【6/15】2022年 F1レギュレーションの主な変更内容

 

2021年 F1 第6戦 アゼルバイジャンGP 公式予選でのノリス選手の赤旗無視

 

公式予選Q1での赤旗提示

バクー シティ サーキットで開催された2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの公式予選Q1でセッション中のアクシデントにより赤旗(レッドフラッグ)が振られました。

赤旗が振られると、走行している車両は直ちに減速をして、公式予選では自身のピットに戻らなければならないことが定められています。

赤旗が振られた時、マクラーレンのランド・ノリス選手はメインストレートを走行していましたが、ピットインすることなく、コントロールラインを通過してしまいました。

このノリス選手の行為が赤旗を無視したと判断され、公式予選終了後に審議が行われることになりました。

 

 

 

3グリッド降格のペナルティ

公式予選終了後、スチュワードはノリス選手に事情聴取を行い、あわせて、記録された映像やチームとドライバーの無線内容を確認し、ノリス選手の赤旗無視の行為に対しての検証を行いました。

ノリス選手は赤旗が振られたことを認識をしており、スロットルをゆるめて減速をし、ピットインしようとしたことを認めたことが確認されました。

しかし、ノリス選手は無線を通してチームからの指示を確認し、チームはピットインするように伝えましたが、その時点ではピットインが間に合わないタイミングでした。

スチュワードは状況を総合的に判断し、ノリス選手の赤旗無視の行為に対して、3グリッド降格のペナルティとペナルティポイント3を科しました。

スチュワードも赤旗が振られてからピットインするまでの時間が短かったことを認識しています。

そのため、赤旗を無視した場合、通常は5グリッド降格のペナルティが科せられますが、今回の件については3グリッド降格のペナルティに軽減されています。

 

 

赤旗の運用ルール

スチュワードの裁定ではF1のスポーティングレギュレーションの31.6条に違反したとされていますが、赤旗の運用方法は『国際モータースポーツ競技規則 付則H項』に記載されており、FIA公認レースにおける世界共通のレギュレーションとなっています。

レギュレーションでは赤旗が振られると、『プラクティス中であれば、全車両、直ちに減速し、低速で各自のピットに戻らなければならない。』と定められており、F1のスポーティングレギュレーションの31.6条と同等の内容となっています。

 

【抜粋】国際モータースポーツ競技規則 付則H項

2.5.4.1 b) 赤旗:
プラクティスセッションまたは決勝レースの中止が決定された時、スタートラインにおいて振動表示される。サーキット上のすべてのマーシャルポストでも赤旗を振動表示するものとする。中止の合図が与えられた際、

1) プラクティス中であれば、全車両、直ちに減速し、低速で各自のピットに戻らなければならない。

2) 決勝レース中であれば、全車両、直ちに減速し、低速で赤旗ライン※(本項末の注参照)に向かわなければならない。

3) 追い越しが禁じられるとともに、ドライバーは、レース車両およびサービス車両がトラック上に存在するかもしれないこと、サーキットは事故のための完全封鎖がされることがあること、天候により当該サーキットでレーススピードでの走行が不可能となることがあることについて留意していなければならない。

 

2021 FORMULA ONE SPORTING REGULATIONS

31.6 Should it become necessary to stop any practice session because the circuit is blocked by an accident or because weather or other conditions make it dangerous to continue, the clerk of the course will order red flags to be shown at all marshal posts and the abort lights to be shown at the Line.

When the signal is given to stop all cars must immediately reduce speed and proceed slowly back to the pit lane. In order to ensure that drivers reduce speed sufficiently, from the time at which the “RED FLAG” message appears on the official messaging system until the time that each car crosses the first safety car line when entering the pit lane, drivers must stay above the minimum time set by the FIA ECU at least once in each marshalling sector (a marshalling sector is defined as the section of track between each of the FIA light panels).

All cars abandoned on the track will be removed to a safe place.

At the end of each practice session no driver may cross the Line more than once.

 

 

 

まとめ

今回のノリス選手の赤旗無視については、赤旗が振られてからピットインするまでの時間が短かったため、ドライバーはどのように対応して良いのか分からず、チームに確認している間にコントロールラインを通過してしまったことが原因でした。

ドライバーもすべてのレギュレーションを理解しているわけではなく、無線を通して、チームへ確認してどのように行動すれば良いかを指示してもらっているというのはおかしなことではありません。

ただ、赤旗が振られると、直ちに減速しなければならず、公式予選ではピットインをしなければならないことはF1に限らず、どのようなカテゴリーでも共通のレギュレーションとなっています。

そのため、基本的なレギュレーションの内容については、ドライバーはチームへの確認無しで行動できるようになっておかなければならないと考えます。

今回の裁定は、赤旗が振られてからピットインすることができる時間が短かったため、少し厳しいと考えられます。ただし、赤旗の意味を考慮すると最も尊重されなければならないフラッグではあるため、現在のモータースポーツでは妥当なのかもしれません。

 

 

 

SNSでシェアする