【3/3新着】2021年 スーパー耐久の9種類の『クラス分け』

 

2021年 SUPER GTの『レース距離』『レース時間』

2021年

 

SUPER GTのレース距離は250〜1000kmを超えた最初の周回と規定されています。

2020年シーズンのSUPER GTは新型コロナウイルスの感染拡大の影響のため、開催サーキットを『富士スピードウェイ』、『鈴鹿サーキット』、『ツインリンクもてぎ』の3箇所に限定して行われました。また、すべてのレースの距離は300kmで統一されました。

これまで、250kmのレース距離で開催されてきたツインリンクもてぎでのレースにおいても2020年シーズンは300kmで開催されました。

新型コロナウイルスの影響を受けなかった2019年シーズンのSUPER GTのレースは基本的に300kmで争われました。富士スピードウェイでの開催においては500km(第2戦)と500マイル(第5戦)と通常よりも長い距離でレースが行われました。ツインリンクもてぎでの開催は他のレースよりも短い250kmのレース距離で行われました。

2021年シーズンのSUPER GTにおけるレース距離は決定次第、掲載します。

 

 

AUTOBACS SUPER GT SERIES
2021年 レース距離

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 岡山国際サーキット 未定 未定
第2戦 富士スピードウェイ 未定 未定
第3戦 鈴鹿サーキット 未定 未定
第4戦 ツインリンクもてぎ 未定 未定
第5戦 スポーツランドSUGO 未定 未定
第6戦 オートポリス 未定 未定
第7戦 ツインリンクもてぎ 未定 未定
第8戦 富士スピードウェイ 未定 未定

 

2020年 SUPER GT レース距離

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 富士スピードウェイ 66周 300km
第2戦 富士スピードウェイ 66周 300km
第3戦 鈴鹿サーキット 52周 300km
第4戦 ツインリンクもてぎ 63周 300km
第5戦 富士スピードウェイ 66周 300km
第6戦 鈴鹿サーキット 52周 300km
第7戦 ツインリンクもてぎ 63周 300km
第8戦 富士スピードウェイ 66周 300km

 

2019年 SUPER GT レース距離

ラウンド 開催地 周回数 レース距離
第1戦 岡山国際サーキット 82周 300 km
第2戦 富士スピードウェイ 110周 500 km
第3戦 鈴鹿サーキット 173周 300 km
第4戦 チャーンインターナショナルサーキット 66周 300 km
第5戦 富士スピードウェイ 66周 500 mile
第6戦 オートポリス 65周 300 km
第7戦 スポーツランドSUGO 81周 300 km
第8戦 ツインリンクもてぎ 53周 250 km

 

 

SUPER GTのレース時間

F1ではレースの最大時間は2時間とレギュレーションで定められています。

SUPER GTではレースごとにレース距離が異なるため、レースの終了時刻は設定されますが、レギュレーション(SUPER GT Sporting Regulations)では規定されません。

大会ごとに発行される『大会特別規則書』にレースの終了時刻が記載されます。規定された周回数に達していなくても、レースの終了時刻になった時点でその周回が最終周(ファイナルラップ)となります。

 

 

アーカイブ

2020年 SUPER GTのレース距離

 

 

SNSでシェアする