【SGT】2018年8月開催のSUPER GT富士は500マイルレースに

 

 

 


SUPER GTを統括するGTアソシエーション(GTA)の代表取締役である坂東正明氏が鈴鹿サーキットにてSUPER GTの定例記者会見を開催し、2018年8月開催の富士スピードウェイでのレースが500マイル(800km)レースとなることを明らかにした。

SUPER GTで唯一の1000kmレースであった鈴鹿サーキットでの開催が、来年からGT3車両による10時間耐久レースが開催されることにより今年にて終了となるため、代替となるSUPER GTシリーズでの長距離レースの開催が検討されてきた。

なお、鈴鹿サーキットでのSUPER GTの開催は来年から5月開催となり、レース距離は300kmを予定している。

[2017/8/28]