【3/30】2020年 F1レギュレーション改訂概要

SUPER GTのシード権に関するルール




 

SUPER GTシリーズに出場できる車両台数は45台と定められています。GTAはSUPER GTに出場できる優先権をシード権と定め、シード権に従って出場の優先順位を決定します。

サーキットによっては最大決勝出走台数が45台未満となる場合があります。そのため、GTAはシード権に従って事前に出場できるチームを決定します。このシード権によって、現在のSUPER GTでは予選落ちが発生しないように考慮されています。

 

 

 

2020年 SUPER GT 決勝最大出場台数

決勝へ出場できる台数は開催するサーキットの使用できるピットの数によって決まります。

2020年3月4日、GTAは2020年シーズンにおける決勝最大出場台数を発表しました。ほとんどのサーキットでは決勝最大出場台数はGT500クラスとGT300クラス合わせてSUPER GTに参戦できる台数と同じ45台となっています。ただし、スポーツランドSUGOとマレーシアのセパンインターナショナルサーキットでは43台、タイのチャーンインターナショナルサーキットは42台となっています。

セパンインターナショナルサーキットとチャーンインターナショナルサーキットでの開催では現地チームによるスポット参戦(ワイルドカード参戦)がある場合があります。下記の決勝最大出場台数にはスポット参戦によるチームは含まれていません。

 

ラウンド 開催地 決勝最大出場台数
第1戦 岡山国際サーキット 45台
第2戦 富士スピードウェイ 45台
第3戦 鈴鹿サーキット 45台
第4戦 チャーンインターナショナルサーキット 42台
第5戦 セパン インターナショナル サーキット 43台
第6戦 スポーツランドSUGO 43台
第7戦 オートポリス 45台
第8戦 ツインリンクもてぎ 45台

 

 

ラウンド 開催地 決勝最大出場台数
第1戦 岡山国際サーキット 45台
第2戦 富士スピードウェイ 45台
第3戦 鈴鹿サーキット 45台
第4戦 チャーンインターナショナルサーキット 42台
第5戦 富士スピードウェイ 45台
第6戦 オートポリス 45台
第7戦 スポーツランドSUGO 43台
第8戦 ツインリンクもてぎ 45台

 

 

 

シード権の決め方

シード権にはAシード権チーム、Bシード権チーム、Cグループチームの3種類がありますが、これらのシード権チーム以外にGTAがインターナショナルチームとして最大2チームを認定することがあります。

  • Aシード権チーム
  • Bシード権チーム
  • Cグループチーム
  • インターナショナルチーム

 

Aシード権チーム、Bシード権チーム、インターナショナルチームのどのシードにも該当しない場合はCグループチームとなります。Aシード権チームとBシード権チームに与えられる特典とCグループチームへの参加条件についてはGTAから別途公示されます。

Cグループチームは専用ガレージの有無やチームクルーの雇用状況などGTAから審査され、承認を受けなければなりません。

 

Aシード権チーム

GT500クラス
全チーム

GT300クラス
2019年チームポイントランキング18位まで

インターナショナルチーム GT300クラス
GTAおよびGTEが認めたインターナショナルチーム
(最大2チーム)
Bシード権チーム GT300クラス
2019年GT300クラスの獲得チームポイントランキング上位から数え、Aシードおよびインターナショナルチームと合算して42台以内となるチーム
Cグループチーム

GT300クラス
Aシード権チーム、Bシード権チーム、インターナショナルチーム、既存チームからGT300クラスにエントリーする車両を除き合計して45台以内でGT300クラスへ新規参戦する車両

 

既存のチームで45台のエントリーが埋まってしまうと、SUPER GTに新規に参戦することができません。

 

 

2020年 SUPER GT シード権チーム一覧

2020年3月4日、GTAは2020年シーズンのAシード権チーム、Bシード権チーム、インターナショナルチーム、Cグループチームを発表しました。

 

Aシード権チーム

 

GT500クラス 全15チーム

  • 37 TGR TEAM KeePer TOM’S
  • 23 NISMO
  • 38 TGR TEAM ZENT CERUMO
  • 39 TGR TEAM SARD
  • 3 NDDP RACING with B-MAX
  • 17 KEIHIN REAL RACING
  • 36 TGR TEAM au TOM’S
  • 100 TEAM KUNIMITSU
  • 8 ARTA
  • 19 TGR TEAM WedsSport BANDOH
  • 64 Modulo Nakajima Racing
  • 24 KONDO RACING
  • 12 TEAM IMPUL
  • 16 TEAM MUGEN
  • 14 TGR TEAM WAKO’S ROOKIE

 

GT300クラス 18チーム

  • 55 ARTA
  • 96 K-tunes Racing
  • 4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
  • 11 GAINER
  • 56 KONDO RACING
  • 65 K2 R&D LEON RACING
  • 88 JLOC
  • 87 JLOC
  • 60 LM corsa
  • 52 埼玉トヨペット Green Brave
  • 10 GAINER
  • 34 Modulo Drago CORSE
  • 61 R&D SPORT
  • 7 BMW Team Studie × CSL
  • 18 TEAM UPGARAGE
  • 21 Audi Team Hitotsuyama
  • 25 HOPPY team TSUCHIYA
  • 5 TEAM MACH

 

Bシード権チーム

 

GT300クラス 7チーム

  • 9 PACIFIC D’station Racing
  • 31 apr
  • 2 Cars Tokai Dream28
  • 50 Arnage Racing
  • 360 TOMEI SPORTS
  • 48 NILZZ Racing
  • 30 apr

 

インターナショナルチーム

 

GT300クラス 2チーム

  • 33 X Works
  • 35 Panther arto Team Thailand

 

Cグループチーム

 

GT300クラス 3チーム

  • 22 R’Qs MOTOR SPORTS
  • 6 ADVICS muta Racing INGING
  • 244 Max Racing

 

 

2020 SUPER GT Series Participation Regulations

8 公式登録基準

1) 2020年本シリーズに参加できる総台数は次の45台であり、当該チームのみが公式登録申請を行うことができる。

(1)GT500クラス全チーム、および2019年度GT300クラスの獲得チームポイントランキング(各競技車両単位)で、18位までにGTAから認定されたチーム(以下、「Aシード権チーム」という)がエントリーする車両

(2)GTAおよびGTEが次の諸条件を総合考慮してインターナショナル・チームとして認めた最大2チームがGT300クラスにエントリーする車両

・競技参加者やドライバー等のチーム体制
スポンサー状況、その他

(3)上記(1)~(2)を除き2019年度GT300クラスの獲得チームポイントランキング(各競技車両単位)上位から数え、上記(1)~(2)と合算して42台となるGT300クラスチームの車両。例えば、Aシード権チームの車両が33台、インターナショナル・チームが2台の場合、この枠では7台となる。((2)~(3)を以下、「Bシード権チーム」という。)

(4)「Aシード権チーム」および「Bシード権チーム」以外の既存チーム(GTE休会チームを含む)からGT300クラスにエントリーする車両

(5)「Aシード権チーム」、「Bシード権チーム」および上記(4)を含め、合算して45台以内で新規チームからGT300クラスにエントリーする車両。新規チームは、専用ガレージの有無やチームクルーの雇用状況等についてGTAおよびGTEの審査を受け、承認されなければならない。
((4)~(5)を以下、「Cグループチーム」という)

©GTA

 

 

 

 

 

関連記事

 

次の記事へ

SUPER GTのピットロード、ピット作業に関するルール

 

前の記事へ

SUPER GTにおけるBoPによる車両の性能調整

 

SUPER GT レース結果