【1/20新着】2021年 FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP

 

2021年 F1の『セーフティカースタート』の手順

2021年

 

天候の理由により、レースのスタートを遅らせるほどでは無いものの、通常のスタンディングスタートでは安全にレースをスタートすることが困難な状況であると判断されたとき、セーフティカー先導でレースをスタートさせる場面があります。これを『セーフティカースタート』と呼びます。

モータースポーツにおける基本的なセーフティカースタートの手順は国際モータースポーツ競技規則 付則H項の手順で行われますが、F1ではH項の内容と異なる運用手順があります。

本記事では、F1におけるセーフティカースタートの手順について解説します。

 

 

セーフティカースタートの決定

大雨などの悪天候が原因により、レースコントロールがレースのスタートを遅らせるほどでは無いものの、通常のスタンディングスタートで安全にレースをスタートするのは困難な状況であると判断したとき、レースがセーフティカースタートで行われることが決定されます。

その後、フォーメーションラップのスタート時刻の10分前の警告音と共にオレンジシグナルが点灯されます。これがレースがセーフティカー先導によってスタートとなる合図となります。チームにはF1の公式メッセージシステムによってレースがセーフティカースタートになることが伝えられます。

他のレースカテゴリーにおいては、フォーメーションラップ開始前にポールポジションの車両の前に配備されているセーフティカーのオレンジの回転灯が点灯します。これが、レースがセーフティカースタートとなる合図となっています。この点が、F1と他のカテゴリーとの違いとなっています。

F1ではレースがセーフティカースタートとなった場合、すべての車両はウェットタイヤを装着してレースをスタートする必要があります。

 

 

セーフティカー先導によるレースのスタート

フォーメーションラップの開始時刻になると、セーフティカーはグリーンの回転灯を点灯させて発進します。これがレースのスタートの合図となります。セーフティカースタートでレースが開始された場合、フォーメーションラップは行われません。

各車両はセーフティカーに続いて、車両を発進させます。各車両の間は10車身以内をキープしなければならず、通常のセーフティカーと同様に、セーフティカーを先頭とした隊列走行を行います。

すべての車両が発進した後、ピットロード出口のシグナルがグリーンに変わり、ピットスタートの車両がコースインできるようになります。その後、セーフティカーを先頭とした隊列走行の最後尾に合流します。

コースのコンディションがレースができる状態であると判断されるまで、セーフティカーによる先導走行が続けられます。

 

 

レースのスタート (セーフティカーの解除)

レースコントロールでレースがスタートできるコンディションになったと判断されると、セーフティカーの解除が決定されます。通常のセーフティカーの解除時と同様に、『SAFETY CAR IN THIS LAP』のメッセージがチームに伝えられ、その周回の最後でセーフティカーがピットインし、レースがスタートすることが周知されます。

レースがセーフティカースタートとなった場合、コースのコンディションに応じて、以下に示すようにスタンディングスタートによってレースがスタートする場合とローリングスタートによってレースがスタートする場合があります。

 

スタンディングスタートによるスタート

国際モータースポーツ競技規則 付則H項の運用に準拠すると、レースがセーフティカースタートとなっても、セーフティカー解除時のスタートはローリングスタートによって行われます。以前のF1においても、同様の方法でスタートが行われていました。

現在のF1においては、レースがセーフティカースタートとなった場合、レースコントロールがコースのコンディションを考慮して安全上の問題が無いと判断すると、セーフティカーがピットインした後、レースのスタートはスタンディングスタートによって行われます。

スタンディングスタートによりレースがスタートする場合、チームには『STANDING START』のメッセージが伝えられ、コース各所に設置されているFIA灯火パネル(デジタルフラッグ)に『SS』と表示されます。

 

ローリングスタートによるスタート

セーフティカーが解除となっても、雨などの安全上の理由により、スタンディングスタートでスタンディングスタートでレースを再開するには適切ではないと判断された場合、通常のセーフティカー解除の手順と同様にローリングスタートでレースがスタートされます。

ローリングスタートによりレースがスタートする場合、チームには『ROLLING START』のメッセージが伝えられ、FIA灯火パネルには『RS』と表示されます。

 

 

レースの周回数

F1ではセーフティカー先導によってレースがスタートとなった場合、セーフティカー先導で周回した周回数から1周を減算した周回数がレース周回数から減算されます。

例えば、53周のレースがセーフティカー先導でスタートとなり、セーフティカー先導による走行が3周にわたって行われた後でレースが再開された場合は、レース距離は51周となります。

 

 

2021 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

36) STARTING PROCEDURE

36.15 Only in the following cases will any variation in the start procedure be allowed:

a) If it starts to rain after the seven (7) minute signal but before the race is started and, in the opinion of the Race Director Competitors should be given the opportunity to change tyres, the abort lights will be shown at the start line and the starting procedure will begin again at the ten (10) minute point.

b) If the start of the race is imminent and, in the opinion of the Race Director, the volume of water on the track is such that it cannot be negotiated safely even on wet-weather tyres, the abort lights will be shown on the Line and all Competitors will be informed of the likely delay via the official messaging system. Once the start time is known at least ten (10) minutes warning will be given.

c) If track conditions are considered unsuitable to start the race at the scheduled time the start of the formation lap may take place behind the safety car. If this is the case, at the ten (10) minute signal its orange lights will be illuminated, this being the signal to the drivers that the formation lap will be started behind the safety car. At the same time this will be confirmed to all Competitors via the official messaging system.
When the green lights are illuminated the safety car will leave the grid and all drivers must follow in grid order, no more than ten car lengths apart, and must respect the pit lane speed limit until they pass pole position. The safety car will continue until conditions are considered suitable for racing.
Any cars that were starting the race from the pit lane may join the formation lap once the whole field has passed the end of the pit lane for the first time. Any such cars may complete all formation laps but must enter the pit lane after the safety car returns to the pits and start the race from the end of the pit lane in the order they get there.
Any other car entering the pit lane during the formation laps may re-join the track but must enter the pit lane after the safety car returns to the pits and start the race from the end of the pit lane in the order they get there.
A penalty under Article 38.3(d) will be imposed on any driver whose tyre(s) are changed for a different specification before the start of the race.
Overtaking during the lap(s) behind the safety car is only permitted under the following circumstances:
i) If a car is delayed when leaving the grid and cars behind cannot avoid passing it without unduly delaying the remainder of the field, or
ii) If there is more than one car starting from the pit lane and one of them is unduly delayed.
In either case drivers may only overtake to re-establish the original starting order or the order the cars at the pit exit were in when the formation lap was started.
Any driver delayed in either way, and who is unable to re-establish the original starting order before he reaches the first safety car line on the lap the safety car returns to the pits, must enter the pit lane and may only join the race once the whole field has passed the end of the pit lane after the start of the race.
A penalty under Article 38.3(d) will be imposed on any driver who fails to enter the pit lane if he has not re-established the original starting order before he reaches the first safety car line on the lap the safety car returns to the pits.

d) When the clerk of the course decides it is safe to call in the safety car a message “STANDING START” will be sent to all Competitors via the official messaging system, all FIA light panels will display “SS” and the car’s orange lights will be extinguished. This will be the signal to the Competitors and drivers that it will be entering the pit lane at the end of that lap.
At this point the first car in line behind the safety car may dictate the pace and, if necessary, fall more than ten car lengths behind it.
Once the safety car has entered the pit lane all cars, with the exception of those required to start from the pit lane, must return to the grid, take up their grid positions and follow the procedures set out in Article 36.9 to 36.13.

e) If, after several formation laps behind the safety car, track conditions are considered unsuitable to start the race from a standing start, the message “ROLLING START” will be sent to all Competitors via the official messaging system, all FIA light panels will display “RS” and the car’s orange lights will be extinguished. This will be the signal to the Competitors and drivers that it will be entering the pit lane at the end of that lap.
At this point the first car in line behind the safety car may dictate the pace and, if necessary, fall more than ten car lengths behind it.
As the safety car is approaching the pit entry the FIA light panels will be extinguished and replaced by waved green flags with green lights at the Line.

f) No driver may overtake another car on the track until he passes the Line (see Article 5.3) for the first time after the safety car has returned to the pits. The race will be deemed to have started when the leading car crosses the Line after the safety car has returned to the pits.

g) If, after several formation laps behind the safety car, track conditions are considered unsuitable to start the race, the message “START PROCEDURE SUSPENDED” will be sent to all Competitors via the official messaging system and all cars must enter the pit lane behind the safety car. The procedures described in Articles 41 and 42 must then be followed and there will be no standing start.

 

関連記事

 

 

 

SNSでシェアする