チェッカーフラッグ

 

 

 


 

チェッカーフラッグ(Checkered Flag)は各セッションの終了時にコントロールライン付近のポストで振られ、セッションの終了を知らせます。チェッカーフラッグは正しくは黒と白のチェッカー旗と呼びます。

 

 

規則

国際モータースポーツ競技規則 付則H項
(2018年3月26日発行版)

2.4.4.1 c) 黒と白のチェッカー旗:
この旗は振動表示され、プラクティスセッションまたは決勝レースの終了を意味する。

 

 

フリー走行および公式予選での運用

フリー走行および公式予選においてはチェッカーフラッグはセッション終了時間になったタイミングで提示されます。チェッカーフラッグを受けた車両は安全に走行し、その周の終わりでピットインしなければなりません。

 

 

決勝での運用

決勝においては、先頭車両がレース規定周回を完了した時点で振られます。レース終了が時間で規定されている場合は規定時間を経過した周回がファイナルラップ(最終周)となり、先頭車両がその周回を完了する時に振られます。

決勝においては必ずトップの車両からチェッカーフラッグが振られます。トップ以外の車両からチェッカーフラッグが振られることはありません。

もし誤って規定周回を完了する前にチェッカーフラッグが提示されてしまった場合、レースはチェッカーフラッグが振られた時点で終了となります。

 

 

ダブルチェッカー

チェッカーフラッグを受けた車両はその周回でピットインしなければなりません。ピットインせずに、走行を継続するとダブルチェッカーと呼ばれるペナルティとなります。

2回チェッカーフラッグを受けたという意味でダブルチェッカーと呼ばれます。

他の競技車両やコース清掃中のコースマーシャルに危険を及ぼす可能性がある、後の競技の進行の妨げになるなどの理由で重大な違反とされています。

チェッカーフラッグの提示と同時にコントロールラインを通過する車両に対してはチェッカーフラッグの目視による確認が困難であると判断されるため、この場合は違反として扱われることはありません。

ただし、最後の周回で記録したラップタイムはセッション終了後に記録したものと扱われるため、基本的にはそのタイムは無効となり採択されません。

レースカテゴリーによっては、レースコントロールからチェッカーを受けた先頭車両のゼッケンが無線や計時画面の文字情報などによりチームへ伝えられ、その情報がチーム無線を通じてドライバーに伝達されるため、目視によるチェッカーフラッグの確認が困難な場合においても、ダブルチェッカーとならないように配慮されています。

 

 

間違えて振られた場合

レース中にチェッカーフラッグが間違えて振られた場合は、規定周回数を完了していなくてもレースはその時点で終了となります。

2014年F1中国GPではマーシャルのミスにより規定周回数よりも1周早くチェッカーフラッグが振られたため、1周少ない周回数でレースが終了しました。

また、ミスによりチェッカーフラッグが振られなかった場合は、規定の周回数が完了した時点でレースは終了となります。

 

2017 SUPER GT Sporting Regulations

第38条 レース終了

1. レース終了は、フィニッシュライン(最終のコントロールライン)を基準として管理される。ここでいうコントロールラインとは、コースおよびピットレーンの双方を交差する単一の直線を指す。レース終了の合図(チェッカーフラッグ)は、先頭車両が全レース距離を走行し終わった時点でただちに表示される。
レース距離が走破される前に競技会特別規則に規定される決勝レース終了時刻を超過した場合、この時刻を経過した後の周回(最終周回)の先頭車両(リーディングカー)がコントロールラインを通過した時点でレース終了の合図が提示される。
最終周にピットインした場合でもピットレーン上のコントロールラインを通過すればチェッカーフラッグを受けたものとする。

2. 万一チェッカーフラッグが不注意、その他の理由により先頭車両が規定周回数を完了する前に表示された場合でも、レースはその時点で終了したものとみなされる。

3. また、チェッカーフラッグが不注意によって遅れて表示された場合には、最終順位はレース距離が達成された時点における順位に従って決定される。