ポイントシステム

 

 

 


スーパー耐久シリーズではクラス毎のレース結果に応じてチームに対してポイントが与えられ、ポイントの合計でチャンピオンが決定します。レース毎のポイントはレース距離に応じて変化します。

 

レース距離が3時間または300km以上

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 完走
20 15 12 10 8 6 4 3 2 1 +1

 

レース距離が5時間または700km以上

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 完走
30 22.5 18 15 12 9 6 4.5 3 1.5 +1

 

ポールポジションチームに1ポイント

各クラスのポールポジションチームに対して1ポイントが与えられます。
ただし、決勝レースが中止となり不成立となった場合には予選ポイントも不成立となります。

 

レース途中で中止となった場合

当初のレース時間、距離を完了する前にレースが中止となった場合は、STO(スーパー耐久機構)のブルテンによって与えられるポイントが決定されます。

 

同ポイントの場合

  • 1位の回数が多い方が上位となる
  • 1位の回数が同じ場合は2位の回数が多い方が上位となる
  • 1位、2位の回数が同じ場合は3位の回数が多い方が上位となる
    といったように順位が決まるまで続ける。

上記の方法で順位が決定できない場合は、最終戦の順位をもとにSTO(スーパー耐久機構)が決定します。

 

関連記事