【5/8】F1 第4戦 スペインGP 第4戦 公式予選結果

 

2021年 SUPER GTの『サクセスウェイト』制度

2021年

 

SUPER GTではドライバーが獲得したポイントに応じて、ウェイトハンディを積載しなければならないルールがあります。

2020年シーズンまでは『ウェイトハンディ』の名称で親しまれてきましたが、2021年シーズンから『サクセスウェイト』へ名称変更されることになりました。

レーシングカーの車両重量は運動性能に直結するため、サクセスウェイトを積載することによって速いマシンがレースを勝ち続けるのは難しくなります。そのため、SUPER GTでは常にレースは接戦となりレースがより面白くなります。

サクセスウェイトの上限は100kgです。最終戦はサクセスウェイト無しで行われます。

 

 

GT500クラスのサクセスウェイト

GT500クラスのサクセスウェイトは第6戦までは『獲得ポイント×2kg』で算出することができます。

第7戦は『獲得ポイント×1kg』、第8戦はサクセスウェイト無しと定められています。

 

第6戦まで
獲得ポイント × 2kg

第7戦
獲得ポイント × 1kg

第8戦
サクセスウェイト無し

 

GT500クラスは燃料流量リストリクターを併用

GT500クラスはサクセスウェイトが50kgを超えた場合は下表に従って、車載ウェイトに加えて燃料流量リストリクター径の調整が加えられます。

GT500クラスの燃料流量リストリクターによる調整は2017年シーズンから導入されています。

サクセスウェイトに応じて燃料流量リストリクターの径が3段階に調整されます。燃料の流量が制限されると、エンジンの出力が低下するため、加速の伸びや最高速度が落ち、結果としてラップタイムは遅くなります。

サクセスウェイトの上限は100kgですが、GT500クラスの場合は『車載ウェイトを50kg積載し、燃料流量リストリクターは88.0kg/h』となります。

2020年シーズンにおける燃料流量リストリクターによる流量の数値は2019年シーズンから変更はありませんでした。

2021年シーズンにおける燃料流量リストリクターによる流量の数値は2020年シーズンから若干変更が加えられました。

 

サクセスウェイト 車載ウェイト 燃料流量
リストリクター
0~50kg 0~50kg 95.0kg/h
51~67kg 34~50kg 92.6kg/h
68~84kg 34~50kg 90.2kg/h
85~100kg 35~50kg 88.0kg/h

 

ウエイトハンディ 車載ウエイト 燃料流量
リストリクター
0~50kg 0~50kg 95.0kg/h
51~67kg 34~50kg 91.8kg/h
68~84kg 34~50kg 88.6kg/h
85~100kg 35~50kg 85.5kg/h

 

GT300クラスのサクセスウェイト

GT300クラスのサクセスウェイトは第6戦までは『獲得ポイント×3kg』で計算することができます。

第7戦は『獲得ポイント×1.5kg』、第8戦はサクセスウェイト無しと定められています。

2020年シーズンからサクセスウェイトの重量が2019年シーズンよりも1.5倍となりました。

 

第6戦まで
獲得ポイント × 3kg

第7戦まで
獲得ポイント × 1.5kg

第8戦
サクセスウェイト無し

 

 

サクセスウェイトステッカー

サクセスウェイトを搭載する車両はリアウィンドウにサクセスウェイトステッカーを貼付し、搭載しているサクセスウェイトの重量を表示しなければなりません。

sgt_weight

 

 

SUPER GT 2021年シーズン サクセスウェイト状況

SUPER GTの各レースで搭載されるサクセスウェイトは獲得したポイント数によって変化します。

最新のサクセスウェイトの状況は最新のポイントスタンディングを参照してください。レース終了後に更新します。

2021年 SUPER GT ポイントスタンディング【第2戦 富士スピードウェイ 終了時】

 

 

アーカイブ

2020年 SUPER GTで運用されるウエイトハンディ制度

 

 

SNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です