ピットロード

 

 

 


SUPER GTにおいてもピットロードの制限速度だけでなくピット作業などの独自の規則があります。

 

ピットロード制限速度

SUPER GTではピットロードの制限速度は50km/h以下です。
sgt_pitroad_speeding

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第26条 一般安全規定

 

ピットエリアでのバックギアは使用禁止

ピットエリアでバックギアを使って自力で後退することは禁止されています。自分のピットエリアを行き過ぎてしまった場合や、ピット内にバックで停車させたい場合などは、ピットクルーの手押しによって後ろに押し進めることができます。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第26条 一般安全規定

 

ピットクルーは最大7名まで

SUPER GTでは各ピットの前にある作業エリアに出ることが出来るピットクルーは最大7名と規定されています。レース中のピットインでのタイヤ交換や給油といった一連の作業はこの7名で行わなければなりません。(消火要員1名を除く)

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第27条 ピットエリア

 

タイヤ交換

SUPER GTではレース中のピットインのとき、必ずしもタイヤ交換を行う必要はありません。またタイヤ交換をする時も4本全てのタイヤを交換する必要もありません。

ピット作業中に使用できるインパクトレンチが2個に制限されていることから、必然的に同時に2輪のタイヤしか交換できないようになっています。そのため、ピットストップの時間はタイヤ4本交換するよりも2本だけ交換した方が短く済みます。

タイヤ交換作業時、外したタイヤは地面に平置きする必要があります。外したタイヤを立てた状態で置いたり、タイヤが転がったりするとペナルティの対象となります。また、外したタイヤを片付けるときに転がしてはいけません。

 

タイヤ無交換作戦

SUPER GTのタイヤはマルチメイクのためタイヤ開発競争が繰り広げられており、これによりタイヤ無交換作戦を選択するチームが現れることがあります。当然、タイヤ交換をしなければ、長距離のレースをコンスタントに速いラップで周回するのは困難ですが、タイヤのコンディションやタイヤの使い方によっては無交換の方が上位でフィニッシュすることができる場合があります。

 

給油中はドライバー交代以外の作業禁止

SUPER GTでは給油中はドライバー交代以外の作業が禁止されています。タイヤ交換と給油を同時に作業することができないため、燃費の良いマシンほどピット作業時間が短く済むようになっています。

チャーンインターナショナルサーキットで開催された2016年SUPER GT第7戦ではドライバー交代のため車両を降りた直後のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手が剥がれかかったウィンドウフィルムを見つけ、そのまま剥がしてしまいました。このとき、チームクルーは給油作業中でドライバー交代以外の他の作業をしてはいけない状況だったため、このあとドライブスルーペナルティの裁定が下りました。

2018年のレギュレーション変更にて給油中の窓拭きおよびウィンドウフィルム剥がしの作業が認められることになりました。

 

ピットで車両と停止するときはエンジン停止

SUPER GTではピットエリアに停止したときはエンジンを停止しなければなりません。当然、レース中のピット作業の間もエンジンは停止しなければならず、タイヤ交換や給油作業を終えたあと、ドライバーがエンジンを始動しピットアウトします。

エンジン始動は四輪が接地された状態で行わなければならず、エアジャッキ等でタイヤが浮いた状態でエンジンを始動するとペナルティの対象となります。

 

関連記事