【3/30】2020年 F1レギュレーション改訂概要

SUPER GTのドライバーに関するルール




 

ドライバー交替

SUPER GTでは規則によって1名のドライバーがレース距離の3分の2を超えて運転してはならないため、レース途中のピットストップのタイミングでドライバー交替が行われます。

 

出典:youtube.com

 

1チームの登録ドライバーは2名ですが、2019年シーズンの富士スピードウェイでのレースにおいてはレース距離が500kmもしくは800kmと長いため、3人目のドライバーの登録が認められました。

走行距離の長いレースにおいてはドライバー交替の回数が特別規則書で規定される場合が多いため、ピットストップ時にドライバー交替を行わず、1人のドライバーが連続して走行を続けたとしても有利にはならないようになっています。

 

2020 SUPER GT Sporting Regulations

第35条 最大運転距離

1名のドライバーが総計で当初のレース距離の2/3を超えて運転してはならない。ただし、ドライバーの交替前にセーフティカーが出動しセーフティカー活動中にドライバー交替を行えなかった場合は本条の適用が免除されるが、セーフティカーの退去周にドライバー交替を行わなければならない。オーガナイザーは、当初のレース距離の2/3に相当する周回数(小数点以下切捨)を競技会特別規則に明記すること。

©GTA

 

 

ドライバー識別灯

SUPER GTではセッションの途中でドライバー交代を行いますが、第1ドライバー、第2ドライバーのどちらが乗車しているのか外観で分かるようになっています。フロントウィンドウの向かって右上にLEDによる表示灯があり、色で見分けられるようになっています。

 

  • 赤色 第1ドライバー
  • 青色 第2ドライバー
  • 緑色 第3ドライバー

 

出典:youtube.com

 

ディスプレイによるドライバー名表示

2020年シーズンからドライバー識別灯が廃止され、ディスプレイによるドライバー名の表示へ変更される予定です。

 

 

 

ライセンス

SUPER GTに参戦するドライバーはFIAが発給する国際B以上のライセンスが必要です。

また、チーム監督に対しても国際エントラントライセンスもしくは国際C以上のドライバーライセンスが必要になります。

 

2020 SUPER GT Sporting Regulations

第4条 競技許可証(ライセンス)

1. すべての競技参加者、チーム監督およびドライバーは、所属するASNが発給する当該競技会に
有効な以下の競技許可証(ライセンス)を所持しなければならない。

1) 競技参加者:国際競技参加者許可証(国際エントラントライセンス)

2) チーム監督:国際エントラントライセンスまたは国際競技運転者許可証(国際ドライバーライセンス)グレードC以上

3) ドライバー:国際ドライバーライセンスグレードB以上

©GTA

 

 

スーパーライセンスポイント

SUPER GTのシリーズ9位までのドライバーには、F1ドライバーになるために必要なスーパーライセンスポイントが与えられます。過去3年においてスーパーライセンスポイントを40ポイント以上を獲得することでスーパーライセンスを取得できる資格が与えられます。

 

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
20 16 12 10 7 5 3 2 1 0

 

 

 

 

 

関連記事

 

次の記事へ

SUPER GTの公式予選

 

前の記事へ

SUPER GTのGT500クラスとGT300クラスによる混走レース

 

SUPER GT レース結果