【3/30】2020年 F1レギュレーション改訂概要

SUPER GTで運用されるウエイトハンディ制度




 

ドライバーが獲得したポイントに応じて、ウエイトハンディを積載しなければなりません。車両重量は運動性能に直結するため、ウエイトハンディによってSUPER GTでは速いマシンが勝ち続けるのは難しく、常にレース展開は接戦となりレースを面白くします。ウエイトハンディの上限は100kgです。最終戦はウエイトハンディ無しで行われます。

2020年シーズンからGT300クラスのウエイトハンディの計算方法が変更になりました。2019年シーズンよりも1.5倍の重量となります。

 

 

GT500クラス

 

獲得ポイント × 2kg (第6戦まで)

 

獲得ポイント × 1kg (第7戦)

 

ウエイトハンディ無し (第8戦)

 

 

GT300クラス

 

獲得ポイント × 3kg (第6戦まで)

 

獲得ポイント × 1.5kg (第7戦)

 

ウエイトハンディ無し (第8戦)

 

sgt_weight

 

 

GT500クラスは燃料流量リストリクターを併用

GT500クラスはウエイトハンディが50kgを超えた場合は下表に従って、車載ウエイトに加えて燃料流量リストリクター径の調整が加えられます。ウエイトハンディに応じて燃料流量リストリクターの径は3段階に調整され、ウエイトハンディの上限は100kg(車載ウエイト50kg、燃料流量リストリクター85.5kg/h)となります。

2020年シーズンにおける燃料流量リストリクターによる流量の数値は2019年シーズンから変更ありません。

ウエイトハンディ 車載ウエイト 燃料流量リストリクター
0~50kg 0~50kg 95.0kg/h
51~67kg 34~50kg 91.8kg/h
68~84kg 34~50kg 88.6kg/h
85~100kg 35~50kg 85.5kg/h

 

 

【参考】2019年SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ ウエイトハンディ

 

GT500

No. マシン WH[kg]
1 ARTA NSX-GT 20
2 MOTUL AUTECH GT-R 17
3 カルソニック IMPUL GT-R 11
4 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 8
5 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R 6
6 WedsSport ADVAN LC500 5
7 MOTUL MUGEN NSX-GT 4
8 ZENT CERUMO LC500 3
9 au TOM’S LC500 2
10 Modulo Epson NSX-GT 1

 

GT300

No. マシン WH[kg]
96 K-tunes RC F GT3 20
55 ARTA NSX GT3 17
52 埼玉トヨペットGB マークX MC 11
61 SUBARU BRZ R&D SPORT 8
56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 6
65 LEON PYRAMID AMG 5
60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 4
4 グッドスマイル 初音ミク AMG 3
34 Modulo KENWOOD NSX GT3 2
88 マネパ ランボルギーニ GT3 1

 

 

 

 

 

関連記事

 

次の記事へ

SUPER GTにおけるBoPによる車両の性能調整

 

前の記事へ

SUPER GTのタイヤに関するルール

 

SUPER GT レース結果