2022年 SUPER GT 第4戦 富士スピードウェイ レース結果

 

2022年 F1の『スペアカー』『パワーユニット交換』『ギアボックス交換』に関するルール

2022年

 

F1ではスペアカーの使用が禁止されています。また、シーズンを通して使用できるパワーユニットを構成するコンポーネントの数やギアボックスの数に制限があります。

規定の数を超えてパワーユニットのコンポーネントやギアボックスを使用するとグリッド降格のペナルティが科せられます。

2022年シーズンはスペアカーとパワーユニット交換に関するレギュレーションに変更はありませんが、ギアボックス交換に関するレギュレーションに変更があります。

 

 

スペアカーの使用

2022年シーズンのF1ではスペアカーを使用することが認められていません。

そのため、クラッシュによって車両を破損させてしまったり、メカニカルトラブルなどによって走行ができなくなった場合は、メカニックがマシンを修理して、走行できる状態まで修復しなければなりません。

例えば、土曜日の午前中のフリー走行3回目でマシンをクラッシュさせてしまった場合は、公式予選が始まるまでにマシンを修復できなければ、公式予選に参加できなくなってしまいます。

また、1レースイベントにおいて、1チームが使用できるマシンの数は2台以下であることがレギュレーションで定められています。

 

モノコック交換の場合はピットレーンスタート

F1ではスペアカーの使用が禁止されていますが、大きなクラッシュなどによってモノコック(サバイバルセル)が損傷している場合は、モノコックを交換する必要があります。

モノコックを交換した場合、公式予選の順位に関わらず、レースはピットレーンからスタートしなければならないことがレギュレーションで定められています。

 

以前はスペアカーの使用が認められていた

かつてのF1ではスペアカーの使用が認められていたことがありました。スペアカーは『Tカー』と呼ばれ、クラッシュなどでマシンを損傷しても、スペアカーに乗り換えることができました。

現在は、F1に参戦するためのチームの運営費用(コスト)が高騰している課題があり、予算制限などの取り組みが行われています。スペアカーの使用禁止はF1チームの費用削減につながっています。

また、スペアカーを準備できるチームとできないチームとの格差を広げないようにするのも理由のひとつです。

最近では、シーズンを通して使用できるパワーユニットのコンポーネントやギアボックスの数に制限があるため、スペアカーだけの使用が認められても、あまり意味が無いと言えます。

 

 

パワーユニット交換

2014年から採用されている現在のF1のパワーユニットは以下に示す7つのコンポーネントから構成されています。

 

  • ICE (エンジン)
  • MGU-K (運動エネルギー回収システム)
  • MGU-H (熱エネルギー回収システム)
  • ES (エナジーストア)
  • TC (ターボチャージャー)
  • CE (コントロールユニット)
  • EX (エキゾーストシステム)

 

パワーユニットを構成する7つの各コンポーネントはシーズンを通して使用できる数が制限されています。

パワーユニットの進歩と共に信頼性が向上していること、シーズンごとに開催されるレース数が異なることから、各コンポーネントの使用できる数は毎年見直しが行われてきました。

2022年シーズンにおける各コンポーネントの使用制限数は以下に示すとおりで、2021年シーズンから変更はありません。

 

ICE、MGU-K、MGU-H、TC

年間3基まで

 

ES、CE

年間2基まで

 

EX

年間8基まで

 

エキゾーストシステムは2021年シーズンから年間を通して使用できる数が8基に制限されるようになりました。これは2022年シーズンも踏襲されます。

パワーユニットを構成する7つのコンポーネントは自由に組み合わせることができます。例えば、ICE(エンジン)を交換したとしても、ICE以外のコンポーネントはそれまでに使用していたものを流用することができます。

また、一度、新しいコンポーネントに交換した後も、再び古いコンポーネントに戻すことも認められています。各コンポーネントは壊れない限り、何度でも使い回すことができます。

 

パワーユニット交換のペナルティ

パワーユニットを構成する各コンポーネントを規定の数を超えて使用する場合は、グリッド降格のペナルティが科せられます。

最初に各コンポーネントの規定の数を超えて使用する場合、10グリッド降格のペナルティが科せられます。次回以降は5グリッドの降格ペナルティとなります。

複数のコンポーネントを規定の数を超えて使用する場合は、グリッド降格のペナルティはコンポーネントごとに加算されます。

1レースイベントで同じコンポーネントの交換を複数回行った場合は、最後に交換したコンポーネントだけ、以降のレースイベントでグリッド降格のペナルティを受けることなく使用することが認められています。

また、シーズン途中でドライバーが交代したり、スポット参戦のドライバーが発生した場合、元のドライバーが使用していたパワーユニットコンポーネントの使用状況が引き継がれます。

15グリッドを超える降格ペナルティが科せられた場合は、グリッド最後尾からのスタートとなります。

 

 

ギアボックス交換

2021年シーズンのF1では、シーズンを通して使用できるギアボックスの数に制限はありませんでしたが、ギアボックス1基を連続した6レースで使用しなければなりませんでした。

2022年シーズンからギアボックスは数が制限されたコンポーネント(RNCs : Restricted-Number Components)として扱われるようになり、シーズンを通して使用できるギアボックスを構成する部品が全23戦で開催される場合は4基に制限されることになりました。

 

ギアボックスケースとカセット

年間4基まで (全23戦開催の場合)

 

ギアボックスドライブライン、ギアチェンジコンポーネントと補助コンポーネント

年間4基まで (全23戦開催の場合)

 

ギアボックス交換のペナルティ

ギアボックスを構成する各部品を規定の数を超えて使用する場合は、グリッド降格のペナルティが科せられます。

各部品の規定の数を超えて使用する場合、交換のたびに5グリッド降格のペナルティが科せられます。

パワーユニットを構成するコンポーネントの交換時と同様に、1レースイベントで同じ部品の交換を複数回行った場合は、最後に交換した部品だけ、以降のレースイベントでグリッド降格のペナルティを受けることなく使用することが認められています。

また、シーズン途中でドライバーが交代したり、スポット参戦のドライバーが発生した場合、元のドライバーが使用していたギアボックスの使用状況が引き継がれます。

 

 

レギュレーション

2022 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

2022/3/15発行版

27) SPARE CARS

27.1 Each Competitor may have no more than two (2) cars available for use at any one time during an Event.

27.2 An assembly comprising a survival cell as defined in Article 12.1 of the Technical Regulations and additional components will be deemed to be a car in this context if the survival cell is fitted with anything other than the following components:

a) components that exist wholly or partially within the survival cell, with the exception of the energy store as defined in Article 5.1.8 of the Technical Regulations;

b) front axle components of the sprung suspension as defined in Article 10.1.1 of the Technical Regulations;

c) the steering assembly as listed in Article 10.5 of the Technical Regulations;

d) the side impact structures;

e) any components permanently bonded to the survival cell;

f) any fasteners attached to the survival cell (such as engine mountings).

 

28) POWER UNIT USAGE

28.1 The only power unit that may be used at an Event during the 2022-2025 Championship seasons is a power unit which is constituted only of elements that were in conformity, at the date they were introduced in the race pool, with the latest submitted and approved homologation dossier as defined in Appendix 4 of the Technical Regulations.

28.2 Unless a driver drives for more than one (1) Competitor (see Article 28.4 below), and subject to the additions described below, each driver may use no more than three (3) engines (ICE), three (3) motor generator units-heat (MGU-H), three (3) turbochargers (TC), two (2) energy stores (ES), two (2) control electronics (CE), three (3) motor generator units-kinetic (MGU-K) and eight (8) of each of the four (4) elements constituting a set of Engine exhaust systems during a Championship. For the purpose of this article a set of Engine exhaust systems is deemed to comprise the following four (4) elements: primaries LHS, primaries RHS, secondary LHS and secondary RHS.

28.3 Should a driver use more Power Unit elements than the numbers prescribed in Article 28.2 of any one of the elements during a Championship, a grid place penalty will be imposed upon him at the first Event during which each additional element is used. Penalties will be applied according to the following table and will be cumulative:

a) The first time an additional element is used: Ten (10) grid place penalty.

b) The next times an additional element is used: Five (5) grid place penalty.

If a driver incurs a penalty exceeding fifteen (15) grid places he will be required to start the race from the back of the starting grid.

Any of the seven (7) elements will be deemed to have been used once the car’s timing transponder has shown that it has left the pit lane.

During any single Event, if a driver introduces more than one of the same power unit element which is subject to penalties, only the last element fitted may be used at subsequent Events without further penalty.

28.4 If a driver is replaced at any time during the Championship his replacement will be deemed to be the original driver for the purposes of assessing Power Unit usage.

28.5 After consultation with the relevant Power Unit Manufacturer the FIA will attach seals to each of the relevant elements of the Power Unit prior to them being used for the first time at an Event in order to ensure that no significant parts can be rebuilt or replaced. Exhaust elements defined in Article 28.2 above should be permanently and uniquely marked, which is then clearly visible directly or using an optical device in a timely manner when a Power Unit is fitted to a chassis.

Within two (2) hours of the end of the post-race parc fermé additional seals will be applied to all used power unit elements in order to ensure that they cannot be run or dismantled between Events. The sealing method must be agreed with the Technical Delegate.

Upon request to the FIA, these additional seals will be removed twenty-two (22) hours before the scheduled start of P1 at the next Event at which the Power Unit elements are required. All such Power Unit elements must remain within the Competitor’s designated garage area when not fitted to a car and may not be started at any time during an Event other than when fitted to a car eligible to participate in the Event.

If any of the FIA seals are damaged or removed from the relevant components within the Power Unit after they have been used for the first time those parts may not be used again unless they were removed under FIA supervision.

 

29) USAGE OF RESTRICTED-NUMBER COMPONENTS (RNC)

29.1 Restricted-Number Components (RNC) are components which have a limitation in numbers that can be used by each driver in an Event over a Championship.

29.2 For each RNC, each driver may use up to a maximum number of such elements for the entire in a Championship, and this maximum value for this RNC will vary as a function of the Events in that Championship, in accordance to the table of this Article.

a) Should a driver use more than the allowable maximum value of elements for a given RNC, a grid penalty will be imposed upon him at the first Event during which each additional element is used.

b) Penalties will vary between the first time an additional RNC is used, or the subsequent times, in accordance with the relevant columns of the table of this Article.

c) Any additional RNC will be deemed to have been used once the car’s timing transponder has shown that it has left the pit lane.

29.3 The following exceptions and provisions apply:

a) RNCs may be subjected to maintenance or repair work between Events provided that:

i) The nature of the work to be carried out has been approved by the FIA and communicated to all Competitors

ii) The Competitor takes all the necessary measures to satisfy the FIA that the provisions of this Article are fully respected. This may include, but is not limited to, an accurate record of the repair work that gets carried out, photographs, the recording pf part numbers, etc.

iii) Change gears, dog rings and reverse (excluding final drives or reduction gears) may be changed under supervision for others of identical specification at any time during an Event provided the Technical Delegate is satisfied there is evident physical damage to the parts in question.

b) No significant parts of an RNC may be replaced between Events, unless expressly permitted by the FIA.

c) With the consent of (and at the sole discretion of) the FIA, the numbers above will be increased in accordance with the relevant column of the table above, if:

i) The RNC used is supplied by a new Power Unit Manufacturer (as defined in Appendix 6) for Power Unit RNC’s

ii) The Competitor in question is participating in their first Championship

d) If a driver is replaced at any time during the Championship Season his replacement will be deemed to be the original driver for the purposes of assessing the number of available RNC’s.

e) During any single Event, if a driver introduces more than one of the same RNC which is subject to penalties, only the last such element fitted may be used at subsequent Events without further penalty.

f) Penalties applied under the provisions of this Article are cumulative and apply only to the Event where they have been incurred.

g) On four (4) occasions throughout the Championship during P1 and/or P2, a Competitor may use a gearbox assembly outside of the RNC allocation.

29.4 For each RNC, the FIA will determine the appropriate method of identification in order to ensure that the provisions of Article 29.2 are fully met. This may involve the usage of seals, the scanning of part numbers, the use of appropriate containers which can be sealed between Events or any other solution that the FIA decides, duly communicated to the Competitors.

a) Any seals used will be attached after consultation with the relevant Competitor or Power Unit supplier.

b) If any of the FIA seals are damaged or removed from an RNC after it has been used for the first time this RNC may not be used again unless the seals were removed under FIA supervision.

 

 

アーカイブ