【3/30】2020年 F1レギュレーション改訂概要

F1におけるバーチャルセーフティカー(VSC)の運用ルール




 

バーチャルセーフティカーはF1で2015年から採用されているルールで、セーフティカーを配備するほどではないけれども、コース上の特定の場所でダブルイエロー相当の大幅に減速をする必要があるときに導入されます。

 

 

出典:youtube.com

 

バーチャルセーフティカーの導入が決定されると、コース各地に設置してあるFIA灯火パネルに”VSC”が表示されると共に、レースコントロールから各チームへ”VSC DEPLOYED”のメッセージが配信されます。TV国際映像においても同様のメッセージが表示されます。

 

VSC中は全ての競技車両は減速しなければならず追い越しは禁止されます。そして、マーシャルセクター区間を予めFIAによって決められたタイムよりも遅いタイムで走行しなければなりません。

速度はGPSにより15メートルの移動毎の所要時間から算出され随時監視されています。違反したドライバーに対して、スチュワード(レース審査委員会)はペナルティを科すことができます。

マーシャルセクター区間とはコースの各所に設置されているFIA灯火パネル(VSCと表示されるデジタルフラッグ)から次のFIA灯火パネルまでの区間のことです。

レース中においてはタイヤ交換以外の目的でピットインすることが禁止されます。セーフティカー同様にバーチャルセーフティカー導入中もレースの周回数としてカウントされます。

バーチャルセーフティカーの終了手順は、まずレースコントロールから各チームへ”VSC ENDING”のメッセージが配信され、それから10〜15秒後にFIA灯火パネルが”VSC”から緑色に変わりVSC解除となります。

 

バーチャルセーフティカーは2014年第15戦F1日本グランプリで発生した、ジュール・ビアンキ選手の事故を受けて導入が検討されました。第17戦アメリカGPのフリー走行で試験的に導入され、2015年シーズンからバーチャルセーフティカーの運用が開始されました。

国際モータースポーツ競技規則付則H項ではダブルイエロー(黄旗2本振動)区間においては十分な減速をする必要がありますが、徹底されていない事実があるため、強制的に競技車両を減速させることを目的としています。

 

 

2020 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

40) VIRTUAL SAFETY CAR (VSC)

40.1 The VSC procedure may be initiated to neutralise a practice session or a race upon the order of the clerk of the course.
It will normally be used when double waved yellow flags are needed on any section of track and competitors or officials may be in danger, but the circumstances are not such as to warrant use of the safety car itself.

40.2 When the order is given to initiate the VSC procedure a message “VSC DEPLOYED” will be sent to all teams via the official messaging system and all FIA light panels will display “VSC”.

40.3 No car may be driven unnecessarily slowly, erratically or in a manner which could be deemed potentially dangerous to other drivers or any other person at any time whilst the VSC procedure is in use. This will apply whether any such car is being driven on the track, the pit entry or the pit lane.

40.4 When initiated during a race, no car may enter the pits whilst the VSC procedure is in use unless it is for the purpose of changing tyres.

40.5 All competing cars must reduce speed and stay above the minimum time set by the FIA ECU at least once in each marshalling sector and at both the first and second safety car lines (a marshalling sector is defined as the section of track between each of the FIA light panels).
All cars must also be above this minimum time when the FIA light panels change to green (see 40.7 below).
When initiated during a race, the stewards may impose either of the penalties under Article 38.3a), b), c) or d) on any driver who fails to stay above the minimum time as required by the above.

40.6 With the exception of the cases listed under a) to d) below, no driver may overtake another car on the track whilst the VSC procedure is in use.
The exceptions are :

a) When entering the pits a driver may pass another car remaining on the track after he has reached the first safety car line.

b) When leaving the pits a driver may overtake, or be overtaken by, another car on the track before he reaches the second safety car line.

c) Whilst in the pit entry, pit lane or pit exit a driver may overtake another car which is also in one of these three areas.

d) If any car slows with an obvious problem.

40.7 When the clerk of the course decides it is safe to end the VSC procedure the message “VSC ENDING” will be sent to all teams via the official messaging system and, at any time between 10 and 15 seconds later, “VSC” on the FIA light panels will change to green and drivers may continue the session or continue racing immediately. After 30 seconds the green lights will be extinguished.

40.8 Each lap completed whist the VSC procedure is in use during a race will be counted as a race lap.

 

 

 

 

 

関連記事

SUPER GTのフルコースイエロー(FCY)運用ルール

スーパーフォーミュラのフルコースイエロー(FCY)運用ルール

スーパー耐久のフルコースイエロー(FCY)運用ルール

 

 

次の記事へ

F1の無線機の使用に関するルール

 

前の記事へ

F1におけるセーフティカーの運用ルール

 

F1 レース結果