日産/NISMO、2018年モータースポーツ活動を発表

 

 

 


日産自動車とニスモは2018年のフォーミュラEやSUPER GTのモータースポーツ活動を発表した。

フォーミュラEにおいては2018年12月から開幕するシーズン5から日産ワークスチームとして参戦する。3月に行われるジュネーブモーターショーにてマシンカラーリングやドライバーなどのチーム体制を発表する予定であることが明らかにされた。

SUPER GTにおいてはNISMO、TEAM IMPUL、KONDO RACING、NDDP RACING with B-MAXの4チームが参戦する。2018年シーズンよりB-MAXが新たに日産陣営に加わったが、昨年まで参戦していたMOLAは不参加となる。

No. チーム 監督 ドライバー 車両名 タイヤ
23 NISMO 鈴木 豊 松田 次生 ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R MI
3 NDDP RACING with B-MAX 長谷見 昌弘 本山 哲 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R MI
12 TEAM IMPUL 星野 一義 佐々木 大樹 ヤン マーデンボロー カルソニック IMPUL GT-R BS
24 KONDO RACING 近藤 真彦 ジョアオ パオロ デ オリベイラ 高星明誠 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R YH

2018年型NISSAN GT-R NISMO GT500は以下のような進化を遂げている。

  • 車両中央部の空気の流れの最適化をはじめ、更なる空力性能向上
  • エンジンの更なる出力と耐久性向上を図ると共に、ドライバビリティを向上
  • 性能向上した空力及びエンジンを中心に、変更可能な部位は全て見直してトータルで車両性能を引き出すように最適化

GT300クラスにおいてはNISSAN GT-R NISMO GT3の2018年モデルをGAINERに2台供給する。また、DIJON RacingとTOMEI SPORTSが2015年型NISSAN GT-R NISMO GT3で参戦する。

[2018/2/13]