2022年 SUPER GT 第4戦 富士スピードウェイ レース結果

 

2022年 SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ 開催概要

 
2022 AUTOBACS SUPER GT Round 2

FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE

 

富士スピードウェイ

 

 

SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
エントリーリスト

GT500

No. マシン タイヤ ドライバー
3 CRAFTSPORTS MOTUL Z MI 千代 勝正 高星 明誠
8 ARTA NSX-GT BS 野尻 智紀 福住 仁嶺
12 カルソニック IMPUL Z BS 平峰 一貴 ベルトラン バゲット
14 ENEOS X PRIME GR Supra BS 大嶋 和也 山下 健太
16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT DL 笹原 右京 大湯 都史樹
17 Astemo NSX-GT BS 塚越 広大 松下 信治
19 WedsSport ADVAN GR Supra YH 国本 雄資 阪口 晴南
23 MOTUL AUTECH Z MI 松田 次生 ロニー クインタレッリ
24 リアライズコーポレーション ADVAN Z YH 佐々木 大樹 平手 晃平
36 au TOM’S GR Supra BS 坪井 翔 ジュリアーノ アレジ
37 KeePer TOM’S GR Supra BS サッシャ フェネストラズ 宮田 莉朋
38 ZENT CERUMO GR Supra BS 立川 祐路 石浦 宏明
39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra BS 関口 雄飛 中山 雄一
64 Modulo NSX-GT DL 伊沢 拓也 大津 弘樹
100 STANLEY NSX-GT BS 山本 尚貴 牧野 任祐

 

GT300

No. マシン タイヤ ドライバー
2 muta Racing GR86 GT BS 加藤 寛規 堤 優威  
4 グッドスマイル 初音ミク AMG YH 谷口 信輝 片岡 龍也  
5 マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号 YH 冨林 勇佑 平木 玲次  
6 Team LeMans Audi R8 LMS YH 片山 義章 ロベルト メルヒ ムンタン 川端 伸太朗
7 Studie BMW M4 MI 荒 聖治 アウグスト ファルファス 近藤 翼
9 PACIFIC hololive NAC Ferrari DL ケイ コッツォリーノ 横溝 直輝  
10 TANAX GAINER GT-R DL 富田 竜一郎  大草りき 塩津 佑介
11 GAINER TANAX GT-R DL 安田 裕信 石川 京侍  
18 UPGARAGE NSX GT3 YH 小林 崇志 太田 格之進  
20 シェイドレーシング GR86 GT DL 平中 克幸 清水 英志郎  
22 アールキューズ AMG GT3 YH 和田 久 城内 政樹  
25 HOPPY Schatz GR Supra YH 松井 孝允 野中 誠太  
30 apr GR86 GT YH 永井 宏明 織戸 学 平良 響
31 apr GR SPORTS PRIUS GT BS 嵯峨 宏紀 中山 友貴  
34 BUSOU raffinee GT-R DL 柳田 真孝 井出 有治  
48 植毛ケーズフロンティア GT-R YH 井田 太陽 田中 優暉  
50 Arnage MC86 YH 加納 政樹 阪口 良平 末廣 武士
52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT BS 吉田 広樹 川合 孝汰  
55 ARTA NSX GT3 BS 武藤 英紀 木村 偉織  
56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R YH 藤波 清斗 ジョアオ パオロ デ オリベイラ  
60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT DL 吉本 大樹 河野 駿佑  
61 SUBARU BRZ R&D SPORT DL 井口 卓人 山内 英輝  
65 LEON PYRAMID AMG BS 蒲生 尚弥 篠原 拓朗  
87 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3 YH 松浦 孝亮 坂口 夏月  
88 Weibo Primez ランボルギーニ GT3 YH 小暮 卓史 元嶋 佑弥  
96 K-tunes RC F GT3 DL 新田 守男 高木 真一  
244 HACHI-ICHI GR Supra GT YH 佐藤 公哉 三宅 淳詞  
360 RUNUP RIVAUX GT-R YH 青木 孝行 田中 篤 柴田 優作

BS:ブリヂストン
MI:ミシュラン
YH:ヨコハマ
DL:ダンロップ

 

第1戦 岡山国際サーキット大会からの変更点

  • 第1戦を欠場したNo.244 HACHI-ICHI GR Supra GTが参戦
  • No.6 Team LeMans Audi R8 LMSの本山哲選手に代わりドライバーにロベルト・メルヒ・ムンタン選手が加入
  • 6チームが第3ドライバーを登録

 No.3 Studie BMW M4
  近藤翼選手
 No.6 Team LeMans Audi R8 LMS
  川端伸太朗選手
 No.10 TANAX GAINER GT-R
  塩津佑介選手
 No.30 apr GR86 GT
  平良響選手
 No.50 Arnage MC86
  末廣武士選手
 No.360 RUNUP RIVAUX GT-R
  柴田優作選手

 

 

SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
開催概要

レース距離
 456.300km / 100周

レース距離の2/3に相当する周回数
 66周

最大決勝出走台数
 45台

決勝スタート時刻
 14:30

決勝終了時刻 (最大延長時刻)
 18:20

タイヤ持ち込み本数
 ドライタイヤ:最大7セット
 ウェットタイヤ:最大8セット

第3ドライバー
 3人目のドライバーの登録を認める
 決勝での運転距離が120km未満のドライバーにポイントは与えられない

ピットインの義務回数
 決勝レーススタート後に最低2回の給油が義務付けられる

 

 

SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
特別規則書

 

 

タイムスケジュール

2022年5月3日(火)

時間 セッション
7:55~8:45 FIA-F4 公式予選
9:00~10:45 SUPER GT 公式練習
10:55~11:05 SUPER GT FCYテスト
11:15~11:45 PCCJ 公式予選
12:30~13:10 ピットウォーク
13:50~ FIA-F4 第1戦 決勝 (14周)
15:00~ SUPER GT 公式予選
16:55~ PCCJ 第3戦 決勝 (15周)

 

2022年5月4日(日)

時間 セッション
8:00~ FIA-F4 第2戦 決勝 (14周)
9:00~9:20 SUPER GT ドライバートークショー
9:25~10:05 ピットウォーク
10:45~ PCCJ 第4戦 決勝 (15周)
11:45~12:10 SUPER GT ドライバーアピアランス
13:10~13:30 SUPER GT ウォームアップ走行
14:30~ SUPER GT 決勝 (100周)

 

 

サポートレース

 

 

SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
GT300 公式予選Q1 組分け

A組 (14台)

No. チーム
56 KONDO RACING
65 K2 R&D LEON RACING
6 Team LeMans
4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
61 R&D SPORT
34 BUSOU Drago CORSE
30 apr
55 ARTA
88 JLOC
31 apr
360 TOMEI SPORTS
48 NILZZ Racing
22 R’Qs MOTOR SPORTS
96 K-tunes Racing

 

B組 (14台)

No. チーム
18 TEAM UPGARAGE
9 PACIFIC CARGUY Racing
10 GAINER
87 JLOC
11 GAINER
60 LM corsa
20 SHADE RACING
50 Arnage Racing
5 TEAM MACH
2 muta Racing INGING
25 HOPPY team TSUCHIYA
7 BMW Team Studie x CSL
52 埼玉トヨペット Green Brave
244 Max Racing

 

 

 

SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキット 終了時
ポイントスタンディング / サクセスウェイト

GT500【ドライバー】

順位 No. ドライバー ポイント SW[kg]
1 14 大嶋 和也 / 山下 健太 21 42
2 100 山本 尚貴 / 牧野 任祐 15 30
3 23 松田 次生 / ロニー クインタレッリ 11 22
4 38 立川 祐路 / 石浦 宏明 8 16
5 3 千代 勝正 / 高星 明誠 6 12
6 36 坪井 翔 / ジュリアーノ アレジ 5 10
7 12 平峰 一貴 / ベルトラン バゲット 4 8
8 39 関口 雄飛 / 中山 雄一 3 6
9 17 塚越 広大 / 松下 信治 2 4
10 8 野尻 智紀 / 福住 仁嶺 1 2

 

GT300【ドライバー】

順位 No. ドライバー ポイント SW[kg]
1 56 藤波 清斗 / ジョアオ パオロ デ オリベイラ 20 60
2 18 小林 崇志 / 太田 格之進 15 45
3 65 蒲生 尚弥 / 篠原 拓朗 11 33
4 9 ケイ コッツォリーノ / 横溝 直輝 8 24
5 6 本山 哲 / 片山 義章 6 18
6 10 富田 竜一郎 / 大草 りき 5 15
7 4 谷口 信輝 / 片岡 龍也 4 12
8 87 松浦 孝亮 / 坂口 夏月 3 9
9 61 井口 卓人 / 山内 英輝 3 9
10 11 安田 裕信 / 石川 京侍 1 3

 

GT500【チーム】

順位 No. チーム ポイント SW[kg]
1 14 TGR TEAM ENEOS ROOKIE 23 42
2 100 TEAM KUNIMITSU 18 30
3 23 NISMO 14 22
4 38 TGR TEAM ZENT CERUMO 11 16
5 3 NDDP RACING 9 12
6 36 TGR TEAM au TOM’S 8 10
7 12 TEAM IMPUL 7 8
8 39 TGR TEAM SARD 6 6
9 17 Astemo REAL RACING 5 4
10 8 ARTA 4 2
11 37 TGR TEAM KeePer TOM’S 3  
12 16 TEAM Red Bull MUGEN 3  
13 19 TGR TEAM WedsSport BANDOH 2  
14 24 KONDO RACING 2  
15 64 Modulo Nakajima Racing 2  

 

GT300【チーム】

順位 No. チーム ポイント SW[kg]
1 56 KONDO RACING 23 60
2 18 TEAM UPGARAGE 18 45
3 65 K2 R&D LEON RACING 14 33
4 9 PACIFIC CARGUY Racing 11 24
5 6 MOTOYAMA Racing w/ Team LeMans 9 18
6 10 GAINER 8 15
7 4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO 7 12
8 87 JLOC 6 9
9 61 R&D SPORT 5 9
10 11 GAINER 4 3
11 34 BUSOU Drago CORSE 3  
12 60 LM corsa 3  
13 30 apr 3  
14 20 SHADE RACING 3  
15 55 ARTA 3  
16 50 Arnage Racing 2  
17 88 JLOC 2  
18 5 TEAM MACH 2  
19 31 apr 2  
20 2 muta Racing INGING 2  
21 360 TOMEI SPORTS 2  
22 25 HOPPY team TSUCHIYA 1  
23 48 NILZZ Racing 1  
24 7 BMW Team Studie x CSL 1  
25 22 R’Qs MOTOR SPORTS 1  
26 52 埼玉トヨペット Green Brave 1  
27 96 K-tunes Racing 1  

 

 

 

SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
BoP (性能調整)

青文字は第1戦岡山国際サーキット大会からの変更点

GT500クラス

燃料流量リストリクターは95.0kg/hを装着し、 燃料補給装置 給油ホースリストリクター(内径 25.0mm)が引き続き適用される。

 

 

 GT300クラス

GT300

車両 最低車重 エアリストリクター BoP重量 備考
SUBARU BRZ 1150kg None +50kg 過給圧は下表参照
TOYOTA PRIUS #31 1200kg 29.08mm ×2 +80kg BoP重量はHybrid重量含む
TOYOTA SUPRA 1200kg 29.08mm ×2 +50kg  
TOYOTA GR86 1200kg 29.08mm ×2 +50kg  

*2022年JAF国内競技車両規則第3章第10条10.3.2に従った燃料補給装置給油リストリクター(内径φ33.0mm)が適用される。

*最低地上高はスキッドブロック厚 10mm(±2mm)、基準面とスキッドブロックの間にスペーサー15mmを装着とする。

*燃料補給装置給油ホースリストリクター(内径φ27.5mm)が適用される。

 

GT300 Mother Chassis

車両 最低車重 エアリストリクター BoP重量 備考
TOYOTA 86 MC 1100kg 40.00mm x1
28.29mm x2
+55kg  

*2022年JAF国内競技車両規則第3章第10条10.3.2に従った燃料補給装置給油リストリクター(内径φ33.0mm)が適用される。

*最低地上高はスキッドブロック厚 10mm(±2mm)、基準面とスキッドブロックの間にスペーサー15mmを装着とする。

*燃料補給装置 給油ホースリストリクター(内径φ27.5mm)が適用される。

 

FIA-GT3

車両 最低車重 BoP重量 エアリストリクター 備考
HONDA NSX GT3 2022 1260kg +70kg None  
AUDI R8 LMS 2022 1260kg +55kg 37mm x2  
BMW M4 GT3 1265kg +50kg None  
Ferrari 488 GT3 2020 1260kg +30kg None  
Lamborghini HURACAN GT3 2019 1230kg +90kg 40mm x2  
LEXUS RC F GT3 1300kg +35kg 40mm x2  
Mercedes AMG GT3 2020 1285kg +55kg 36mm x2 Lambda Min 0.91
NISSAN GT-R NISMO GT3 1285kg +40kg None  

 

最大過給圧

  GT300 FIA-GT3
SUBARU
BRZ
Ferrari
488 GT3
Honda
NSX GT3
Nissan
GT-R NISMO GT3
BMW
M4 GT3
エンジン回転数
[rpm]
過給圧レシオ @Lambda
4000   1.47 @0.90 1.87 @0.88 1.94 @0.88 2.21 @1.10
4250   1.49 @0.90     2.23 @1.10
4500   1.51 @0.90 1.93 @0.88 1.93 @0.88 2.26 @1.10
4750 3.95 @0.92 1.53 @0.90     2.33 @1.10
5000 3.88 @0.92 1.55 @0.90 1.95 @0.88 1.92 @0.88 2.43 @1.10
5250 3.70 @0.92 1.57 @0.90     2.53 @1.10
5500 3.49 @0.92 1.59 @0.90 1.97 @0.88 1.85 @0.88 2.57 @1.10
5750 3.31 @0.92 1.60 @0.90     2.62 @1.10
6000 3.10 @0.92 1.61 @0.90 1.99 @0.88 1.82 @0.88 2.66 @1.10
6250 2.94 @0.92 1.60 @0.90     2.68 @1.10
6500 2.81 @0.92 1.58 @0.90 2.00 @0.88 1.78 @0.88 2.62 @1.10
6750 2.74 @0.92 1.56 @0.90     2.52 @1.10
6900       1.76 @0.88  
>/ 7000 2.59 @0.92 1.54 @0.90 1.97 @0.88 1.51 @0.88 2.38 @1.10
>/ 7250 2.43 @0.92 1.49 @0.90     2.23 @1.10
>/ 7500 2.29 @0.92 1.47 @0.90 1.94 @0.88   2.10 @1.10
8000   1.30 @0.90 1.50 @0.88    
8100          

*上記過給圧は過給圧レシオであり、GTA が公示する基準大気圧に上記レシオをかけて最大過給圧が決定される。

*チームは各イベントにおいて GTA が発表する現地大気圧に合わせて過給圧を調整しなければならない。

©GTA

 

GT500クラス

燃料流量リストリクターは90.2kg/hを装着し、 燃料補給装置 給油ホースリストリクター(内径 25.0mm)が引き続き適用される。

 

 

 GT300クラス

GT300

車両 最低車重 エアリストリクター BoP
重量
特別BoP
重量
備考
SUBARU BRZ 1150kg None +50kg +35kg 過給圧は下表参照
TOYOTA PRIUS #31 1200kg 29.08mm ×2 +80kg +36kg BoP重量はHybrid重量含む
TOYOTA SUPRA 1200kg 29.08mm ×2 +50kg +36kg  
TOYOTA GR86 1200kg 29.08mm ×2 +50kg +36kg  

*2022年JAF国内競技車両規則第3章第10条10.3.2に従った燃料補給装置給油リストリクター(内径φ33.0mm)が適用される。

*最低地上高はスキッドブロック厚 10mm(±2mm)、基準面とスキッドブロックの間にスペーサー15mmを装着とする。

*燃料補給装置給油ホースリストリクター(内径φ27.5mm)が適用される。

 

GT300 Mother Chassis

車両 最低車重 エアリストリクター BoP
重量
特別BoP
重量
備考
TOYOTA 86 MC 1100kg 40.00mm x1
28.29mm x2
+100kg +33kg  

*2022年JAF国内競技車両規則第3章第10条10.3.2に従った燃料補給装置給油リストリクター(内径φ33.0mm)が適用される。

*最低地上高はスキッドブロック厚 10mm(±2mm)、基準面とスキッドブロックの間にスペーサー15mmを装着とする。

*燃料補給装置 給油ホースリストリクター(内径φ27.5mm)が適用される。

 

FIA-GT3

車両 最低車重 BoP
重量
特別BoP
重量
エアリストリクター 備考
HONDA NSX GT3 2022 1260kg +60kg +51kg None  
AUDI R8 LMS 2022 1265kg +55kg +38kg 37mm x2  
BMW M4 GT3 1265kg +40kg +51kg None  
Ferrari 488 GT3 2020 1260kg +30kg +51kg None  
Lamborghini HURACAN GT3 2019 1230kg +95kg +37kg 39mm x2  
LEXUS RC F GT3 1300kg +20kg +39kg 40mm x2  
Mercedes AMG GT3 2020 1285kg +45kg +39kg 34.5mm x2 Lambda Min 0.92
NISSAN GT-R NISMO GT3 1285kg +35kg +52kg None  

 

最大過給圧

  GT300 FIA-GT3
SUBARU
BRZ
Ferrari
488 GT3
Honda
NSX GT3
Nissan
GT-R NISMO GT3
BMW
M4 GT3
エンジン回転数
[rpm]
過給圧レシオ @Lambda
4000   1.47 @0.90 1.87 @0.88 1.94 @0.88 2.33 @1.10
4250   1.49 @0.90     2.38 @1.10
4500   1.51 @0.90 1.93 @0.88 1.93 @0.88 2.42 @1.10
4750 3.95 @0.92 1.53 @0.90     2.45 @1.10
5000 3.88 @0.92 1.55 @0.90 1.95 @0.88 1.92 @0.88 2.48 @1.10
5250 3.70 @0.92 1.57 @0.90     2.53 @1.10
5500 3.49 @0.92 1.58 @0.90 1.97 @0.88 1.87 @0.88 2.63 @1.10
5750 3.31 @0.92 1.59 @0.90     2.70 @1.10
6000 3.10 @0.92 1.60 @0.90 1.99 @0.88 1.83 @0.88 2.72 @1.10
6250 2.94 @0.92 1.59 @0.90     2.75 @1.10
6500 2.81 @0.92 1.57 @0.90 2.00 @0.88 1.80 @0.88 2.65 @1.10
6750 2.74 @0.92 1.55 @0.90     2.55 @1.10
6900       1.78 @0.88  
>/ 7000 2.59 @0.92 1.54 @0.90 1.98 @0.88 1.51 @0.88 2.38 @1.10
>/ 7250 2.43 @0.92 1.49 @0.90     2.23 @1.10
>/ 7500 2.29 @0.92 1.47 @0.90 1.94 @0.88   2.10 @1.10
8000   1.30 @0.90 1.50 @0.88    
8100          

*上記過給圧は過給圧レシオであり、GTA が公示する基準大気圧に上記レシオをかけて最大過給圧が決定される。

*チームは各イベントにおいて GTA が発表する現地大気圧に合わせて過給圧を調整しなければならない。

©GTA

 

 

 

レース結果

 

 

過去のレース結果

 

 

観戦情報

自由席観戦券 (土日有効)
6,600円 (前売)

 

 

 

TV放映・配信

J SPORTS
J SPORTS オンデマンド

公式予選
 J SPORTS 3 / オンデマンド
 5/3(火) 14:50~

決勝
 J SPORTS 4 / オンデマンド
 5/4(水) 14:00~