2024年 F1 第8戦 モナコGP 開催概要

 

ロサイル インターナショナル サーキット

 

サーキット データ

コース全長 5.380km

 

コースレコード 1’23.196

マックス フェルスタッペン
レッドブル ホンダ
(2021年)

 

 

ロサイル インターナショナル サーキット
コースレイアウト

 

 

ロサイル インターナショナル サーキットの特徴

2021年シーズンのF1は全23戦で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大の影響により、カナダグランプリ、シンガポールグランプリ、日本グランプリ、オーストラリアグランプリが開催中止となりました。

それらの代替として、オーストリアグランプリが2戦の開催となったり、トルコグランプリが追加で開催されるなど、F1は状況に応じて開催地やスケジュールの見直しを行ってきました。

2021年8月28日、F1は当初の計画よりも1戦少ない、全22戦で2021年シーズンのF1を開催することを発表しましたが、第20戦については開催地が未定の状態となっていました。そして、2021年9月30日、F1は開催地未定となっていた第20戦をカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開催することを発表しました。

カタールグランプリとして、2021年に初めてF1がカタールで開催されることになりました。また、2023年から10年に渡って、F1カタールグランプリを開催していくことも併せて発表されました。

ロサイル・インターナショナル・サーキットは2004年に建設され、二輪レースの最高峰であるMotoGPの開催地のひとつとして有名なサーキットです。

照明設備があり、MotoGPはナイトレースとして開催されていますが、2021年のF1カタールグランプリではアブダビグランプリと同様に夕暮れからナイトレースへ変化する『トワイライトレース』として開催されました。

ロサイル・インターナショナル・サーキットはメインストレートは1kmと長いものの、メインストレート以外のセクションはコーナーが連続するテクニカルセクションとなっているため、F1でのオーバーテイクポイントは限られていると言えます。

 

 

F1 カタール グランプリ
歴代ウィナー

開催年 ドライバー チーム タイム
2021 ルイス ハミルトン メルセデス 1:24’28.471

 

 

F1 カタール グランプリ
歴代ポールポジション

開催年 ドライバー チーム タイム
2021 ルイス ハミルトン メルセデス 1’20.827

 

 

MAP

 

関連サイト