【F1】ホンダ、2018年に向けてF1運営体制を変更

ホンダは2018年からのトロロッソとのF1活動に向けて、F1運営体制を変更することを発表した。今シーズンまで長谷川祐介氏が務めてきたF1プロジェクト総責任者のポジションを廃止する一方で、F1開発の最前線であるHRD Sakuraを担当する執行役員が研究開発をリードし、現場の指揮に専念するテクニカルディレクターを新設することを発表した。

テクニカルディレクターにはホンダ第2期、第3期のF1経験を有する田辺豊治氏が就任する。2年間に渡り、F1プロジェクト総責任者を務めてきた長谷川祐介氏はF1開発から退任する。

 

本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山 克英のコメント

「これまで、F1プロジェクト総責任者が担っていた技術開発とレース現場指揮監督の責任範囲を分離し、開発とレース・テスト現場それぞれが、よりスピーディーに業務を遂行できる体制へと進化させます。開発現場とレース現場が各々の役割をしっかり果たすことで、Toro Rosso Hondaが上位争いをする姿を一日でも早くお見せできるよう挑戦を続けてまいります。引き続き皆さまの応援をよろしくお願いします」

 

田辺豊治氏 略歴

1984年 本田技研工業(株)入社
1990~92年 McLaren Hondaチーム ゲルハルト・ベルガー担当エンジニア
1993~03年 IndyCar エンジン研究、レースエンジニア
2003年 B・A・R Hondaチーム ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
2004~05年 B・A・R Hondaチーム ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
兼Hondaレース・テストマネージャー
2006~07年 Honda Racing F1 Team ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
兼Hondaレース・テストマネージャー
2008年 (株)本田技術研究所 F1開発責任者
2009~13年 (株)本田技術研究所 量産エンジン開発
2013~17年 HPD シニア・マネージャー 兼 レースチーム チーフエンジニア

[2017/12/8]

タグ:

【F1】F1日本GP、観客数は過去最少に

10月6日から10月8日のスケジュールで鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPの観客動員数が発表され、3日間合計で137000人の過去最少となったことが明らかにされた。

各日の観客数は金曜日は26000人、土曜日は43000人、日曜日は68000人となり、これまでの過去最少だった2016年の観客数をいずれも下回る結果となった。

[2017/10/9]

タグ:

【F1】F1第16戦日本グランプリ タイムスケジュール

10月6日(金)

8:30~ メインゲートオープン
10:00~11:30 F1 フリー走行1
12:00~12:45 ポルシェ フリー走行
14:00~15:30 F1 フリー走行2
16:00~16:30 S-FJ フリー走行
16:50~17:20 ポルシェ 公式予選

 

10月7日(土)

8:00~ メインゲートオープン
10:30~11:00 S-FJ 公式予選
12:00~13:00 F1 フリー走行3
13:40~13:55 Wiliams レジェンドF1デモンストレーションラン
14:10~14:25 Honda RA300デモンストレーションラン
15:00~16:00 F1 公式予選
16:30~17:05 ポルシェ 第10戦 決勝 (10周もしくは30分)
17:45~19:00 F1日本グランプリ前夜祭
19:00~20:00 ナイトピットウォーク&ストレートウォーク

 

10月8日(日)

8:00~ メインゲートオープン
10:00~10:30 S-FJ 決勝 (8周もしくは25分)
11:15~11:50 ポルシェ 第11戦 決勝 (10周もしくは30分)
12:00~12:10 Honda RA300デモンストレーションラン
12:50~13:00 Wiliams レジェンドF1デモンストレーションラン
14:00~16:00 F1 決勝 (53周)

[2017/10/4]

タグ:

【F1】ホンダ、2018年からトロロッソへパワーユニットを供給

ホンダはマクラーレンとのパワーユニット供給解消の発表に続き、2018年からトロロッソへパワーユニット供給を行うことを明らかにした。当初、トロロッソが2018年シーズンに使用する予定であったルノー製のパワーユニットはマクラーレンに供給されることが明らかにされている。

以下、プレスリリースより、

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント
「トロ・ロッソは、才能あるドライバーを数多く輩出してきた若さと勢いのあるチームで、彼らと共にチャレンジできることを、とても嬉しく思います。また、このパートナーシップの実現に向け、ご協力をいただいたリバティメディアとFIAに対して感謝を申し上げます。
ファンの皆さまの期待に応えられるよう、トロ・ロッソと共にチーム一丸となって戦ってまいりますので、応援をよろしくお願いいたします」

Scuderia Toro Rossoチーム代表 フランツ・トストのコメント
「Hondaと共にレースができることを、チーム全員がとても楽しみにしています。Hondaの創業者、本田宗一郎さんが二輪車で初めてレースの世界に入って以来、レースは常に彼らの企業文化の中心です。そのHondaと我々が一丸となってチャレンジすれば、大きな成果につながるのは間違いありません。
HondaのF1活動には、初参戦した1964年から始まる長い歴史があり、エンジンサプライヤーとして5回のドライバーズタイトルと、6回のコンストラクターズタイトルを獲得しました。このHondaの伝統と実力をもってすれば、我々の未来は実りあるものになると確信しています」

[2017/9/15]

タグ:

【F1】ホンダ、今季限りでのマクラーレンとの契約解消を発表

ホンダは2017年シーズン限りでマクラーレンとのパワーユニット供給契約を終了することを発表した。ホンダは2015年にF1に復帰しマクラーレンへのパワーユニット供給を開始、契約は10年に渡るものといわれていたがパワーユニットのパフォーマンス不足による成績不振により関係は3年で終了することになった。

以下、プレスリリースより、

■本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント
「今回、志半ばでMcLarenと袂を分かつのは非常に残念ですが、お互いの将来に向けた最善の道として決断しました。これまでMcLaren-Hondaを応援してくださったファンの皆さまをはじめ、2015年の復帰の準備段階から多くの苦楽を共にしてきたドライバーやチーム、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。
2017年シーズンはMcLarenと共に最後まで戦い抜き、2018年以降もF1レース活動を継続してまいります」

■McLarenグループ Executive Chairman兼執行委員会代表 シェイク・モハメド・ビン・イーサ・アール・ハリーファのコメント
「Hondaは、McLarenと同じく勝利を目指してF1に取り組んでいます。我々のパートナーシップが当初望んでいた結果を生まなかったとしても、共に歩んできた輝かしい歴史や、F1での成功を目指してきた努力は意義あるものだと思います。しかしながら、今この時点では、別々にレースに情熱を注いでいくことがお互いにとってベストと考え、今回の結論に至りました」

■McLarenテクノロジーグループ ザク・ブラウン Executive Directorのコメント
「HondaがF1にコミットし、力を注いできたことに疑いの余地はありません。残念ながら、今回のプロジェクトでは、McLaren、Hondaともに当初望んでいたような結果を得ることはできませんでした。そこにはさまざまな理由がありますが、決してHondaとMcLarenのどちらか一方の努力が欠けていたわけではありません。ただ、今は、それぞれが別々の道を歩みだす時が来たのだと考えています。
来年からはライバルとして、HondaがF1に参戦し続け、いつの日か頂点に返り咲くことを期待しています」

[2017/9/15]

タグ: