションのセットアップシートをFIAに提出しなければならないことになっています。

公式予選が終了してから3時間30分が経過すると、車両への作業はいっさい禁止されます。車両にはカバーがかけられ、FIAによって封印されることになっています。
ただし、マーケティングの目的のため、FIAへ申請することによって、最大2時間の延長が認められています。

フォーメーションラップ開始の5時間前にFIAの封印とカバーを取り外すことができますが、パルクフェルメの状態は決勝がスタートするまで続きます。

パルクフェルメのルールに違反した場合、決勝はピットスタートとなります。

 

プレレース・パルクフェルメ中に認められる作業

F1の公式予選は土曜日の午後に開催され、決勝は日曜日の午後に開催されるスケジュールとなっています。この間、車両はパルクフェルメの状態にいるものとされているため、基本的には作業を行うことができませんが、以下に示す作業については認められています。

 

  • エンジンの始動
  • 燃料の追加と除去、フューエルブリーザーの装着
  • ホイール、ホイールファスナー、タイヤの取り外し、交換、バランスの再調整、タイヤの空気圧チェック
  • エンジン内部の点検およびシリンダー圧の確認のためのスパークプラグの取り外し
  • 許可された加熱・冷却装置の取り付け
  • 充電バッテリーの取り付け、車載電子ユニットへのアクセス
  • ERSエナジーストアの充電および放電
  • ブレーキシステムからの液体の排出
  • エンジンオイルの排出
  • 圧搾ガスの排出、追加
  • 液体の排出、追加(補給する液体は当初の液体と同一仕様であること)
  • フロントウイングの空力セットアップは既存のパーツを使用してのみ調整が可能。パーツの追加、取り外し、変更は禁止
  • FIAが天候の変化によりセットアップの変更が必要と判断した場合は、ブレーキ周辺のエアダクト、ラジエターダクトの変更が可能。この場合、『CHANGE IN CLIMATIC CONDITIONS』のメッセージがチームに伝えられる。
  • ラジエターを除く、ボディワークの取り外し、清掃
  • ボディワークの外見上の変更、テープの追加
  • パーツの清掃
  • オンボードカメラ、マーシャリングシステム構成部品、タイム計測用トランスポンダー、それらの構成部品の取り外し、再装着、点検
  • FIAが要求した作業を行うこと
  • ドライバーの快適性を改善するための変更。ミラー、シートベルト、ペダルの調整以外についてはFIAの許可が必要。
  • 気温が大幅に変更した場合は、ヘッドパッドの変更が要求される。この場合、公式メッセージシステムによってチームへ通知される。
  • ドライバー用のドリンクの追加
  • アクシデントにより損傷したパーツの修理。作業を行う際に取り外したすべてのパーツは再度車両に取り付けられなければならない。

 

上記以外の作業については、チームが書面でFIAに対して要請を行い認められた場合に限り、作業を行うことができます。この場合に交換できるパーツはオリジナルのパーツと同じ設計のものでなければならないことになっています。

 

プレレース・パルクフェルメが導入される以前のF1

プレレース・パルクフェルメが導入される前のF1では公式予選後の作業に制限が無かったため、各チームのメカニックは徹夜で作業を行うことも少なくはありませんでした。

現在のようにパワーユニットやギアボックスの使用できる数に制限もなかったことから、公式予選が終わった後、エンジンとギアボックスの交換といった作業が当然のように行われてきました。また、マシンセットアップも予選用と決勝用で全く異なっていました。

F1の開催レース数が増加すると共に、過酷な労働環境によってチームのクルーへの負担が大きくなること、徹夜で作業を行うことができる人員や環境が整っている資金力のあるチームが有利になってしまうことなどの理由から、パルクフェルメのルールが定められ、公式予選後の作業が制限されることになりました。

 

 

ポストレース・パルクフェルメ

他のレースカテゴリーと同様にF1でも決勝後のパルクフェルメ(車両保管)が行われます。プレレース・パルクフェルメと区別するために『ポストレース・パルクフェルメ』と呼ばれます。

レースを完走した車両はパルクフェルメに停車しなければならないことになっています。正式なレース結果が発行されるまで、車両はパルクフェルメで保管され、許可された競技役員を除いては誰も車両に触れることができないことになっています。

誰でもレースを終えた車両に触れることができると、もし車両に技術的な違反があった場合に証拠を隠滅されるおそれがあるためです。

 

 

2021 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

34) PRE-RACE PARC FERMÉ

34.1 Each Competitor must provide the Technical Delegate with a suspension set-up sheet for both of their cars before each of them leaves the pit lane for the first time during qualifying practice session.

34.2 Each car will be deemed to be in parc fermé from the time at which it leaves the pit lane for the first time during qualifying practice session until the start of the race. Any car which fails to leave the pit lane during qualifying practice session will be deemed to be in parc fermé at the end of Q1.

Between these times, other than when cars are sealed overnight in accordance with 34.4 below, the following work may be carried out:
a) Engines may be started.
b) Fuel may be added or removed and a fuel breather fitted.
c) Wheels, wheel fasteners and tyres may be removed, changed or rebalanced and tyre pressures checked.
d) Spark plugs may be removed in order to carry out an internal engine inspection and cylinder compression checks.
e) Permitted heating or cooling devices may be fitted.
f) A jump battery may be connected and on board electrical units may be freely accessed via a physical connection to the car.
g) Charging and / or discharging of the ERS energy storage devices.
h) The brake system may be bled.
i) Engine oil may be drained.
j) Compressed gases may be drained or added.
k) Fluids may be drained and/or replenished, however, fluids used for replenishment must conform to the same specification as the original fluid.
l) The aerodynamic set up of the front wing may be adjusted using the existing parts. No parts may be added, removed or replaced.
m) If the Technical Delegate is satisfied that changes in climatic conditions necessitate alterations to the specification of a car, changes may be made to the air ducts around the front and rear brakes and radiator ducts. These changes may be made at any time after all Competitors have been sent the message “CHANGE IN CLIMATIC CONDITIONS” via the official messaging system. From this point onwards the choice of air ducts around the front and rear brakes and radiator ducts is free and pitot tubes may be covered or uncovered, subject always to compliance with the relevant Technical Regulations.
n) Bodywork (excluding radiators) may be removed and/or cleaned.
o) Cosmetic changes may be made to the bodywork and tape may be added.
p) Any part of the car may be cleaned.
q) On board cameras, marshalling system components, timing transponders and any associated equipment may be removed, refitted or checked.
r) Any work required by the Technical Delegate.
s) Changes to improve the driver’s comfort. In this context anything other than the adjustment of mirrors, seat belts and pedals may only be carried out with the specific permission of the Technical Delegate.
Should ambient temperature change significantly, Competitors will be requested to change the head padding required by Article 14.6.1-6 of the Technical Regulations using the official messaging system.
The addition or removal of padding (or similar material) is also permitted but may only be carried out under supervision and, if required by the FIA Technical Delegate, must be removed before the post-race weighing procedure.
t) Drinking fluid for the driver may be added at any time, however, the capacity of the container for any such fluid must not exceed 1.5 litres.
u) Repair of genuine accident damage.
v) Any parts which are removed from the car in order to carry out any work specifically permitted above, or any parts removed to carry out essential safety checks, must remain close to it and, at all times, be visible to the scrutineer assigned to the relevant car.
Furthermore, any parts removed from the car in order to carry out any such work must be refitted before the car leaves the pit lane.

Any work not listed above may only be undertaken with the approval of the Technical Delegate following a written request from the Competitor concerned. It must be clear that any replacement part a Competitor wishes to fit is the same in design and similar in mass, inertia and function to the original. Any parts removed will be retained by the FIA.
However, if a Competitor wishes to change a part during the qualifying practice session, between reconnaissance laps and/or on the grid before the start of the race, this may be done without first seeking the permission of the Technical Delegate, provided it is reasonable for the relevant Competitor to believe permission would be given if there was time to ask and the broken or damaged part remains in full view of the scrutineer assigned to the car at all times.

34.3 At the end of the qualifying practice session at least six cars will be chosen at random to undergo further checks, once informed their car has been selected the Competitor concerned must take the car to the parc fermé immediately.

34.4 Within three and a half hours of the end of the qualifying practice session all cars used during the session (or which were intended for use but failed to leave the pit lane) must be covered and ready for FIA seals to be applied in order to ensure that they remain secure until the following day. For marketing purposes this deadline may be extended for one car from each Competitor for a maximum of two hours by prior arrangement with the Technical Delegate.
However, no work of any kind may be carried out on the car any later than three and a half hours after the end of the qualifying practice session.
Whilst cars are covered overnight, they may be fitted with devices to keep them warm.

34.5 Five hours before the start of the formation lap the seals and covers may be removed but the cars will remain under parc fermé conditions until the start of the race.

34.6 A Competitor may not modify any part on the car or make changes to the set-up of the suspension whilst the car is being held under parc fermé conditions. In the case of a breach of this Article the relevant driver must start the race from the pit lane and follow the procedures laid out in Article 36.2.
In order that the scrutineers may be completely satisfied that no alterations have been made to the suspension systems or aerodynamic configuration of the car (with the exception of the front wing) whilst in pre-race parc fermé, it must be clear from physical inspection that changes cannot be made without the use of tools.

34.7 One scrutineer will be allocated to each car for the purpose of ensuring that no unauthorised work is carried out whilst cars are being held under parc fermé conditions.

34.8 A list of parts replaced with the specific agreement of the Technical Delegate whilst cars are being held under parc fermé conditions will be published and distributed to all Competitors prior to the race.

34.9 The mass of oil contained in each oil tank, with the exception of the main oil tank, must be declared to the FIA one hour before the start of the race.

 

 

SNSでシェアする