スーパーフォーミュラ 第6戦 ツインリンクもてぎ 開催概要

 

2021年 スーパー耐久の『レーススタート』の手順

2021年

 

スーパー耐久ではフォーメーションラップ開始時間を起点としてレーススタートに向けてスタート進行が行われます。

フォーメーションラップに向けての詳細なタイムスケジュールは大会ごとに異なりますが、フォーメーションラップ5分前からの手順は共通です。

 

 

スタート進行フロー

フォーメーションラップ開始 内容
○○分前
(大会ごとに規定)
グリッドへの試走開始
(ピットロード出口オープン)
○○分前
(大会ごとに規定)
グリッドへの試走終了
(ピットロード出口クローズ)
  全車グリッドに付き次第、グリッドウォーク開始
5分前 コース上におけるすべての作業禁止
3分前 ドライバー、競技役員以外はコース上から退去
1分前 エンジン始動
30秒前 この合図のあと緑旗が振られフォーメーションラップ開始

 

 

グリッドへの試走

スーパー耐久ではグリッドへの試走の時間は大会ごとに決定され、公式通知などで各チームへ伝えられます。グリッドへの試走の開始時刻になると、ピットロード出口のシグナルが赤から緑に点灯しコースオープンとなります。

各車両は自身のピットからコースインし、コースを1周走行した後にメインストレートにある自身のグリッドに着きます。

あらかじめ、定められた時間になると、ピットロード出口のシグナルが赤に変わり、コースインすることができなくなります。時間内にコースインできなかった車両はピットスタートとなります。

 

 

スタート進行

グリッド上では、フォーメーションラップに向けてマシンの最終チェックが行われます。フォーメーションラップ開始前に国歌斉唱などのセレモニーが行われます。

 

グリッドウォーク

グリッドへの試走のあと、すべての車両がグリッドに着くと、グリッドウォークが開始となります。グリッドウォークへの参加には定められたパスを所持している必要がありますが、レース前のマシンやドライバーなど間近で見ることができます。

グリッドウォークの終了時刻は大会ごとに定められます。

 

フォーメーションラップ開始 5分前

グリッド上における車両に対するすべての作業が禁止されます。
ドライバー、一部のチームクルー、競技役員を除いてグリッド上から退去しなければなりません。

 

フォーメーションラップ開始 3分前

ドライバーと競技役員を除いてグリッド上から退去しなければなりません。
この時点で、ドライバーは着座した状態でドアを閉めておく必要があります。

 

フォーメーションラップ開始 1分前

ドライバーは車両のエンジンを始動します。

 

フォーメーションラップ開始 30秒前

フォーメーションラップ開始30秒前が周知されたあと、グリッド前方でグリーンフラッグが振られ、フォーメーションラップが開始されます。

 

 

フォーメーションラップ

フォーメーションラップ開始の時刻になると、グリッド前方でグリーンフラッグが振られ、フォーメーションラップが開始されます。フォーメーションラップ中、すべてのオブザベーションポストではイエローフラッグが振られます。

決勝が1レースで行われる場合、『グループ1』と『グループ2』の2グループに分かれて、フォーメーションラップを行います。ペースカーが各グループを先導し、隊列を形成してコースを1周走行します。

 

GRIDボードの提示

コース上のあらかじめ決められた位置でGRIDボードが提示されたら、各車両は2列の隊列を形成します。

これは次にコントロールラインを通過するときレーススタートとなる合図です。GRIDボードが提示された周回の最後でセーフティカーがピットインします。

GRIDボードが提示されない場合、フォーメーションラップがもう1周行われます。この場合、レース距離は1周減算となります。

 

ローリングスタート

スーパー耐久のレーススタートは『ローリングスタート方式』を採用しています。

先導のセーフティカーがピットインし、まずグループ1の各車両が2列の隊列を形成したまま、メインストレートを立ち上がります。先頭車両が70~90km/hの速度で隊列を先導します。

そして、シグナルがレッドからグリーンに変わると同時にグループ1のスタートとなります。このとき、コントロールライン付近ではレーススタートを意味する日章旗が振られます。

グループ1のレーススタートに続いて、同様の手順でグループ2のレーススタートが行われます。

各グループ共に、シグナルによるスタート合図が行われたあとも、コントロールラインを通過するまで追い越しは禁止されます。

 

 

SNSでシェアする