2018年 SUPER GT 主な規則変更内容

 

 

 


GT500クラス、燃料流量リストリクター数値の調整

2017年からGT500クラスはウエイトハンディが50kgを超えた場合は車載ウエイトに加えて燃料流量リストリクター径の調整が加えられていましたが、2018年は燃料流量が見直され、2017年よりもウエイトハンデがより厳しくなりました。

ウエイトハンディ 車載ウエイト 燃料流量リストリクター
0~50kg 0~50kg 95.0kg/h
51~67kg 34~50kg 92.4 → 91.8kg/h
68~84kg 34~50kg 89.8 → 88.6kg/h
85~100kg 35~50kg 87.4 → 85.5kg/h

 

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第23条 ウェイトハンディ制

 

GT300クラス、公式予選Q1で組み分けを実施

2018年からエントリー台数の増加に伴い、GT300クラスの公式予選Q1で組み分け方式(A組/B組)が採用される場合があることが決定されました。組み分けを実施するかどうかはレース開催前にGTAから発表されます。

組み分けは前大会の競技結果成績(チーム順位)に基づき、基数順位がA組、偶数順位がB組となります。

組み分けがない場合、Q1は全車走行の10分間セッションが行われます。
上位14台がQ2へ進出し、15位以下はグリッド決定となります。

組み分けがある場合、Q1は最初にGT300 A組による10分間のセッションが行われ、5分間のインターバルの後、GT300 B組による10分間のセッションが行われます。
各組の上位7台ずつ、合計14台がQ2へ進出。15位以下はグリッド決定となります。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第29条 プラクティスセッション(公式予選等)

 

決勝スタート時の2列隊列走行の厳格化

2018年から決勝スタート時の2列隊列走行の厳格化がスポーティングレギュレーションにより規定されました。グリッドボードが提示されてからスタートシグナル(グリーンライト)が点灯するまではポールポジション車両による先導で速度は80~90km/hに制限され、加減速することが禁止されました。

また、これまでシグナルによるスタート合図(レッドシグナル点灯→グリーンシグナル点灯)はGT500クラスのみに行われていましたが、2018年からGT300クラスに対しても行われることになりました。GT500クラス同様にスタートシグナルの点灯まで90km/hを超えて走行することが禁止されます。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第32条 スタート手順

 

GTA指定レースでのエアコンまたはクールスーツの搭載義務付け

GTAが指定する大会においては、車両にエアコンを搭載するか、クールスーツシステムを搭載することが義務付けられました。タイ大会や夏場に開催されるレースでは暑さが懸念され、エアコンやクールスーツによってドライバーの体調管理が行われてきましたが、軽量化のためエアコンもクールスーツも搭載しないという作戦が存在してきました。今回のレギュレーション変更により、そのような作戦が禁止されることになります。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第25条 参加車両

 

燃料補給中の窓拭きウィンドウフィルム剥がしが許可

レース中のピットストップ作業において、燃料補給中はドライバーの乗降などレギュレーションで定められた一部の作業しか行うことが認められていませんでしたが、2018年からは燃料補給中に窓拭きやウィンドウフィルム剥がしの作業が認められることになりました。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第27条 ピットエリア