FCY (フルコースイエロー)

 

 

 


スーパー耐久シリーズでは2018年シーズンからFCY(フルコースイエロー)が導入されています。FCYは世界耐久選手権(WEC)をはじめとした海外のレースでは既に運用されていますが、国内のシリーズとしてはスーパー耐久シリーズが初めての運用となります。

コース上やコース脇に車両が停止するなど、コース上に危険が存在するものの、セーフティカーを導入するほどではないと競技長が判断したときにFCYが導入されます。

FCYが導入されると、イエローフラッグの振動表示と『FCY』と書かれたボードが全てのオブザベーションポストで提示されます。各車両は1列の隊列を作って走行しなければならず、コース上での追い越しは禁止されます。

FCY中にピットイン、ピットアウトすることは可能となっていますが、ペナルティの消化はできません。

コース上で停止車両の回収作業が行われている箇所については、手前のポストで『ZONE50』と書かれたボードが提示され、イエローフラッグが2本振られます。ここから、次のイエローフラッグと『FCY』ボードが提示されたオブザベーションポストを通過するまでの間は、50km/hで走行しなければならないことになっています。

FCYが解除されると、全てのオブザベーションポストで提示していたイエローフラッグ、FCYボードが撤去され、グリーンフラッグが振られることにより、各ドライバーにFCY終了が伝えられます。