公式予選

 

 

 


スーパーフォーミュラの公式予選は以下の2種類の形式があります。

  • 45分の公式予選を2回
  • ノックアウト予選方式

2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則よりスペシャルステージ予選方式の手順についての記載が削除されました。また、『45分の公式予選を2回』の方式はこれまで実施されたことがほとんど無いため、基本的に公式予選はノックアウト予選方式で行われます。

 

ラウンド 開催地 予選方式
第1戦 鈴鹿サーキット ノックアウト
第2戦 オートポリス ノックアウト
第3戦 スポーツランドSUGO ノックアウト
第4戦 富士スピードウェイ ノックアウト
第5戦 ツインリンクもてぎ ノックアウト
第6戦 岡山国際サーキット ノックアウト
第7戦 鈴鹿サーキット ノックアウト

 

ノックアウト予選方式の手順

Q1 (20分間)

  • 全ての車両が走行し、上位8台と残りの台数の半数(小数点以下切り上げ)の上位車両がQ2へ進出。進出できなかった車両はグリッド決定。

インターバル (10分間)

Q2 (7分間)

  • Q1進出車両が走行し、上位8台がQ3へ進出。9位以下はグリッド決定。

インターバル (10分間)

Q3 (7分間)

  • Q2進出車両が走行し、1〜8位が決定。


2017年シリーズエントリー19台の場合

 

 

予選落ち

公式予選通過基準タイムは、公式予選で記録されたトップタイムの107%となります。
ノックアウト予選方式で行われた場合はQ1で記録されたトップタイムの107%となります。

 

黄旗区間を通過した車両のタイムは採択しない

スーパーフォーミュラ独自のルールとして、公式予選中に黄旗区間を通過した車両のタイムは採択しないルールがあります。

通常のレースにおいては黄旗区間を通過した際に減速したかどうかが問われますが、スーパーフォーミュラにおいては黄旗区間を通過すると無条件でタイムは採択されません。これはドライバーやオフィシャルの安全のために決められたルールとされています。
一方で、黄旗や赤旗の原因となったドライバーは罰則の対象となる場合があります。

2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権 統一規則 - 第27条 プラクティスセッション(公式予選等)