レース終了後の流れ




 

トップの車両にチェッカーフラッグが振られ、レースが終了してからレース結果が発行されるまでの流れを解説します。

 

 

 

パークフェルメ(車両保管)

チェッカーフラッグを受けた車両は全車ピットインします。自身のピットに戻るのではなく予め決められているパークフェルメと呼ばれるエリアに車両を停車させます。パークフェルメはサーキットにある車検場の周辺に設定されることが多いですが、SUPER GTではメインストレートに設定され、レースを終えた車両が並べられます。

 

出典:youtube.com

 

パークフェルメの車両に触れることは競技役員を除いて禁止されます。チームスタッフやドライバーであっても認められません。万一、車両に違反があった場合に隠蔽されないようにするためです。これを車両保管と呼び、レースの正式結果が発行されるまで継続されます。

例えば、F1ではマシンを降りたドライバーの体重測定が速やかに行われます。これは車両重量がドライバーを含めた重量で規定されている場合に行われ、レース後にも車両とドライバーを含めた重量が定められた重量を満足しているか確認するためです。

また、レースコントロールが抜粋した数台がレース後の車検を受けます。車検の内容は車両重量測定や最低地上高の測定といった簡易的なものが行われます。

 

 

表彰式

ポディウム(表彰台)では表彰式が行われます。国際格式のレースでは優勝したドライバーの国籍の国歌が演奏されます。基本的に上位3位に入賞したドライバーが表彰式に参加し、トロフィーが授与されます。表彰式では地方選手権のような小さなレースでもシャンパン(シャンパンではない場合もあります)をかけ合うシャンパンファイトが行われます。

表彰式ではトロフィーが授与されますが、レース結果が正式に確定したものではありません。正式結果が発表されるまでの間に違反が見つかったり、抗議が正式に認められた場合などはレース結果が変更になる場合があります。そのため、表彰式は『暫定表彰』とも言われます。

 

 

暫定結果の発行

チェッカーフラッグが振られ、レースが終了しても、レース中に処理できなかった車両同士の接触や違反行為に対する検証を全て終える必要があります。このような検証やレース後に行われる車検が全て完了すると、レース事務局からレースの暫定結果が発行されます。リザルトはチームに配布されるだけでなく、パドックにある掲示板にも貼り出されます。

 

 

抗議

暫定結果の内容に抗議がある場合は、決められた抗議料を添えてレース事務局に抗議の申請を行うことで、レース審査委員会に裁定のやり直しを求めたり、意義を申し立てることができます。

例えば、明らかに速い車両に対して車両規則を満足しているかどうかなどの確認を求めたりすることもできます。ただし、レース中に科されたペナルティに対する抗議はできません。

抗議が出されると、レース審査委員会は出された抗議に対して審査を行います。審査の結果、違反が認められた場合には当該の車両が失格になったり、順位が下がったりするなど、レース結果が変更される場合があります。

 

 

控訴

レース審査委員会が決定した裁定結果に不服がある場合は控訴することができます。控訴があった場合、レース結果は暫定のまま保留となります。

後日、JAF(日本自動車連盟)のモータースポーツ審査委員会によって、控訴に対する審査が行われ、裁定が下されます。ここでの裁定結果にも不服がある場合はJAFのモータースポーツ中央審査委員会に控訴することができます。これ以上の控訴はできません。モータースポーツ中央審査委員会の裁定結果により、レース結果が正式に決まります。

控訴があった場合、裁定に至った経緯の詳細がJAFから公示されます。

 

抗議や控訴が正式に認められた場合には抗議料・控訴料は返還されますが、認められなかった場合には返還されません。

 

 

正式結果の発行

暫定結果が発行されてから30分が経過した時点で、抗議やリザルトの修正などがなければ暫定結果は正式結果となり、レース結果が確定します。正式結果発行後の抗議は認められません。

正式結果が発行されると車両保管解除となり、レース車両はチームに引き渡され、ピットでは撤収作業が行われます。