【3/25】スーパーフォーミュラ 富士スピードウェイ 公式テスト

F1の無線機の使用に関するルール




 

F1では規則で無線機の使用が禁止されていないため、レース中に無線機を使用してチームとドライバーが通話を行うことができ、マシンやタイヤの状態、ピットインのタイミング、順位を争っているライバルとの差など様々な情報のやりとりをすることができます。

 

 

 

2016年のF1では競技規則第27.1項にある『ドライバーは、1人で援助なしに運転しなければならない。』の内容を厳格化することがFIAよりアナウンスされ、無線機を使用したチームからドライバーへの援助が規制されることになりました。

実際に無線機を使ってチームがドライバーに援助したとして、ペナルティが科されるケースもありましたが、マシンにトラブルが発生したときの対処方法を無線でチームに聞くといったことも規制の対象となり、安全性が低下するとの声が高まったため、シーズン途中で無線通信の規制は撤廃されました。

 

 

2020 FORMULA 1 SPORTING REGULATIONS

27) DRIVING

27.1 The driver must drive the car alone and unaided.

27.2 Drivers must observe the provisions of the Code relating to driving behaviour on circuits at all times.

27.3 Drivers must make every reasonable effort to use the track at all times and may not deliberately leave the track without a justifiable reason.
Drivers will be judged to have left the track if no part of the car remains in contact with it and, for the avoidance of doubt, any white lines defining the track edges are considered to be part of the track but the kerbs are not.
Should a car leave the track the driver may re‐join, however, this may only be done when it is safe to do so and without gaining any lasting advantage. At the absolute discretion of the race director a driver may be given the opportunity to give back the whole of any advantage he gained by leaving the track.

27.4 At no time may a car be driven unnecessarily slowly, erratically or in a manner which could be deemed potentially dangerous to other drivers or any other person.

 

 

 

 

 

関連記事

 

次の記事へ

F1のピットロード、ピット作業に関するルール

 

前の記事へ

F1におけるバーチャルセーフティカー(VSC)の運用ルール

 

F1 レース結果