【8/2】F1 第11戦 ハンガリーGP スタート直後のターン1でのアクシデント

 

2021年 F1 第2戦 エミリア・ロマーニャGP ライコネン選手のスタート手順違反

 

2021年F1エミリア・ロマーニャGPでは31周目に発生したメルセデスのバルテリ・ボッタス選手とウイリアムズのジョージ・ラッセル選手の接触により発生したアクシデントのため、レッドフラッグが振られ、レースは一時中断となりました。

レギュレーションに則り、レースはセーフティカー先導で再開され、リスタートはスタンディングスタートではなく、ローリングスタートで行われることになりました。

このとき、アルファロメオのキミ・ライコネン選手にスタート手順違反があったとして、10秒間のストップ&ゴー・タイムペナルティが科せられました。レース後の裁定となったため、ライコネン選手はレース結果に30秒が加算されました。

 

 

セーフティカーによる先導走行中のスピン

レッドフラッグによるレース中断後、セーフティカー先導によりレースは再スタートとなりましたが、直後のターン3でライコネン選手はスピンをしてしまいました。これにより、順位を落としてしまいましたが、落とした順位を取り戻すことなく、ローリングスタートでレースを再開しました。

レギュレーションではレースがセーフティカー先導で行われる場合、トラブルなどによって、元の順位を保つことができなかった場合、ピットロード入口付近に設定されている第1セーフティカーラインに到達する前に、元の順位に戻さなければならないことになっています。

元の順位に戻すことができない場合は、ピットインをしてピットスタートをしなければならないことになっています。

今回のケースでは、元の順位に戻すことができなかったにも関わらず、ピットスタートをしなかったとしてスタート手順違反と判定されました。

 

 

スタート直後に発生したセーフティカーの導入中で、レッドブルのセルジオ・ペレス選手がウェット路面で挙動を乱してコースオフした際に、マクラーレンのダニエル・リカルド選手とアルファタウリのピエール・ガスリー選手に追い越されました。ペレス選手は順位を取り戻そうとしてガスリー選手とリカルド選手を追い越しましたが、これはセーフティカー導入中の追い越しとしてペナルティが科せられました。

 

ライコネン選手の場合は、セーフティカー先導の走行中でしたが、レースのスタートの手順を遵守する必要があり、落とした順位を取り戻すことが認められていました。順位を取り戻せないのであればピットスタートを選択する必要がありました。

一般的なレースカテゴリーではレッドフラッグによる中断後の再スタートはセーフティカー先導で行われます。そのため、セーフティカーの運用ルールが適用される場合が多いのですが、今回のようにF1では運用が異なります。

モータースポーツのルールを複雑化している要因のひとつと言えると思います。チームだけでなく、レースを観ているファンにとっても複雑なルールを理解するのは難しいので、なるべくすべてのカテゴリーで統一された運用ルールを実現してほしいと思います。

 

国際モータースポーツ競技規則 付則H項

36) STARTING PROCEDURE

36.15 Only in the following cases will any variation in the start procedure be allowed:

c) If track conditions are considered unsuitable to start the race at the scheduled time the start of the formation lap may take place behind the safety car. If this is the case, at the ten (10) minute signal its orange lights will be illuminated, this being the signal to the drivers that the formation lap will be started behind the safety car. At the same time this will be confirmed to all Competitors via the official messaging system.

When the green lights are illuminated the safety car will leave the grid and all drivers must follow in grid order, no more than ten car lengths apart, and must respect the pit lane speed limit until they pass pole position. The safety car will continue until conditions are considered suitable for racing.

Any cars that were starting the race from the pit lane may join the formation lap once the whole field has passed the end of the pit lane for the first time. Any such cars may complete all formation laps but must enter the pit lane after the safety car returns to the pits and start the race from the end of the pit lane in the order they get there.

Any other car entering the pit lane during the formation laps may re-join the track but must enter the pit lane after the safety car returns to the pits and start the race from the end of the pit lane in the order they get there.

A penalty under Article 38.3(d) will be imposed on any driver whose tyre(s) are changed for a different specification before the start of the race.

Overtaking during the lap(s) behind the safety car is only permitted under the following circumstances:
i) If a car is delayed when leaving the grid and cars behind cannot avoid passing it without unduly delaying the remainder of the field, or
ii) If there is more than one car starting from the pit lane and one of them is unduly delayed.

In either case drivers may only overtake to re-establish the original starting order or the order the cars at the pit exit were in when the formation lap was started.

Any driver delayed in either way, and who is unable to re-establish the original starting order before he reaches the first safety car line on the lap the safety car returns to the pits, must enter the pit lane and may only join the race once the whole field has passed the end of the pit lane after the start of the race.

A penalty under Article 38.3(d) will be imposed on any driver who fails to enter the pit lane if he has not re-established the original starting order before he reaches the first safety car line on the lap the safety car returns to the pits.

 

 

SNSでシェアする