ペナルティ

F1では明らかな規則違反や過失が認められる接触行為に対して、審査委員会はレース中にペナルティを執行します。ペナルティが科せられる理由としては以下のように規則書に明記されています。

  • 本競技規則41条に基づきレースの中断を必要とするもの。
  • 本競技規則もしくは国際競技規則を侵害するもの。
  • 1台以上の車両の反則スタートを引き起こしたもの。
  • 衝突を起こしたもの。
  • ドライバーのコースアウトを強いるもの。
  • ドライバーによる正当な追い越し行為を妨害するもの。
  • 追い越しの最中に他のドライバーを不当に妨害するもの。

F1でレース中に執行されるペナルティは以下の4種類があります。

 

5秒間のタイムペナルティ

ドライバーはピットインし、自身のピットに少なくとも5秒間停止しなければなりません。ピットストップ時に消化することも可能ですが、ペナルティ消化中にピットクルーが車両に触れることは認められません。ペナルティを消化しないままレースを終了することも可能で、その場合はレース結果に5秒加算されます。

 

10秒間のタイムペナルティ

基本的には上記の5秒間のタイムペナルティと同じで、停止時間が10秒間になったものです。

 

ドライブスルーペナルティ

ドライバーはピットインし自身のピットに停止することなく、コースへ復帰しなければなりません。

 

10秒間のストップアンドゴー タイムペナルティ

ドライバーはピットインし自身のピットに少なくとも10秒間停止し、コースへ復帰しなければなりません。5秒間/10秒間のタイムペナルティと異なり、ペナルティ消化と同時にピット作業を行うことができません。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS -38) レース中の事件

 

関連記事

 

スペアカーの使用、パワーユニット、ギアボックス交換

スペアカーの使用

F1ではスペアカーの使用を禁止されています。1レースイベントにおける1チームが使用できるマシンの数は2台と規定されています。

 

パワーユニット交換

各ドライバーは年間4基のパワーユニットを使用することができます。

パワーユニットは以下の6つの要素から構成されています。

  • ICE (エンジン)
  • MGU-K (運動エネルギー回収システム)
  • MGU-H (熱エネルギー回収システム)
  • ES (エナジーストア)
  • TC (ターボチャージャー)
  • CE (コントロールユニット)


出典:honda.co.jp

これらの構成要素をそれぞれ4基使用することができ、自由に組み合わせることができます。これが年間4基の定義となります。

構成要素のいずれかのうち、5基目を初めて使用するとき、10グリッド降格のペナルティとなり、残りの構成要素のいずれかのうち、5基目を初めて使用する時、5グリッド降格のペナルティとなります。

6基目、7基目…のパワーユニット構成要素を初めて使用する場合も同様に10グリッドもしくは5グリッド降格のペナルティとなります。

 

ギアボックス交換

各ドライバーはギアボックス1基を6レース連続で使用する必要があります。ギアボックス交換を行った場合は決勝のスターティンググリッドが5グリッド降格となります。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 23) スペアカー、エンジン、およびギアボックス

 

ポイントシステム

ドライバーズポイント

F1においては、それぞれのレース結果に応じたポイントが与えられ、年間を通して獲得したポイント数で争われます。最もポイントを獲得したドライバーがシリーズチャンピオンとなります。ポイントは1位から10位のドライバーにポイントが与えられます。

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
25 18 15 12 10 8 6 4 2 1

 

コンストラクターズポイント

タイトルはドライバーだけでなく、チームにも与えられます。チームに与えられるポイントはコンストラクターズポイントと呼びます。1チーム2台体制で参戦していますので、2人のドライバーの獲得ポイントの合計がコンストラクターズポイントとして加算されます。

 

レース途中で中止となった場合

先頭車両が2周回を完了する前に中止となった場合

  • レースは成立せず、ポイントは与えられません。

先頭車両が2周回を完了し、レース距離の75%未満で中止となった場合

  • レースは成立しますが、与えられるポイントは半分になります。

先頭車両がレース距離の75%以上を完了した後で中止となった場合

  • レースは成立し、通常のポイントが与えられます。

 

同ポイントの場合

同ポイントで並んだ場合は、優勝の数が多い方が上位となります。どちらのドライバーも優勝していない場合は2位の数が多いドライバーが上位となります。それでも決まらない場合は3位の数、4位の数・・・が多いドライバーが上位となります。それでも決められない場合は、FIAの審議により決められます。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 6) 世界選手権

 

関連記事