スーパーライセンス

ドライバーとしてF1に参戦するためにはFIAの発給するスーパーライセンスが必要です。

スーパーライセンスを取得するには

スーパーライセンスを取得するためにはドライバーは以下の条件を満たし、FIAへ申請する必要があります。

  • FIA国際Aライセンスを所持していること
  • 有効な運転免許証を所持していること
  • F1に参戦する時点で18歳以上であること
  • 以下のレースシリーズを2シーズン(80%以上)参戦していること
     ・フォーミュラルノー1.6
     ・F3
     ・フォーミュラルノー2.0
     ・FIA F4
     ・インディライツ
     ・SUPER FORMULA
     ・GP3
     ・フォーミュラルノー3.5
     ・インディカー
     ・FIA WEC (LMP1)
     ・FIA F3 欧州シリーズ
     ・GP2
     ・FIA Formula E
     ・FIA F2
  • 申請前の3年間に以下に示すポイントを40ポイント以上をを獲得していること
  1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
FIA F2 40 40 40 30 20 10 8 6 4 3
GP2 40 40 30 20 10 8 6 4 3 2
IndyCar 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
European F3
Formula E
30 25 20 10 8 6 4 3 2 1
WEC (LMP1) 30 24 20 16 12 10 8 6 4 2
GP3 25 20 15 10 7 5 3 2 1 0
Formula V8 3.5
SUPER FORMULA
20 15 10 8 6 4 3 2 1 0
WEC (LMP2) 20 16 12 10 8 6 4 2 0 0
WTCC
DTM
Indy Lights
SUPER GT
15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
Supercars 13 11 9 6 4 3 2 1 0 0
IMSA (Prototype) 12 10 8 6 4 2 0 0 0 0
FIA F4 12 10 7 5 3 2 1 0 0 0
F3
Formula Renault 2.0
Formula Mazda
NASCAR
10 7 5 3 1 0 0 0 0 0
Asian/ELMS (Prototype)
WEC (GTE)
IMSA (GT LeMans)
10 8 6 4 2 0 0 0 0 0
GT3シリーズ 6 4 2 0 0 0 0 0 0 0
FFSA 5 4 3 2 1 0 0 0 0 0
カート(世界/Sr.クラス) 4 3 2 1 0 0 0 0 0 0
カート(国内/Sr.クラス)
カート(世界/Jr.クラス)
3 2 1 0 0 0 0 0 0 0
カート(国内/Jr.クラス) 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0

 

F1参戦を目指す日本人ドライバーの状況

現在、F1に最も近いとされる日本人ドライバーはホンダの育成ドライバーである福住仁嶺選手、松下信治選手、牧野任祐選手です。彼らが2019年に向けてF1ドライバーになるために必要なスーパーライセンスを取得するための条件は以下のとおりです。

福住仁嶺

  • 2018年 FIA F2、全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦
  • 2017年 GP3シリーズ 3位 (15ポイント)
  • 2016年 GP3シリーズ 7位 (3ポイント)
  • あと22ポイント

FIA F2選手権で22ポイント以上獲得するにはシリーズ4位以上の成績を残す必要があります。

 

牧野任祐

  • 2018年 FIA F2参戦
  • 2017年 FIAヨーロピアンF3選手権 15位 (0ポイント)
    2016年 全日本F3選手権 5位 (1ポイント)
  • あと39ポイント

FIA F2選手権で39ポイント以上獲得するにはシリーズ3位以上の成績を残す必要があります。

 

松下信治

  • 2018年 全日本スーパーフォーミュラ参戦
  • 2017年 FIA F2選手権 6位 (10ポイント)
  • 2016年 GP2シリーズ 11位 (0ポイント)
  • あと30ポイント

スーパーフォーミュラだけではチャンピオンを獲得しても25ポイントのため、2019年にスーパーライセンスを取得することはできません。

 

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 4) ライセンス

国際モータースポーツ競技規則 付則L項 - 第1章 第5条

 

タイヤ

F1のタイヤはワンメイクとなっており、イタリアのピレリにより供給されています。コンパウンドは晴れ用のドライタイヤ7種類、雨用のレインタイヤ2種類が設定されています。それぞれのタイヤを識別できるようにタイヤのサイドウォールにペイントが施されています。

2018年シーズンからハイパーソフトとスーパーハードが新たに追加されました。特にハイパーソフトについては最も柔らかいコンパウンドとなり、F1の更なるタイムアップが期待されています。

 

F1タイヤの種類

ドライタイヤ

  • ハイパーソフト (ピンク)
  • ウルトラソフト (パープル)
  • スーパーソフト (レッド)
  • ソフト (イエロー)
  • ミディアム (ホワイト)
  • ハード (アイスブルー)
  • スーパーハード (オレンジ)

レインタイヤ

  • インターミディエイト (グリーン)
  • ウェット (ブルー)

 

ドライタイヤはハイパーソフトが最も柔らかく、スーパーハードタイヤが最も硬いコンパウンドとなっており、一般的に柔らかいタイヤはグリップ力が高く、耐久性が低い性能となっており、硬いタイヤはグリップ力が低く、耐久性が高い性能となっています。ただし、サーキット毎に異なる路面の状況とタイヤコンパウンドの相性があるため、常に柔らかいコンパウンドの方が速く走れるとは限りません。

 

 

各グランプリで供給されるタイヤセット数

各グランプリにおいてドライバー毎に供給されるタイヤのセット数はドライタイヤが13セット、レインタイヤが4セットです。

ドライタイヤ

  • 13セット

レインタイヤ

  • 4セット

 

各グランプリで供給されるドライタイヤの種類

ドライタイヤは7種類全ての種類のコンパウンドが常に選択できるわけではなく、レース毎に3種類のコンパウンドがFIAとピレリによって事前に選択されます。

どのようなコンパウンドが選択されるのかについては、遅くともヨーロッパで開催されるレースにおいては9週間前、ヨーロッパ外で開催されるレースにおいては15週間前に発表されます。

 

 

2018年 各グランプリ供給タイヤ

グランプリ ハイパーソフト ウルトラソフト スーパーソフト ソフト ミディアム ハード スーパーハード
第1戦 オーストラリア        
第2戦 バーレーン        
第3戦 中国        
第4戦 アゼルバイジャン        
第5戦 スペイン        
第6戦 モナコ        

 

コンパウンドの決め方ですが、まず、各グランプリにおいて3種類のコンパウンドが1セットずつ(合計3セット)供給されます。残りの10セットのコンパウンドは自由に選択することができます。

チームはドライバー毎にどのコンパウンドのドライタイヤを何セットずつ使用するのかFIAに連絡する必要があります。ヨーロッパで開催されるレースにおいては8週間前、ヨーロッパ外で開催されるレースにおいては14週間前に連絡しなければなりません。

各ドライバーがどのようなコンパウンドを何セットずつ使用するのかという情報は各グランプリの開催前にFIAによって公開されます。

 

タイヤの使用義務・タイヤの返却

最初に、3種類のコンパウンドが1セットずつ(合計3セット)供給されますが、この3セットの内の最も柔らかいコンパウンドは公式予選のQ3で使用しなければならず、Q3で使用した後は返却する必要があります。

残りの2セットの内の1セットは決勝で必ず使用しなければなりません。

公式予選でQ3に進出したドライバーはQ2でベストタイムを記録したタイヤで決勝をスタートしなければなりません。

公式予選でQ3に進出できなかったドライバーは最も柔らかいコンパウンドを決勝で使用することができます。

また、自由にコンパウンドを選択できる10セットのタイヤについては、以下のタイミングでタイヤを返却しなければなりません。

  • FP1開始40分後に1セットを返却
  • FP1終了後に1セットを返却
  • FP2終了後に2セットを返却
  • FP3終了後に2セットを返却

 

各グランプリで供給されるレインタイヤの種類

レインタイヤは浅溝のインターミディエイトタイヤと深溝のウェットタイヤが設定されており、それぞれ2セットずつ供給されます。

インターミディエイトタイヤ

  • 2セット

ウェットタイヤ

  • 2セット

ウェットタイヤは雨用のタイヤですが、インターミディエイトタイヤは小雨用のタイヤでドライとウェットの中間用として位置付けられています。

 

2017年レギュレーション変更によるタイヤ幅の変更

2017年からタイヤに関する規則が変更され、フロントタイヤ、リヤタイヤの幅が変更されました。

フロントタイヤ幅

  • 245mm → 305mm

リアタイヤ幅

  • 325mm → 405mm

タイヤがよりワイドになり路面への接地面積が増えグリップが向上することにより、ラップタイムが数秒短縮されました。

 

公式予選

F1の公式予選はQ1、Q2、Q3の3セッションから構成されます。出走台数が20台の場合、最初に18分間のQ1が行われ、各ドライバーのタイミングでタイムアタックを実施し、最も遅い5台の順位(16位~20位)が決定されます。上位の15台はQ2に進出し、Q1で記録したタイムは消去されます。

Q1のチェッカーから7分間のインターバルの後、15分間のQ2が行われ、Q1同様にタイムアタックを実施し、最も遅い5台の順位(11位~15位)が決定されます。上位の10台はQ3に進出し、Q2で記録したタイムは消去されます。

Q2のチェッカーから8分間のインターバルの後、12分間のQ3が行われ、残りの10台の順位(1位~10位)が決定されます。

予選中にコース上に停止した車両は以後のセッションを走行することができません。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 33) 予選セッション

 

スタート

スタート手順

F1ではフォーメーションラップ開始時間を起点として以下のスケジュールでスタート進行を行います。

フォーメーションラップ開始 内容
30分前 レコノサンスラップ開始(ピットロード出口オープン)
15分前 レコノサンスラップ終了(ピットロード出口クローズ)
10分前 ドライバー、競技役員、チーム技術スタッフ以外は全員グリッドから退去
3分前 全ての車両はタイヤの装着を完了
1分前 エンジン始動
15秒前 チームスタッフは全員グリッドから退去完了
この後グリーンライトが点灯されフォーメーションラップ開始

 

レコノサンスラップ

決勝のフォーメーションラップ開始時刻の30分前になると、ピットロード出口のシグナルが赤から緑に点灯しコースオープンとなります。競技車両は自身のピットからコースインし、コースを1周走行した後にメインストレートにある自身のグリッドに着きます。

レコノサンスラップではコースイン後もすぐにグリッドに着く必要はなく、ピットインすることで時間内であれば何周も走行することができます。

フォーメーションラップ開始時刻の15分前になるとピットロード出口のシグナルが赤に変わり、コースインすることができなくなります。時間内にコースインできなかった車両はピットスタートとなります。

ピットスタートはレーススタート後に競技車両がピットロード出口付近を全車通過した後、ピットロード出口のシグナルが緑に変わり、ピットスタートの車両はレースに加わることができます。

 

スタート進行

グリッド上でフォーメーションラップに向けてマシンの最終チェックが行われます。スタート前のセレモニーとして国歌斉唱が行われます。

 

フォーメーションラップ

グリーンライトが点灯されたら先頭の車両からフォーメーションラップを開始します。このとき、エンジンストール等によりフォーメーションラップを開始できなかった車両はマーシャルによってコース外に押し出され、スタート可能であればピットレーンからのスタートが認められます。

フォーメーションラップ中の追い越しは禁止されていますが、トラブル等によってスロー走行している車両の追い越しは認められます。この遅れてしまった車両は第1セーフティカーラインに到達するまでに元のグリッド順に戻ることができなければ、ピットレーンからのスタートとなります。

フォーメーションラップ中は、前後の間隔が開きすぎないように走行し、1周回走行した後に全ての競技車両は自身のグリッドに停止します。

グリッドに正しく停止したかどうかはグリッドマーシャルによってチェックされ、全ての競技車両が正しくグリッドに停止すると、グリッド後方でグリーンフラッグが振られます。

 

スタンディングスタート

F1のレーススタートはスタンディングスタートで行われます。

シグナルはシリーズを通して共通の5ユニット式のシグナルで行われ、スターターはF1のレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティング氏が担当します。

1秒毎に1つずつレッドシグナルが点灯し、5つのレッドシグナルが点灯した後、全てのレッドシグナルが同時に消灯されレーススタートとなります。

レッドシグナルが消灯する前に動いた車両はジャンプスタートとなりペナルティの対象となります。

start_signal_5unit

 

エクストラフォーメーションラップ

フォーメーションラップが終了しグリッドに着いた後にエンジンストールなどによりスタートできなくなった場合、ドライバーは手を振るなどの合図により、グリッドマーシャルに知らせます。グリッドマーシャルは黄旗を振ることによってレースディレクター(スターター)に異常を知らせます。

レースディレクターがスタートのやり直しを決定するとイエローライトが点滅し、EXTRA FORMATION LAPのボードが提示されます。その後、グリーンライトが点灯され、フォーメーションラップのやり直しとなり、先頭の車両から再度フォーメーションラップを開始します。

エクストラフォーメーションラップを行うたびにレース周回数は1周減算となります。また、原因となったドライバーは最後尾グリッドからのスタートになります。

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 36) スタート手順

 

関連記事

 

セーフティカー

F1においてもコース上にマシンが停止しているなどの危険な状態が存在し、レースを中断するまでもないとき、セーフティカーが導入されコース全域での追い越しが禁止されます。セーフティカー導入中にコース上の危険を除去する作業が行われ、安全が確認されるとレースが再開されます。セーフティカー導入は競技長の判断によって決定されます。

 

セーフティカーが導入されると

セーフティカーが導入されると、全てのポストで黄旗の振動とSCボードが提示され、コース全域で追い越しが禁止されます。デジタルフラッグにおいても『SC』が表示されます。タイミングモニタには『SAFETY CAR DEPLOYED』のメッセージが表示されます。

F1でのセーフティカールールは基本的に国際モータースポーツ競技規則付則H項の手順に準拠しており、独自のルールとしては以下の点が挙げられます。

  • “SC”の表示がFIA灯火パネル(デジタルフラッグ)においても行われます。
  • 公式メッセージ送信システムによってチームへの連絡が行われます。
  • セーフティカー導入から第1セーフティカーラインを2回目に通過するまでに少なくとも1回はFIA ECUが設定した最低タイム以上をかけて走行しなければなりません。
  • セーフティカーがピットレーンを走行する場合は、タイヤ交換以外の目的でピットインしてはいけません。

 

セーフティカーが解除

セーフティカー解除の方法も基本的にはH項に準拠します。セーフティカーの回転灯が消灯されると次の周回からレースが再開となりますが、合わせてタイミングモニタには『SAFETY CAR IN THIS LAP』のメッセージが表示されます。F1の場合、再スタートのタイミングはコントロールライン通過ではなく、第1セーフティカーライン通過となります。

 

f1セーフティカードライバー

セーフティカーはメルセデスのAMG GT Sが採用されています。セーフティカードライバーは元DTMドライバーのベルント・マイランダーが務めています。


出典:www.mercedes-benz.com

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 39) セーフティカー

 

関連記事

 

2 / 41234