【12/1新着】F1 第15戦 バーレーンGP クビアト選手とストロール選手の接触

 

シグナルの意味(5) レース中断時の点灯方法

 

これまで、プラクティスセッションにおけるシグナルの点灯方法、レーススタート時のシグナルの点灯方法、スタートディレイ発生時のシグナルの点灯方法について解説しました。

シグナルの意味(1) プラクティスセッションでの点灯方法

シグナルの意味(2) レーススタートでの点灯方法①

シグナルの意味(3) レーススタートでの点灯方法②

シグナルの意味(4) スタートのやり直し時の点灯方法

 

今回はレース中に赤旗が提示されてから、レースが再開されるまでの間のシグナルの点灯方法について解説します。これまでと同様に、ここに記載している内容は『Recommended light signals for standing starts in circuit events』に記載の内容を日本語でわかりやすく解説したものになります。

FIAが定める方法以外でシグナルを運用する場合には、特別規則書に記載するなどして、ドライバーやチームへ周知する必要があります。

 

 

レース中に赤旗が提示されレースが中断

レース中、赤旗が提示され、レースが一時中断となった場合、レッドシグナルが点灯し、さらにオレンジシグナルが点滅します。これがレース中断の合図となります。

ピットロード出口のシグナルはレース中と変わらずグリーンが点灯したままとなります。

 

赤旗が提示されると、すべての競技車両は赤旗ラインの手前に整列しなければなりません。F1の場合、赤旗ラインはピットロード出口に設定されているため、競技車両はピットロードに整列します。

赤旗 (レッドフラッグ)

 

レース中断

レースが中断となっている間、スタートシグナルは消灯したままの状態となります。ピットロード出口のシグナルはグリーンの点灯が継続します。

 

レース再開 10分前

レース再開時刻が決定し、レース再開時刻の10分前になると、レッドシグナルが2回点滅し、その後、点灯状態となります。ピットロード出口のシグナルはレッドが点灯します。

 

レース再開 3分前

レース再開時刻の3分前になると、レッドシグナルが2列だけ消灯します。以降のシグナルの点灯は、通常のフォーメーションラップ開始時と同じ手順でカウントダウンが行われます。

 

レース再開時刻になるとセーフティカー先導でレースが再スタートします。その後はセーフティカーの運用ルールに準拠します。

F1の場合は、レース再開後の周回の最後にセーフティカーがピットインし、競技車両はグリッドに着き、スタンディングスタートでレースが再開されます。

 

まとめ

これまで、5回にわたってFIAが定めるシグナルの運用方法について解説してきました。複雑な運用方法は特にありませんので、一度、理解しておくと、モータースポーツ観戦に役立つのではないでしょうか。レースシリーズ独自のシグナルの運用方法がある場合は、ここで紹介した内容と異なりますので注意が必要です。今後も新しいシグナルの運用方法が追加された際には、その都度、解説していきたいと考えています。

 

関連サイト

 

 

   \ シェアする /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です