SUPER GTとは

1994年にSUPER GTの前身となる全日本GT選手権(JGTC)がスタートし、2005年にSUPER GTへ名称変更すると共にFIA公認の国際レースとなりました。

レース車両の外見は市販車がベースとなっていますが、中身は市販車と全く別物のレース専用車両となっています。SUPER GTの特徴として車両規定の異なった『GT500』クラスと『GT300』クラスの2クラスの車両が混走しレースが行われます。


出典:toyotagazooracing.com

 

 

GT500クラス / GT300クラス

GT500クラスとGT300クラスはそれぞれに車両規定が定められていますが、GT500クラスの方がパワフルで高性能な車両となっており、LEXUS、NISSAN、Hondaの自動車メーカー3社が参戦しています。

GT300クラスにはプライベーターと呼ばれる自動車メーカーではない、レーシングチームやチューニングショップがベースとなったチームが多く参戦しています。世界のGTカーレースのスタンダードとなっているFIA-GT3規定車両によるGT300クラスへの参戦が認められており、近年はFIA-GT3車両の参戦が増えてきました。

車両の性能差はSUPER GTを主催するGTAによって管理され、レース毎にBop(Balance of Performance)と呼ばれる性能調整が発表されます。その中で車両重量、エアリストリクター径、最大加給圧などが決められており、車両の違いによる性能差を少なくすることでイコールコンディションを保つようにしています。

 

タイヤはマルチメイク

SUPER GTで使用されるタイヤはブリヂストン、ミシュラン、ヨコハマタイヤ、ダンロップといった複数のタイヤメーカーから供給されています。車両だけではなくタイヤの開発においても激しい争いが行われています。

 

ドライバーは1チーム2名

SUPER GTでは1チームあたり2名のドライバーを登録する必要があり、レース途中でピットインしドライバー交替することが規則で義務付けられています。

 

ウエイトハンディ

獲得したポイントに応じてマシンにウエイトハンディを積載しなければならない独自のルールがあります。ウエイトを積むことにより車両の運動性能が落ちるため、シリーズを通して勝ち続けることが難しいシリーズとなっており、レースは常に接戦となります。

 

コースレコード

GT500クラス

サーキット マシン ドライバー タイム シーズン
岡山国際サーキット KeePer TOM’S RC F 平川 亮 1分18秒126 2016年
富士スピードウェイ S Road CRAFTSPORTS GT-R 千代 勝正 1分27秒366 2016年
オートポリス  カルソニック IMPUL GT-R J-P.デ オリベイラ 1分32秒835 2015年
スポーツランドSUGO WAKO’S 4CR RC F 大嶋 和也 1分10秒516 2016年
鈴鹿サーキット  ARTA NSX-GT J-P.デ オリベイラ 1分44秒319 2018年
チャーンインターナショナルサーキット WedsSport ADVAN RC F 関口 雄飛 1分24秒307 2016年
ツインリンクもてぎ MOTUL AUTECH GT-R ロニー クインタレッリ 1分36秒316 2017年

 

GT300クラス

サーキット マシン ドライバー タイム シーズン
岡山国際サーキット LEON CVSTOS AMG  蒲生 尚弥 1分25秒044 2017年
富士スピードウェイ ARTA BMW M6 GT3 小林 崇志 1分35秒707 2016年
オートポリス  シンティアム アップル ロータス 加藤寛規 1分43秒001 2015年
スポーツランドSUGO VivaC 86 MC  松井 孝允 1分17秒493 2016年
鈴鹿サーキット  K-tunes RC F GT3 牧野 任祐 1分55秒531 2018年
チャーンインターナショナルサーキット VivaC 86 MC 松井 孝允 1分32秒102 2016年
ツインリンクもてぎ グッドスマイル 初音ミク AMG 片岡 龍也 1分46秒076 2017年

 

 

SUPER GT ロゴマーク

©GTA

 

2018年 SUPER GT 主な規則変更内容

GT500クラス、燃料流量リストリクター数値の調整

2017年からGT500クラスはウエイトハンディが50kgを超えた場合は車載ウエイトに加えて燃料流量リストリクター径の調整が加えられていましたが、2018年は燃料流量が見直され、2017年よりもウエイトハンデがより厳しくなりました。

ウエイトハンディ 車載ウエイト 燃料流量リストリクター
0~50kg 0~50kg 95.0kg/h
51~67kg 34~50kg 92.4 → 91.8kg/h
68~84kg 34~50kg 89.8 → 88.6kg/h
85~100kg 35~50kg 87.4 → 85.5kg/h

 

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第23条 ウェイトハンディ制

 

GT300クラス、公式予選Q1で組み分けを実施

2018年からエントリー台数の増加に伴い、GT300クラスの公式予選Q1で組み分け方式(A組/B組)が採用される場合があることが決定されました。組み分けを実施するかどうかはレース開催前にGTAから発表されます。

組み分けは前大会の競技結果成績(チーム順位)に基づき、基数順位がA組、偶数順位がB組となります。

組み分けがない場合、Q1は全車走行の10分間セッションが行われます。
上位14台がQ2へ進出し、15位以下はグリッド決定となります。

組み分けがある場合、Q1は最初にGT300 A組による10分間のセッションが行われ、5分間のインターバルの後、GT300 B組による10分間のセッションが行われます。
各組の上位7台ずつ、合計14台がQ2へ進出。15位以下はグリッド決定となります。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第29条 プラクティスセッション(公式予選等)

 

決勝スタート時の2列隊列走行の厳格化

2018年から決勝スタート時の2列隊列走行の厳格化がスポーティングレギュレーションにより規定されました。グリッドボードが提示されてからスタートシグナル(グリーンライト)が点灯するまではポールポジション車両による先導で速度は80~90km/hに制限され、加減速することが禁止されました。

また、これまでシグナルによるスタート合図(レッドシグナル点灯→グリーンシグナル点灯)はGT500クラスのみに行われていましたが、2018年からGT300クラスに対しても行われることになりました。GT500クラス同様にスタートシグナルの点灯まで90km/hを超えて走行することが禁止されます。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第32条 スタート手順

 

GTA指定レースでのエアコンまたはクールスーツの搭載義務付け

GTAが指定する大会においては、車両にエアコンを搭載するか、クールスーツシステムを搭載することが義務付けられました。タイ大会や夏場に開催されるレースでは暑さが懸念され、エアコンやクールスーツによってドライバーの体調管理が行われてきましたが、軽量化のためエアコンもクールスーツも搭載しないという作戦が存在してきました。今回のレギュレーション変更により、そのような作戦が禁止されることになります。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第25条 参加車両

 

燃料補給中の窓拭きウィンドウフィルム剥がしが許可

レース中のピットストップ作業において、燃料補給中はドライバーの乗降などレギュレーションで定められた一部の作業しか行うことが認められていませんでしたが、2018年からは燃料補給中に窓拭きやウィンドウフィルム剥がしの作業が認められることになりました。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第27条 ピットエリア

 

2018年 SUPER GT スケジュール

開催日 ラウンド 開催地 レース結果
4/7~4/8 第1戦 岡山国際サーキット リザルト
5/3~5/4 第2戦 富士スピードウェイ  リザルト
5/19~5/20 第3戦 鈴鹿サーキット リザルト 
6/30~7/1 第4戦 チャーンインターナショナルサーキット  
8/4~8/5 第5戦 富士スピードウェイ  
9/15~9/16 第6戦 スポーツランドSUGO  
10/20~10/21 第7戦 オートポリス  
11/10~11/11 第8戦 ツインリンクもてぎ  

 

公式合同テスト

日程 開催地
3/17〜3/18 岡山国際サーキット
3/24〜3/25 富士スピードウェイ
4/16〜4/17 鈴鹿サーキット
10/4〜10/5 ツインリンクもてぎ

 

レース距離

SUPER GTのレース距離は250〜1000kmを超えた最初の周回と規定されています。

SUPER GTでは基本的にレース距離を300kmとし、富士スピードウェイでの開催については500km(第2戦)、500マイル(第5戦)と通常よりも長い距離のレースとなっています。ツインリンクもてぎで開催される最終戦は250kmとなっています。

鈴鹿サーキットでの開催は2017年まで1000kmのレース距離で行われていましたが、2018年から鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10 HOURS)が開催されることにより、2018年シーズンからレース距離は300kmに変更となりました。

 

2018年 SUPER GT レース距離

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 岡山国際サーキット 82周 300km
第2戦 富士スピードウェイ 110周 500km
第3戦 鈴鹿サーキット 173周 300km
第4戦 チャーンインターナショナルサーキット 66周 300km
第5戦 富士スピードウェイ 66周 500Mile
第6戦 スポーツランドSUGO 81周 300km
第7戦 オートポリス 65周 300km
第8戦 ツインリンクもてぎ 53周 250km

 

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第6条 SUPER GTシリーズ競技会

 

エントリー

 2018 SUPER GT シリーズエントリー

GT500クラス

マシン No. タイヤ ドライバー
KeePer TOM’S LC500 1 BS 平川 亮 ニック キャシディ
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 3 MI 本山 哲 千代 勝正
WAKO’S 4CR LC500 6 BS 大嶋 和也 フェリックス ローゼンクヴィスト
ARTA NSX-GT 8 BS 野尻 智紀 伊沢 拓也
カルソニック IMPUL GT-R 12 BS 佐々木 大樹 ヤン マーデンボロー
MOTUL MUGEN NSX-GT 16 YH 武藤 英紀 中嶋 大祐
KEIHIN NSX-GT 17 BS 塚越 広大 小暮 卓史
WedsSport ADVAN LC500 19 YH 国本 雄資 山下 健太
MOTUL AUTECH GT-R 23 MI 松田 次生 ロニー クインタレッリ
フォーラムエンジニアリング ADVANGT-R 24 YH ジョアオ パオロ デ オリベイラ 高星 明誠
au TOM’S LC500 36 BS 中嶋 一貴 関口 雄飛
ZENT CERUMO LC500 38 BS 立川 祐路 石浦 宏明
DENSO KOBELCO SARD LC500 39 BS ヘイキ コバライネン 小林 可夢偉
EPSON Modulo NSX-GT 64 DL ベルトラン バゲット 松浦 孝亮
RAYBRIG NSX-GT 100 BS 山本 尚貴 ジェンソン バトン

 

GT300クラス

マシン No. タイヤ ドライバー
グッドスマイル 初音ミク AMG 0 YH 谷口 信輝 片岡 龍也
シンティアム アップル ロータス 2 YH 高橋 一穂 加藤 寛規
マッハ車検 MC86 Y’s distraction 5 YH 坂口 夏月 平木 湧也
D’station Porsche 7 YH 藤井 誠暢 スヴェン ミューラー
GULF NAC PORSCHE911 9 YH 久保 凜太郎 石川 京侍
GAINER TANAX triple a GT-R 10 YH 星野 一樹 吉田 広樹
GAINER TANAX GT-R 11 YH 平中 克幸 安田 裕信
UPGARAGE 86 MC 18 YH 中山 友貴 小林 崇志
Hitotsuyama Audi R8 LMS 21 DL リチャード ライアン 富田 竜一郎
アールキューズ AMG GT3 22 YH 和田 久 城内 政樹
HOPPY 86 MC 25 YH 松井 孝允 坪井 翔
TAISAN R8 FUKUSHIMA 26 YH 山田 真之亮 川端 伸太朗
TOYOTA PRIUS
apr GT
30 YH 永井 宏明 佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS
apr GT
31 BS 嵯峨 宏紀 平手 晃平
Modulo KENWOOD NSX GT3 34  YH 道上 龍 大津 弘樹
arto RC F GT3 35 YH ナタウッド ジャルーンスルカワッタナ ナタポン ホートンカム
植毛 GT-R 48  YH 田中 勝輝 飯田 太陽
EXE AMG GT3 50 YH  加納 政樹 安岡 秀徒
埼玉トヨペットGreenBrave マークX MC 52 YH  番場 琢 脇阪 薫一
ARTA BMW M6 GT3 55 BS 高木 真一 ショーン ウォーキンショー
SYNTIUM LM corsa RC F GT3 60 YH 吉本 大樹 宮田 莉朋
SUBARU BRZ R&D SPORT 61 DL 井口 卓人 山内 英輝
LEON CVSTOS AMG 65 BS 黒澤 治樹 蒲生 尚弥
リーガルフロンティア ランボルギーニGT3 87 YH 佐藤 公哉 元嶋 佑弥
マネパ ランボルギーニ GT3 88 YH 平峰 一貴 マルコ マッペリ
K-tunes RC F GT3 96 BS 新田 守男 中山 雄一
EIcars BENTLEY 117 YH 井出 有治 阪口 良平
RUNUP RIVAUX GT-R 360 YH 柴田 優作 田中 篤
CARGUY ADA NSX GT3 777 YH 横溝 直輝 木村 武史

BS:ブリヂストン MI:ミシュラン YH:ヨコハマ DL:ダンロップ

 

最大エントリー台数

2017年からSUPER GTの最大エントリー台数は48台とレギュレーションで規定されました。

2018 SUPER GT Race Series Participation Regulations - 8 公式登録基準

 

2018年 SUPER GT 決勝最大出場台数

決勝へ出場できる台数は開催するサーキットの使用できるピットの数によって決まります。

2018年の決勝最大出場台数は2017年の決勝最大出場台数から変更はありません。

ほとんどのサーキットにおいてはGT500クラスとGT300クラス合わせて45台ですが、スポーツランドSUGOは43台、タイのチャーンインターナショナルサーキットは42台となっています。

ラウンド 開催地 決勝最大出場台数
第1戦 岡山国際サーキット 45台
第2戦 富士スピードウェイ 45台
第3戦 鈴鹿サーキット 45台
第4戦 チャーンインターナショナルサーキット 42台
第5戦 富士スピードウェイ 45台
第6戦 スポーツランドSUGO 43台
第7戦 オートポリス 45台
第8戦 ツインリンクもてぎ 45台

 

ゼッケン

SUPER GTに参戦する各車両に付けられるゼッケンナンバーは2から999の間の数字を選択することができます。ただし、前シーズンに参戦していた車両のゼッケンナンバーは次シーズンでも使用できる優先権があります。

ゼッケンナンバー1はGT500クラスの前年度チャンピオンに使用する権利が与えられます。
また、GT300クラスの前年度チャンピオンにはゼッケンナンバー0を使用する権利が与えられます。

2018年シーズンにおいては、GT500クラスの2017年チャンピオンであるKeePer TOM’S LC500がゼッケンナンバー1、GT300クラスの2017年チャンピオンであるグッドスマイル 初音ミク AMGがゼッケンナンバー0を使用しています。

 

1 / 41234