【10/31新着】シグナルの意味(3) レーススタートでの点灯方法②

 

WRCとWECの2021年の開催スケジュールが発表されました [2020/10/13]

 

2020年10月9日、FIA世界モータースポーツ評議会が開催され、世界ラリー選手権 (WRC : World Rally Championship)と世界耐久選手権 (WEC : World Endurance Championship)の2021年シーズンの開催スケジュールが発表されました。

WRCとWECはとぢらもトヨタが参戦しているシリーズとしてご存じかと思います。トヨタはWRCにはTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamとして『ヤリスWRC』で2017年から参戦しています。

WECにはトヨタはTOYOTA GAZOO Racingとして2012年から参戦を開始し、2020年は『TOYOTA TS050 HYBRID』で最高峰のLMP1クラスに参戦しています。トヨタは世界三大モータースポーツの1つである『ルマン24時間耐久レース』を2018年から3年連続で優勝しています。

 

 

2021年 WRC 暫定開催スケジュール

開催日 開催地
1/24 モンテカルロ
2/14 スウェーデン
4/25 クロアチア
5/23 ポルトガル
6/6 イタリア
6/27 ケニア
7/18 エストニア
8/1 フィンランド
8/22 イギリス
9/12 チリ
10/17 スペイン
11/14 日本

 

ラリージャパン

2020年、WRCでは2010年以来となる『ラリージャパン』を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス『COVID-19』の感染拡大の影響を受けて、開催中止が決定しました。

今回、WRCの2021年の開催スケジュールが発表され、改めてラリージャパンが開催されることが明らかにされました。

ラリージャパンは北海道を舞台として2004年~2008年、2010年に6回の開催が行われてきました。今回開催する予定のラリージャパンは愛知県、岐阜県で開催されます。

ラリーカーの整備を行ったり、チーム関係者が滞在するサービスパークやラリーヘッドウォーターは愛知県長久手市にある『愛・地球博記念公園 (モリコロパーク)』に設置され、トヨタのバックアップや地元の協力もあり、大規模な大会となると見られています。

 

2021年 WEC 暫定開催スケジュール

開催日 開催地 大会名
3/13~3/14 アメリカ Sebring pre-season test
3/19 アメリカ 1000 Miles of Sebring
5/1 ベルギー Total 6 Hors of Spa-Francorchamps
6/12~6/13 フランス 24 Hours of Le Mans
7/18 イタリア 6 Hours of Monza
9/26 日本 6 Hours of Fuji
11/20 バーレーン 8 Hours of Bahrain

 

WEC – 6 Hours of Fuji

WECは富士スピードウェイで2012年から毎年開催されています。今年で9回目の開催予定でしたが、WRC同様に新型コロナウイルスの影響により、開催中止が決定しました。

今回のWECの2021年の開催スケジュールが発表されたことにより、2021年も富士スピードウェイでWECが開催されることが明らかになりました。

 

まとめ

2020年は新型コロナウイルスの影響により、四輪ではF1、WRC、WEC、二輪ではMotoGP、鈴鹿8時間耐久ロードレースなど、数多くの世界選手権の開催中止が決定しました。

2021年の段階では、まだウイルスは収束していないと考えられますが、国内カテゴリーのモータースポーツにおいては、すでに観客を動員しての開催が行われるようになってきています。ドライバーやチーム関係者の入出国にまだ課題があるようですが、2021年シーズンの国際レースの開催を期待したいと思います。2021年のF1日本グランプリの正式な開催発表も待ち遠しいですね。

 

 

SNS・シェアはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です