【1/24新着】2021年 スーパーフォーミュラの『レーススタート』の手順

 

2020年 スーパー耐久 開催スケジュール・レース時間

2020年

 

2020年のスーパー耐久シリーズは2019年シーズンと同じく全6戦で開催されます。第3戦の富士スピードウェイでの24時間耐久レースの開催は3回目の開催となります。

ST-Xクラスのみ『SUZUKA 10 HOURS』がSpecial Stageとして開催されます。鈴鹿サーキットで開催される第1戦とSUZUKA 10 HOURSでの獲得ポイントが高い方が採用されるようになってます。

ところが、2020年シリーズのスケジュールは新型コロナウイルス『COVID-19』の影響により、当初のスケジュールの大幅な変更を強いられることになりました。

2021年1月13日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、モビリティランドは鈴鹿サーキットで開催する予定であった第6戦の開催中止を発表しました。

 

ラウンド 日程 開催地
第1戦 9/4〜9/6 富士スピードウェイ
第2戦 10/10〜10/11 スポーツランドSUGO
第3戦 10/31~11/1 岡山国際サーキット
第4戦 11/21~11/22 ツインリンクもてぎ
第5戦 12/12~12/13 オートポリス
第6戦 2021/1/23~1/24
(開催中止)
鈴鹿サーキット

 

公式合同テスト

開催日 開催地
7/30 富士スピードウェイ

 

 

【参考】当初の開催スケジュール

ラウンド 日程 開催地
第1戦 3/21〜3/22 鈴鹿サーキット
第2戦 4/25〜4/26 スポーツランドSUGO
第3戦 6/5〜6/7 富士スピードウェイ
第4戦 8/1~8/2 オートポリス
第5戦 9/19~9/20 ツインリンクもてぎ
第6戦 10/31~11/1 岡山国際サーキット
Special Stage
(ST-Xのみ)
8/20~8/23 鈴鹿サーキット
(SUZUKA 10 HOURS)

 

公式合同テスト

開催日 開催地
2/29 富士スピードウェイ
5/7 富士スピードウェイ

 

 

レース時間・レース方式

2020年シーズンも富士スピードウェイでの開催は24時間で行われます。

スポーツランドSUGOと岡山国際サーキットでは2グループに分かれて、それぞれ3時間のレースて争われます。

ツインリンクもてぎ、オートポリス 、鈴鹿サーキットでは全クラスによる5時間のレースで争われます。

 

ラウンド 開催地 レース時間 レース方式
第1戦 富士スピードウェイ 24時間 1レース制
第2戦 スポーツランドSUGO 3時間 クラス別2レース制
第3戦 岡山国際サーキット 3時間 クラス別2レース制
第4戦 ツインリンクもてぎ 5時間 1レース制
第5戦 オートポリス 5時間 1レース制
第6戦 鈴鹿サーキット 5時間 1レース制

 

 

次の記事へ

2020年 スーパー耐久 開催サーキット

 

前の記事へ

2020年 スーパー耐久 レギュレーション変更内容

 

 

SNSでシェアする