2021年 F1 第11戦 ハンガリーGP 開催概要

 

2021年 スーパー耐久のレース中に科せられる『ペナルティ』

2021年

 

スーパー耐久では、他のレースカテゴリーと同様に、レギュレーションで定められているイエローフラッグなどのフラッグルールを無視したり、セーフティカーの運用ルールを遵守していないなどの違反行為を行ったドライバーや、他の車両への悪質な接触行為を行ったドライバーに対してペナルティが科せられる場合があります。

ペナルティはレース中に科せられるものと、レース結果にタイムが加算されるものなど、運用方法が変化する場合があります。

2021年シーズンのスーパー耐久において、どのようなペナルティがどのようにしてドライバーに科せられるのかを解説します。

 

 

ペナルティが科せられる場合

スーパー耐久ではレギュレーション違反や、他の車両への接触行為に対して一方のドライバーに対して過失が認められる場合、競技長はスチュワード(レース審査委員)に違反行為を通告します。

スチュワードは通告された行為を審議し、正式に違反行為と認められた場合、違反を犯したドライバーに対して、ペナルティを科します。

レギュレーション違反とはイエローフラッグやブルーフラッグなどのフラッグの無視、セーフティカー運用ルールの違反、ピットロード出口のホワイトラインカット、ピットロード出口のシグナル無視のような、競技を行う上で守らなければならないルールの違反のことです。

どんなに細かいことであっても、レギュレーションで禁止されている行為を行うことは、すべてレギュレーション違反と見なされます。

逆に、レギュレーションで禁止されていない行為を行うことは問題ありません。

ペナルティが科せられる理由としては以下のような場合が挙げられます。

 

  • レギュレーション(SuperTaikyu Sporting Regulations)、もしくは国際モータースポーツ競技規則を侵害するもの。
  • ジャンプスタート(反則スタート)の原因となったもの。
  • 他の車両との衝突を起こしたもの。
  • 他のドライバーのコースアウトを強いるもの。
  • 他のドライバーよる正当な追い越し行為を妨害するもの。
  • 追い越しの最中に他のドライバーを不当に妨害するもの。

 

モータースポーツにおける一般的なペナルティが科せられるまでの経緯についての詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

ペナルティボードの提示

ペナルティが科せられるとき、コントロールライン付近のオブザベーションポストでは、該当のドライバーに対して、ペナルティを示すボードが提示されます。

 

ドライブスルーペナルティ

ドライブスルーペナルティの場合、カーナンバーと共に『D』の文字が提示されます。

 

ペナルティストップ

ペナルティストップの場合、カーナンバーと共に『P』の文字が提示されます。

 

 

スーパー耐久で科せられるペナルティの種類

スーパー耐久でレース中に執行されるペナルティは『ドライブスルーペナルティ』と『ペナルティストップ』の2種類があります。

スーパーフォーミュラでは、2021年シーズンから『5秒間のタイムペナルティ』と『10秒間のタイムペナルティ』の2つのペナルティが追加されましたが、スーパー耐久では、タイムペナルティの運用はありません。

また、フルコースイエロー(FCY)導入中はペナルティを消化することができません。

ペナルティの重さとしては、ドライブスルーペナルティが軽く、ペナルティストップが重くなります。それぞれのペナルティの詳細を解説します。

 

 

ドライブスルーペナルティ

『ドライブスルーペナルティ』が科せられると、ドライバーはピットインし自身のピットに停止することなく、そのままコースへ復帰しなければなりません。

ドライブスルーペナルティが科せられると、すみやかににピットインをしてペナルティを消化しなければなりません。ペナルティを消化せず、走行を続けた場合は、さらにペナルティが科せられたり、失格となる場合があります。

ドライブスルーペナルティはサーキットのレイアウトにも寄りますが30秒程度のタイムロスに相当します。

レース終了後にドライブスルーペナルティが科せられる場合は、事前に発表されるドライブスルーペナルティ相当のタイムがレース結果に加算されます。

 

 

ペナルティストップ

『ペナルティストップ』が科せられると、ドライバーはピットインをして、ピットロードにあるペナルティエリアに少なくとも30秒間停止し、その後コースへ復帰しなければなりません。

停止する時間は、ペナルティが科せられるタイミングで通知されます。重いペナルティの場合は30秒を超える停止時間を科せられる場合があります。

ドライブスルーペナルティと同様に、ペナルティが科せられるとすみやかにピットインをしてペナルティを消化する必要があります。ペナルティを消化せず、走行を続けた場合は、さらにペナルティが科せられたり、失格となる場合があります。

サーキットのレイアウトにもよりますが、ペナルティストップは約30秒間+停止時間のタイムロスに相当します。

レース終了後にペナルティストップが科せられる場合は、事前に発表されるペナルティストップ相当のタイムがレース結果に加算されます。

 

 

ペナルティポイント

スーパー耐久シリーズではチームやドライバーの安全意識と規則遵守意識の向上を目的として独自のペナルティポイント制度が設定されています。ペナルティポイントの累積によってドライバーやチームのレースへの参加が認められない場合があります。

 

ペナルティポイントの加算と対象事例

ポイント 事例
+3~+5 同クラス同士の接触で相手をスピンアウト・クラッシュさせる行為
+4~+6 他クラス車、同クラス異周回数車をスピンアウト・クラッシュさせる行為
+2~+3 黄旗中の追い越し(他クラス)
+3~+4 黄旗中の追い越し(同クラス)
+3~+4 黄旗中のスピン・コースアウト
+3~+4 黄旗中のスピン・コースアウト
+1~+3 安全確認義務違反(ピットロードスピード違反等一般規則違反)
+2~+10 報復行為、上記事例で悪質と判断される行為や暴言・暴力行為
+1~ 上記以外のドライバーに関わる軽微な違反行為
+1~ ピット作業違反・その他チームに関わる違反行為(チーム)
+5~ 車両規定違反(チーム)

ひとつの事案に対して、ペナルティポイントはドライバーとチームに付与されます。

ペナルティポイントは365日間累積されます。

 

累積ポイントによる罰則

  • チームの累積ペナルティポイントが20ポイントになった場合、そのチームは次大会に参加することが認められません。
  • ドライバーの累積ペナルティポイントが10ポイントになった場合、そのドライバーは次大会に参加することが認められません。

 

 

アーカイブ

 

 

SNSでシェアする