【5/10】F1 第4戦 スペインGP ガスリー選手のスタート手順違反

 

2021年 F1で新たに開催される『スプリント予選』とは?

2021年

 

F1では土曜日に開催される公式予選の結果に基づいて日曜日に開催される決勝のスターティンググリッドを決定していますが、土曜日にレース距離の短いレース『スプリント予選 (Sprint Qualifying)』を行い、スプリント予選の結果に基づいて決勝のスターティンググリッドを決定する新たなレースフォーマットが検討されてきました。

2021年4月26日、F1参戦チームがスプリント予選の実施に合意したことが明らかにされ、2021年シーズンに開催されるグランプリのうち、3戦でスプリントレースを実施するレースフォーマットで開催されることが発表されました。

今後開催されるFIAモータースポーツ評議会で承認された後、正式にスプリント予選の実施が決定します。

2021年4月28日、F1イギリスGPでスプリント予選が開催されることが発表されました。

 

 

レーススケジュール

スプリント予選は土曜日の午後に開催されます。レース距離は100kmとなっており、通常のレースの3分の1の距離となっています。

スプリント予選のグリッドを決定する公式予選が金曜日の午後に開催されます。公式予選はこれまでに行われてきたQ1/Q2/Q3フォーマットのノックアウト方式を踏襲します。

フリー走行は金曜日と土曜日の午前中にそれぞれ60分間で開催されます。

日曜日に開催される決勝については、これまでと変わらず、レース距離は305kmで開催されます。

 

金曜日
フリー走行1回目
( 60分 )

 

金曜日
公式予選
( Q1/Q2/Q3 ノックアウト方式 )

 

土曜日
フリー走行2回目
( 60分 )

 

土曜日
スプリント予選
( 100km )

 

日曜日
決勝
( 305km )

 

 

 

 

ポイント

スプリント予選で上位3位のドライバーに対してポイントが与えられます。

1位:3ポイント
2位:2ポイント
3位:1ポイント

 

 

タイヤに関するルール

通常のグランプリでは各ドライバーに13セットのタイヤが供給されますが、スプリント予選が開催されるフォーマットにおいては12セットのタイヤが供給されます。

供給されるタイヤのコンパウンドはソフトが6セット、ミディアムが4セット、ハードが2セットと定められています。

ソフト:6セット
ミディアム:4セット
ハード:2セット

 

レインタイヤは浅溝のインターミディエイトが4セット、深溝のウェットタイヤが3セット供給されます。フリー走行や公式予選がウェットコンディションで行われた場合はインターミディエイトタイヤが追加で1セット供給されます。

インターミディエイト:4セット
ウェット:3セット

 

 

フリー走行1回目

2セットのタイヤを自由に使用することができます。

 

公式予選

5セットのソフトタイヤを使用することができます。

 

フリー走行2回目

1セットのタイヤを自由に使用することができます。

 

スプリント予選

2セットのタイヤを自由に使用することができます。
スプリント予選におけるタイヤ交換の義務はありません。

 

決勝

決勝は残りの2セットのタイヤを使用します。
レースのスタート時に装着するタイヤのコンパウンドは自由です。

 

 

 

SNSでシェアする