赤旗によるセッション中断

 

 

 


赤旗は大雨などの天候の急変やアクシデントの発生など、安全上の理由で競技の続行が困難と競技長が判断した時に提示されます。他のカテゴリーと同様にSUPER GTにおいてもプラクティスセッション(公式予選等)と決勝で赤旗の運用手順が異なります。

 

フリー走行・公式予選・ウォームアップ走行

フリー走行、公式予選、ウォームアップ走行では赤旗が提示されたら、全ての競技車両は減速して走行し、ピットインしなければなりません。赤旗が提示された後に記録されたラップタイムは無効となります。

タイムアタック中に赤旗が提示され、そのままピットインせずにタイムアタックを継続した場合、そのラップタイムが抹消されるだけでなく、赤旗無視(FIA国際モータースポーツ競技規則付則H項違反)と判定され、ペナルティとなる場合があります。

SUPER GTでは公式予選で赤旗が提示される原因となった車両は、以降のセッションには出走することができません。また当該セッションで記録されたラップタイムは抹消となります。公式予選Q1でコースアウトなどによって赤旗の原因となってしまった車両は、それまでにいくら速いラップタイムを記録していたとしても必然的に予選最後尾となってしまいます。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第29条 プラクティスセッション(公式予選等)

 

決勝

決勝中に赤旗が提示されたら全ての競技車両は赤旗ラインに進み、GT300クラスがアウト側1列、G500クラスがイン側1列に整列しなければなりません。赤旗が提示された後にピットインすることは認められません。

競技車両が赤旗ライン手前で全車整列した状態で競技は中断となります。赤旗中断中に認められる作業は以下のとおりです。

  • ドライバーの乗降
  • シートベルトの脱着の補助
  • ドライバー無線の装着
  • ドリンクボトル、クールスーツの接続
  • 日除け・雨避けカバーの設置
  • 窓ふき、曇り除去

赤旗提示によってレースが中断されている間も、計時システムは停止せずにカウントを継続し、周回数も記録されます。

レースコントロールではレース再開時刻が協議され、決定され次第、チームに告知されます。

 

赤旗中断からのレース再開の手順

再開5分前

赤旗ラインに整列した車両はトップ車両が先頭に整列しているとは限りませんので、レース再開時間の5分前になったら、GT500クラス、GT300クラスのそれぞれのトップ車両の前にいる周回遅れ車両がオフィシャルの指示によってスタートします。この周回遅れ車両は他車を追い越すことなく1周し、各クラスの最後尾に着きます。

赤旗が提示されたときにピットインしていた車両は、周回遅れ車両がスタートした後にピットアウトすることができ、他車を追い越すことなく1周し各クラスの最後尾に着きます。

再開3分前

全ての作業は禁止され、ドライバー、競技役員以外の人はコース上から退去しなければなりません。

再開1分前

エンジン始動

レース再開時刻になるとグリッド前方でグリーンフラッグが振られ、SC先導によって隊列がスタートします。以降の手順はセーフティカー運用ルールに從い、セーフティカー解除の手順でレースが再スタートされます。

 

赤旗中断のままレース終了

赤旗でレースが中断したまま再開できずに、そのままレースが終了となる場合もあります。
SUPER GTでは、この場合、レースが中断された周回の1周前の順位がレース結果となります。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第37条 レースの中断およびレースの再開

 

関連記事