【F1】ホンダ、2018年に向けてF1運営体制を変更

 

 

 


ホンダは2018年からのトロロッソとのF1活動に向けて、F1運営体制を変更することを発表した。今シーズンまで長谷川祐介氏が務めてきたF1プロジェクト総責任者のポジションを廃止する一方で、F1開発の最前線であるHRD Sakuraを担当する執行役員が研究開発をリードし、現場の指揮に専念するテクニカルディレクターを新設することを発表した。

テクニカルディレクターにはホンダ第2期、第3期のF1経験を有する田辺豊治氏が就任する。2年間に渡り、F1プロジェクト総責任者を務めてきた長谷川祐介氏はF1開発から退任する。

 

本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山 克英のコメント

「これまで、F1プロジェクト総責任者が担っていた技術開発とレース現場指揮監督の責任範囲を分離し、開発とレース・テスト現場それぞれが、よりスピーディーに業務を遂行できる体制へと進化させます。開発現場とレース現場が各々の役割をしっかり果たすことで、Toro Rosso Hondaが上位争いをする姿を一日でも早くお見せできるよう挑戦を続けてまいります。引き続き皆さまの応援をよろしくお願いします」

 

田辺豊治氏 略歴

1984年 本田技研工業(株)入社
1990~92年 McLaren Hondaチーム ゲルハルト・ベルガー担当エンジニア
1993~03年 IndyCar エンジン研究、レースエンジニア
2003年 B・A・R Hondaチーム ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
2004~05年 B・A・R Hondaチーム ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
兼Hondaレース・テストマネージャー
2006~07年 Honda Racing F1 Team ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア
兼Hondaレース・テストマネージャー
2008年 (株)本田技術研究所 F1開発責任者
2009~13年 (株)本田技術研究所 量産エンジン開発
2013~17年 HPD シニア・マネージャー 兼 レースチーム チーフエンジニア

[2017/12/8]