【4/21】2021年 F1 第2戦 エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅選手に対するペナルティ一覧

 

コロナの影響は無くなった?『スーパーフォーミュラ第4戦エントリーリスト』

 

11月14日(土)、15日(日)に大分県にあるオートポリスで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦が開催されます。

第3戦スポーツランドSUGOの前には、スーパーフォーミュラでは、参戦する外国人ドライバーやWECなどの海外シリーズへ参戦する日本人ドライバーが新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大による渡航制限の影響を受け、未だに当初のエントリーリストに記載のあったドライバー全員がそろったことが無いと言うことをお伝えしました。

新型コロナウイルスによるスーパーフォーミュラ ドライバーへの影響

 

これまでのところ、スーパーフォーミュラに参戦するドライバーが新型コロナウイルスに感染した事例はまだありませんが、オートポリスで開催される第4戦のエントリーリストが発表されました。

まず、新型コロナウイルスの影響により、変更の多かった第3戦までのエントリーリストを振り返ります。

 

 

第1戦 ツインリンクもてぎ

8月29日(土)、30日(日)にツインリンクもてぎで開催されたスーパーフォーミュラ第1戦では、TEAM MUGENのユーリ・ヴィップス選手も来日することができず、代役として笹原右京選手が参戦しました。

Buzz Racing Team with B-Maxのセルジオ・セッテ・カマラ選手とシャルル・ミレッシ選手が入国制限のために来日することができず、欠場となりました。2名のドライバーの代役として名取鉄平選手を起用しましたが、真夏の開催で併催のスーパーフォーミュラ・ライツとのダブルヘッダーということもあり、スーパーフォーミュラ・ライツへ専念することから、日曜日の午前中に行われた公式予選終了後に決勝への出場を取りやめることになりました。

8月15日にベルギーのスパフランコルシャンで開催されたWECのレースに出場していた中嶋一貴選手と山下健太選手はレース終了後、すぐに日本へ帰国していましたが、2週間の自主隔離期間中であったため、サーキット内で自主隔離を継続しながらの参戦となりました。

ThreeBond Racing with Drago CORSEのスペイン人ドライバーのタチアナ・カルデロン選手は8月上旬に日本に入国し、2週間の自主隔離期間を経て、スーパーフォーミュラへの参戦が実現しました。

  • TEAM MUGEN
    ユーリ・ヴィップス 選手
     → 笹原 右京 選手
  • Buzz Racing Team with B-Max
    セルジオ・セッテ・カマラ 選手
    シャルル・ミレッシ 選手
     → 名取 鉄平 選手

 

第2戦 岡山国際サーキット

9月26日(土)、27日(日)に岡山国際サーキットで開催されたスーパーフォーミュラ第2戦では、ルマン24時間耐久レースに参戦した、中嶋一貴選手、山下健太選手、タチアナ・カルデロン選手が欠場となりました。

VANTELIN TEAM TOM’Sは中嶋一貴選手の代役として、宮田莉朋選手を起用しました。KONDO RACINGは山下健太選手の代役として阪口晴南選手を起用しました。宮田莉朋選手と阪口晴南選手は併催するスーパーフォーミュラ・ライツとダブルヘッダーでの参戦となりました。

ThreeBond Racing with Drago CORSEはタチアナ・カルデロン選手に代わり、塚越広大選手を起用しました。

第1戦に続き、TEAM MUGENのユーリ・ヴィップス選手は来日することができず、代わりに笹原右京選手が参戦しました。

また、Buzz Racing Team with B-Maxは第2戦においてもセルジオ・セッテ・カマラ選手とシャルル・ミレッシ選手が来日できないことから、代役として高星明誠選手を起用しました。

  • VANTELIN TEAM TOM’S
    中嶋 一貴 選手
     → 宮田 莉朋 選手
  • KONDO RACING
    山下 健太 選手
     → 阪口 晴南 選手
  • ThreeBond Racing with Drago CORSE
    タチアナ・カルデロン 選手
     → 塚越 広大 選手
  • TEAM MUGEN
    ユーリ・ヴィップス 選手
     → 笹原 右京 選手
  • Buzz Racing Team with B-Max
    セルジオ・セッテ・カマラ 選手
    シャルル・ミレッシ 選手
     → 高星 明誠 選手

 

第3戦 スポーツランドSUGO

10月17日(土)、18日(日)にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦では新型コロナウイルスの影響による渡航制限のため、タチアナ・カルデロン選手、ユーリ・ヴィップス選手、シャルル・ミレッシ選手が欠場となりました。

ThreeBond Racing with Drago CORSEはタチアナ・カルデロン選手の来日が実現できなかったため、第2戦に続いて塚越広大選手を起用することを発表しました。

TEAM MUGENは第1戦、第2戦に続いてユーリ・ヴィップス選手の来日が実現できなかったため、笹原右京選手を起用することを発表しました。

Buzz Racing Team with B-Maxはこれまで出場できていなかったセルジオ・セッテ・カマラ選手が参戦することになりました。しかしながら、シャルル・ミレッシ選手は入国が認められず、第3戦も欠場することになりました。

  • ThreeBond Racing with Drago CORSE
    タチアナ・カルデロン 選手
     → 塚越 広大 選手
  • TEAM MUGEN
    ユーリ・ヴィップス 選手
     → 笹原 右京 選手
  • Buzz Racing Team with B-Max
    シャルル・ミレッシ 選手
     → 欠場

 

 

第4戦 オートポリス

11月14日(土)、15日(日)にオートポリスで開催されるスーパーフォーミュラ第4戦においても数名のドライバーが欠場することが決定していますが、2020年シーズン初めて20台で争われる予定となっています。

VANTELIN TEAM TOM’SはWEC(世界耐久選手権)へ出場する中嶋一貴選手に代わって、宮田莉朋選手を起用することを発表しました。

carozzeria Team KCMGは中嶋一貴選手同様にWECへ参戦する小林可夢偉選手に代わって、中山雄一選手を起用することを発表しました。

TEAM MUGENは第3戦まで来日できなかったユーリ・ヴィップス選手に代わって、笹原右京選手を起用してきましたが、今シーズンの最終戦まで笹原右京選手の起用を継続することを発表しました。

ユーリ・ヴィップス選手はアルファタウリのリザーブドライバーとしてF1トルコGPに帯同するため、オートポリスでの第4戦を欠場することになったようです。

Buzz Racing Team with B-Maxはセルジオ・セッテ・カマラ選手が諸事情により出場することができなくなったため、代役としてFIA F2へ参戦していた松下信治選手を起用することを発表しました。

また、第3戦まで新型コロナウイルスの影響による渡航制限のため参戦することができていなかったシャルル・ミレッシ選手がオートポリスでの第4戦に出場することが明らかになっています。

  • VANTELIN TEAM TOM’S
    中嶋 一貴 選手
     → 宮田 莉朋 選手
  • carrozzeria Team KCMG
    小林 可夢偉 選手
     → 中山 雄一 選手
  • TEAM MUGEN
    ユーリ・ヴィップス 選手
     → 笹原 右京 選手
  • Buzz Racing Team with B-Max
    セルジオ・セッテ・カマラ 選手
     → 松下 信治 選手

 

第4戦 エントリーリスト(11/13現在)

チーム エンジン No. ドライバー
VANTELIN TEAM TOM’S トヨタ 1 ニック キャシディ
36 宮田 莉朋
KONDO RACING トヨタ 3 山下 健太
4 サッシャ フェネストラズ
DOCOMO TEAM DANDELION RACING ホンダ 5 山本 尚貴
6 福住 仁嶺
carozzeria Team KCMG トヨタ 7 中山 雄一
18 国本 雄資
ThreeBond Racing with Drago CORSE ホンダ 12 タチアナ カルデロン
ROOKIE Racing トヨタ 14 大嶋 和也
TEAM MUGEN ホンダ 15 笹原 右京
16 野尻 智紀
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL トヨタ 19 関口 雄飛
20 平川 亮
JMS P.MU/CERUMO・INGING トヨタ 38 石浦 宏明
39 坪井 翔
Buzz Racing Team with B-MAX ホンダ 50 松下 信治
51 シャルル ミレッシ
TCS NAKAJIMA RACING ホンダ 64 牧野 任祐
65 大湯 都史樹

 

当初のエントリーリスト

2020年 スーパーフォーミュラ エントリーリスト

 

まとめ

これまで、スーパーフォーミュラは新型コロナウイルスの感染拡大の影響による渡航制限のため、外国人ドライバーが思うように来日できず、参戦できないケースがありました。

今回、スーパーフォーミュラ第4戦のエントリーリストが明らかになりましたが、新型コロナウイルスの影響はほぼ無くなったと考えられるのではないでしょうか。

中嶋一貴選手と小林可夢偉選手はWEC参戦を優先するためスーパーフォーミュラに参戦できないのは仕方がありません。開催スケジュールの変更により、開催日が重なってしまったのはやむを得ないと考えます。

セルジオ・セッテ・カマラ選手は参戦できない理由として、チームが『諸事情のため』と明らかにしているため、新型コロナウイルスは関係ないと判断できます。

ユーリ・ヴィップス選手については、チームが最終戦まで代役の笹原右京選手の起用を発表したことから、今シーズンのスーパーフォーミュラへの参戦を断念したのかもしれません。アルファタウリのリザーブドライバーとしての活動を優先とするのだと考えられます。

いずれにせよ、今回のスーパーフォーミュラ第4戦では当初のエントリーリスト通りの20台によって争われることになります。まだ、新型コロナウイルスの影響は避けられないとはいえ、外国人ドライバーも参戦できるようになってきました。

少なくとも、オートポリスでの第4戦に関しては新型コロナウイルスの影響により、参戦できないドライバーはいなくなったと言えます。

スーパーフォーミュラはオートポリスの後、鈴鹿サーキットでの2連戦と富士スピードウェイでの最終戦とまだまだ続きます。また、やっと本来のスーパーフォーミュラと言えるレベルの高いバトルも観られるようになってきました。

楽しみですね。

 

 

SNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です