ABB FIA Formula E World Championship【2022-2023年】

 

2022年 スーパーフォーミュラの『レース距離』『レース時間』

2022年

 

スーパーフォーミュラのレースフォーマットは『1大会1レース制』、『1大会2レース制』、『1大会2ヒート制』の3種類があります。

 

  • 1大会1レース制
  • 1大会2レース制
  • 1大会2ヒート制

 

近年のスーパーフォーミュラではほとんどの大会が『1大会1レース制』で行われています。最近では2016年に鈴鹿サーキットで『1大会2レース制』が行われたことがあります。

1大会2ヒート制は1大会2レース制のようにレースを2回開催するフォーマットですが、基本的に、1ヒート目の結果によって2ヒート目のスターティンググリッドが決まり、2ヒート目の結果がレース結果になります。

ひとつのレースを前半(1ヒート目)と後半(2ヒート目)に分けて開催するようなフォーマットとなっていますが、近年のスーパーフォーミュラでは1大会2ヒート制のフォーマットで開催されたことはありません。

 

2022年シーズンのレースフォーマット

2022年1月31日、JRPは2022年シーズンのスーパーフォーミュラのレースフォーマットを明らかにし、2021年シーズンと同様にすべての大会においてレース中の給油は行わず、180km前後のレース距離で争われることが発表されました。

また、富士スピードウェイ、モビリティリゾートもてぎ、鈴鹿サーキットの3大会は『1大会2レース制』のフォーマットで開催されることも発表されました。

2022年シーズンのスーパーフォーミュラは全7大会、全10戦で争われます。

2022年シーズンのスーパーフォーミュラは1大会2レース制のレースフォーマットに向けたポイントシステムの見直しなどのレギュレーション変更が行われたことから、2023年シーズン以降も1大会2レース制のレースフォーマットが拡大していく可能性があります。

 

 

スーパーフォーミュラのレース距離

スーパーフォーミュラのレース距離は『1大会1レース制』、『1大会2レース制』、『1大会2ヒート制』の場合でそれぞれ異なります。

2020年シーズンは、すべての大会において『1大会1レース制』で開催されましたが、新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大による影響に伴い、公式予選と決勝を日曜日の1日で開催するワンデー開催となりました。

その一環で、レース中の給油が廃止され、レース距離は燃料がフルタンクの状態で走行できる距離を考慮して、各大会ごとに決められることになりました。

2021年シーズンは、2020年シーズンと同様に『1大会1レース制』で開催されましたが、土曜日に公式予選を行い日曜日に決勝を行う、2019年シーズン以前と同様の2日間で開催されました。

レース距離はレース中の給油が廃止となった2020年シーズンと同等の距離(170~190km程度)で争われましたが、2022年シーズンもこのレース距離が継続されます。

また、2022年シーズンは富士スピードウェイ、モビリティリゾートもてぎ、鈴鹿サーキットで開催される3大会においては『1大会2レース制』のフォーマットで開催されます。

 

1大会 1レース制

1大会1レース制の場合、レース距離は、『最短110km、最長300km』と定められています。

 

1大会 2レース制

1大会2レース制の場合、各々のレース距離は、『最短110km、最長300km』と定められています。

 

1大会 2ヒート制

1大会2ヒート制の場合、1ヒートのレース距離は『最短75km、最長180km』とし、1ヒートと2ヒートのレース距離の合計は『300km以内』と定められています。

ヒート制とは1ヒートと2ヒートの2レースが行われ、1ヒートの結果が2ヒートのグリッド順になります。レース結果は2ヒートの結果で決定されます。

 

 

スーパーフォーミュラのレース時間

スーパーフォーミュラのレース時間はレース距離が300kmに設定されている場合は最大で2時間と定められています。

スタートから2時間が経過した時点の周回がファイナルラップ(最終周)となります。

レース中、レッドフラッグが振られ、レース中断となった場合、中断時間を含む最大レース時間は最大で4時間と定められています。

2022年シーズンはすべての大会において180km前後のレース距離で争われますが、レース距離が300kmに満たない場合のレース時間については、各大会ごとに発行される特別規則書に定められます。

 

 

2022年 スーパーフォーミュラのレース距離

ラウンド 開催地 レース
周回数
レース
距離
第1戦 富士スピードウェイ 41周 187.083km
第2戦 富士スピードウェイ 41周 187.083km
第3戦 鈴鹿サーキット 31周 180.017km
第4戦 オートポリス 42周 196.308km
第5戦 スポーツランドSUGO 53周 190.058km
第6戦 富士スピードウェイ 41周 187.083km
第7戦 モビリティリゾートもてぎ 37周 177.637km
第8戦 モビリティリゾートもてぎ 37周 177.637km
第9戦 鈴鹿サーキット 31周 180.017km
第10戦 鈴鹿サーキット 31周 180.017km

 

【参考】2021年 スーパーフォーミュラのレース距離、レース時間

ラウンド 開催地 レース
周回数
最大
レース時間
第1戦 富士スピードウェイ 41周 70分
第2戦 鈴鹿サーキット 30周 70分
第3戦 オートポリス 42周 75分
第4戦 スポーツランドSUGO 53周 70分
第5戦 ツインリンクもてぎ 35周 70分
第6戦 ツインリンクもてぎ 35周 70分
第7戦 鈴鹿サーキット 30周 70分

 

 

レギュレーション

2022年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 統一規則

第6条 参加車両

5. 本競技会のレース距離は、下記の通りとする。
1) 1大会1レース制の場合は、最短110km、最長300kmとする。
2) 1大会2レース制の場合は、各々のレースを最短110km、最長300kmとする。
3) 1大会2ヒート制の場合は、1ヒート最短75km、最長180kmとし、合計300km以内とする。

6. レース終了は、フィニッシュライン(最終のコントロールライン)を基準として管理される。ここでいうコントロールラインとは、コースおよびピットレーンの双方を交差する単一の直線を指す。
1) レース距離が300km設定の競技会について、設定距離が走破される前に2時間が経過した場合は、この時間が経過した後にレース先頭車両がラインを通過した時点で、レース終了の合図が提示される。(赤旗中断の場合は、中断の時間を除き、所要時間が2時間に達した時点で提示される。)
2) レースが中断された場合、中断時間を含む最大総レース時間は4時間を上限とする。
3) レース距離が300km 未満に設定された場合は、上記のレース終了合図が提示されるまでの時間と最大総レース時間は短縮され、その時間は特別規則にて発表される。

 

 

アーカイブ