ドライバー

 

 

 


ドライバー交替

SUPER GTでは規則によって1名のドライバーがレース距離の3分の2を超えて運転してはならないため、レース途中のピットストップのタイミングでドライバー交替が行われます。

1チームの登録ドライバーは2名ですが、鈴鹿でのレースにおいてはレース距離が1000kmと長いため、3人目のドライバーの登録が認められています。

走行距離の長い鈴鹿(1000km)でのレースにおいてはドライバー交替の回数が特別規則書で規定されるため、ピットストップ時にドライバー交替を行わず、1人のドライバーが連続して走行を続けたとしても有利にはならないようになっています。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第35条 最大運転距離

 

ドライバー識別灯

SUPER GTではセッションの途中でドライバー交代を行いますが、第1ドライバー、第2ドライバーのどちらが乗車しているのか外観で分かるようになっています。フロントウィンドウの向かって右上にLEDによる表示灯があり、色で見分けられるようになっています。

  • 赤色 第1ドライバー
  • 青色 第2ドライバー
  • 緑色 第3ドライバー (第6戦のみ登録可能)

 

ライセンス

SUPER GTに参戦するドライバーはFIAが発給する国際B以上のライセンスが必要です。

2018 SUPER GT Sporting Regulations - 第4条 競技許可証(ライセンス)