2022年 F1 第7戦 モナコGP 開催概要

 

2022年 SUPER GTの『レース距離』『レース時間』

2022年

 

SUPER GTのレース距離は250〜1000kmを超えた最初の周回と規定されています。

これまでに開催されてきたSUPER GTのレース距離は300kmを基本としてきましたが、富士スピードウェイや鈴鹿サーキットでは300kmを超える長距離のレースが開催されることもありました。

また、モビリティリゾートもてぎ(ツインリンクもてぎ)では300kmよりも短い250kmのレース距離で開催されてきましたが、2020年シーズンからレース距離が300kmに改められました。

SUPER GTを統括するGTアソシエイションは長距離のレース数を増やしたい意向であることを発表していることから、今後は長距離のレースが開催されると考えられ、更なる拡大も期待できそうです。

 

2020年シーズンのSUPER GTは新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大の影響による開催スケジュールの変更のため、すべての大会のレースの距離は300kmで統一されました。

2021年シーズンは300kmのレース距離を基本とし富士スピードウェイで開催された第2戦は500kmの長距離で争われました。

2022年3月5日、GTアソシエイションは2022年シーズンの各大会のレース距離を発表しました。富士スピードウェイでの2戦と鈴鹿サーキットでの1戦はレース距離が450km、その他の開催地では300kmとなることが明らかにされました。

 

 

AUTOBACS SUPER GT SERIES
2022年 レース距離

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 岡山国際サーキット 82周 300km
第2戦 富士スピードウェイ 99周 450km
第3戦 鈴鹿サーキット 52周 300km
第4戦 富士スピードウェイ 99周 450km
第5戦 鈴鹿サーキット 78周 450km
第6戦 スポーツランドSUGO 84周 300km
第7戦 オートポリス 65周 300km
第8戦 モビリティリゾートもてぎ 63周 300km

 

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 岡山国際サーキット 82周 300km
第2戦 富士スピードウェイ 110周 500km
第3戦 鈴鹿サーキット 52周 300km
第4戦 ツインリンクもてぎ 63周 300km
第5戦 スポーツランドSUGO 81周 300km
第6戦 オートポリス 65周 300km
第7戦 ツインリンクもてぎ 63周 300km
第8戦 富士スピードウェイ 66周 300km

 

 

SUPER GTのレース時間

F1ではレースの最大時間は2時間とレギュレーションで定められています。

SUPER GTではレースごとにレース距離が異なるため、レースの終了時刻は決められていますが、レギュレーション(SUPER GT Sporting Regulations)では規定されていません。

大会ごとに発行される『大会特別規則書』にレースの終了時刻が記載されます。

規定された周回数に達していなくても、レースの終了時刻になった時点でその周回が最終周(ファイナルラップ)となります。

 

 

アーカイブ