スタート

 

 

 


スタート手順

F1ではフォーメーションラップ開始時間を起点として以下のスケジュールでスタート進行を行います。

フォーメーションラップ開始 内容
30分前 レコノサンスラップ開始(ピットロード出口オープン)
15分前 レコノサンスラップ終了(ピットロード出口クローズ)
10分前 ドライバー、競技役員、チーム技術スタッフ以外は全員グリッドから退去
3分前 全ての車両はタイヤの装着を完了
1分前 エンジン始動
15秒前 チームスタッフは全員グリッドから退去完了
この後グリーンライトが点灯されフォーメーションラップ開始

 

レコノサンスラップ

決勝のフォーメーションラップ開始時刻の30分前になると、ピットロード出口のシグナルが赤から緑に点灯しコースオープンとなります。競技車両は自身のピットからコースインし、コースを1周走行した後にメインストレートにある自身のグリッドに着きます。

レコノサンスラップではコースイン後もすぐにグリッドに着く必要はなく、ピットインすることで時間内であれば何周も走行することができます。

フォーメーションラップ開始時刻の15分前になるとピットロード出口のシグナルが赤に変わり、コースインすることができなくなります。時間内にコースインできなかった車両はピットスタートとなります。

ピットスタートはレーススタート後に競技車両がピットロード出口付近を全車通過した後、ピットロード出口のシグナルが緑に変わり、ピットスタートの車両はレースに加わることができます。

 

スタート進行

グリッド上でフォーメーションラップに向けてマシンの最終チェックが行われます。スタート前のセレモニーとして国歌斉唱が行われます。

 

フォーメーションラップ

グリーンライトが点灯されたら先頭の車両からフォーメーションラップを開始します。このとき、エンジンストール等によりフォーメーションラップを開始できなかった車両はマーシャルによってコース外に押し出され、スタート可能であればピットレーンからのスタートが認められます。

フォーメーションラップ中の追い越しは禁止されていますが、トラブル等によってスロー走行している車両の追い越しは認められます。この遅れてしまった車両は第1セーフティカーラインに到達するまでに元のグリッド順に戻ることができなければ、ピットレーンからのスタートとなります。

フォーメーションラップ中は、前後の間隔が開きすぎないように走行し、1周回走行した後に全ての競技車両は自身のグリッドに停止します。

グリッドに正しく停止したかどうかはグリッドマーシャルによってチェックされ、全ての競技車両が正しくグリッドに停止すると、グリッド後方でグリーンフラッグが振られます。

 

スタンディングスタート

F1のレーススタートはスタンディングスタートで行われます。

シグナルはシリーズを通して共通の5ユニット式のシグナルで行われ、スターターはF1のレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティング氏が担当します。

1秒毎に1つずつレッドシグナルが点灯し、5つのレッドシグナルが点灯した後、全てのレッドシグナルが同時に消灯されレーススタートとなります。

レッドシグナルが消灯する前に動いた車両はジャンプスタートとなりペナルティの対象となります。

start_signal_5unit

 

エクストラフォーメーションラップ

フォーメーションラップが終了しグリッドに着いた後にエンジンストールなどによりスタートできなくなった場合、ドライバーは手を振るなどの合図により、グリッドマーシャルに知らせます。グリッドマーシャルは黄旗を振ることによってレースディレクター(スターター)に異常を知らせます。

レースディレクターがスタートのやり直しを決定するとイエローライトが点滅し、EXTRA FORMATION LAPのボードが提示されます。その後、グリーンライトが点灯され、フォーメーションラップのやり直しとなり、先頭の車両から再度フォーメーションラップを開始します。

エクストラフォーメーションラップを行うたびにレース周回数は1周減算となります。また、原因となったドライバーは最後尾グリッドからのスタートになります。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 36) スタート手順

 

関連記事