【9/19】スーパー耐久 第5戦 鈴鹿サーキット レース結果

 

2021年 F1 第4戦 スペインGP マゼピン選手の公式予選での妨害行為

 

カタロニアサーキットで開催された2021年F1第4戦スペインGPの公式予選Q1では、マクラーレンのランド・ノリス選手の走行を妨害したとして、ハースのニキータ・マゼピン選手に3グリッド降格のペナルティとペナルティポイント1が科せられました。

通常、公式予選におけるタイム計測は前方に走行している車両がいないクリアな状況で行います。そのため、各ドライバーはタイム計測を行う前のラップの終盤で前方を走行している車両との距離を確保します。

今回の公式予選Q1においても、最終コーナー手前のシケインでこれからタイム計測を行う車両が減速することにより混雑していました。

マゼピン選手の前方にはこれからタイム計測を行うハースのミック・シューマッハ選手が走行しており、マゼピン選手はシケインの進入でスローダウンしたところ、これからピットインするアルファロメオのキミ・ライコネン選手とアルファタウリの角田裕毅選手に追い越されてしまいました。また、ライコネン選手と角田選手はチーム無線でノリス選手の接近を知らされていたため、シケインでスローダウンしました。

マゼピン選手は追い越された2台をパスしようとラインを外したところ、後方からタイム計測中のマクラーレンのランド・ノリス選手が迫り、ノリス選手の走行を妨害する形となりました。

 

 

スチュワードは、マゼピン選手がノリス選手の接近を認識していたことを確認し、さらに、マゼピン選手の前に2台の車両が割り込んできた状況を認識した上で、ノリス選手の後方からタイム計測を行ったとしても大きなロスにはならなかったと指摘し、マゼピン選手はノリス選手に対して『不必要な妨害』を行ったと判断しました。

その結果、マゼピン選手は、他のドライバーへの不必要な妨害行為を禁止するスポーティングレギュレーションの31.5に違反したと判定され、3グリッド降格のペナルティとペナルティポイント1が科せられました。

公式予選中の他のドライバーへの妨害行為はブルーフラッグを無視したとして、ペナルティが科せられることがありましたが、ブルーフラッグが振られていなくても、今回の件のマゼピン選手のように他のドライバーへの不必要な妨害行為を行うとペナルティが科せられる場合があることが分かりました。

 

 

2021 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

5) PRACTICE SESSIONS

31.5 Any driver taking part in any practice session who, in the opinion of the stewards, stops unnecessarily on the circuit or unnecessarily impedes another driver shall be subject to the penalties referred to in Article 31.4.

 

 

SNSでシェアする